にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

宣戦布告的チョコ

昨夜、夫は遅かった。バレンタインだということを思い出したのは、午前様を回り耳障りな程に玄関チャイムとドアノブがガチャガチャ回される音を聞いた時。
玄関扉を開けると、酒臭さについ鼻呼吸を止めてしまう。
鼻歌交じりに浴室へと消えて行く夫の背中に、もう何度も味わって来た違和感をおぼえる。

浴室からシャワー音が聞こえたのを確認し、急いで夫がリビングに投げ出したビジネスバッグを漁る。幾つかの義理チョコに交じり、高級チョコがあるのだろうと思いきや、まさかの手作り。
店名の記載されていない紙袋の中にある、綺麗にラッピングされた小さなハート型のガトーショコラは、美しく粉砂糖で化粧され行儀良く透明なBOXに収まっていた。
シャワー音が止まったので、焦ってガトーショコラを元の位置に戻し、ビジネスバッグのファスナーを締めた。

まだ濡れた髪をタオルドライしながら、夫はご機嫌にビジネスバッグの元に一直線。それを手に自室へ消えて行った。


ー私って、夫にとって一体何なのだろう?




スポンサーリンク





ーいや、あれは世話している部下がくれたものかもしれない。もしかしたら取引先の事務員が皆に配っているものの一つかもしれない。


無理矢理、自分の都合の良い方向にこじつけてみるが、何度振り払っても吉田さんの影がチラつく。
思い切って、聞いてしまいたいーだが、バッグの中を勝手に漁ったことがバレてしまう。それは、隠れてスマホを覗いたのと同等だ。
最近、頻繁に目にする不倫ニュース。世の主婦達は感情移入し、男の方をバッシングする。だが、本当の意味での感情移入などしていないのだろう。
他人事ではない、テレビ越しの彼らを、私は直視することが出来ない。すぐにチャンネルを替え、気持ちに蓋を閉める。
ここずっと、吉田さんの件に関しては気持ちに蓋を閉めていたのだと気付く。私の心の中から彼女の存在はフェイドアウトしていた錯覚に陥っていたけれど、実際はそうではなかった。

そして、気付く。
ガトーショコラの彼女は、夫に向けてではない、妻である私に向けてこれを贈ったのだと。




スポンサーリンク





  • category:

  • 2020/02/15
copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR