にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

無愛想の極み

我が子ながら、愛想の悪さが気になって仕方が無い。
矯正の日だったのだが、歯科医から親子で説明を受け、最後のところで珍しく雑談。


「今度の春から中学だよね。部活とか、決まったの?」


歯科医だって、別に子と特段親密になりたい訳ではない。単なる場繋ぎというか、潤滑なコミュニケーションの一環で、面白い返答を求めている訳でもない。
なかなか返事をしない我が子にこちらの方が動揺する。視線を向ければ、無表情。親から見ても何の感情も読み取れない。だが、他人からしたら怒っている?とも思われかねない、そんな表情。
歯科医は、子の答えを促すかのように、こちらが困惑するくらいの笑顔を向けている。声にならない、「ん?どうしたの?」という表情だ。
我が子の無礼さを隠すかのように、つい待っていられず私が口を挟んでしまった。


「まだ決まってないんです。色々と見学してから自分に合うものを選びたいようで。」


「そうなんだ。運動部でも文化部でも、何かには入った方がいいよ。」




スポンサーリンク





子は、相変わらず視線を歯科医に向けず、遠くの方を見つめている。友達とうまくいかず、入部を決めていた美術部も見送ることになってしまった。
よりによって、今一番触れて欲しくない問題。だが、何も知らない他人からしたら、ただの世間話なのだ。


「じゃあ、また来月。」


「ありがとうございました。」


私の声だけが虚しく院内に響いた。何も答えずとも、少しくらいにこっと笑えばまだ愛嬌があるのに・・
女は愛嬌ーだが、それがかなわない。
夫は、内弁慶。営業スマイルが得意。上司や取引先など、自分より「上」の人間への媚びへつらい方は、見ているこちらが目を覆いたくなる程。
その反動が、私に来るのだと思う。家の中では王様気取り。
私は、気の弱さから、他人に対して無愛想にはなれないが、不器用。頑張って愛想良く振る舞っているつもりが、挙動不審に取られることも多い。
子は一体、誰に似たのだろう?

夫の裏表には辟易しているが、それでも外で上手くやるには、あれくらい大袈裟なパフォーマンスが必要だ。
もっとうまく立ち回れる人間になって欲しい。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR