にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

天性の話術

隣街に新しく出来た美容院ー
初回限定で1000円のカット。そろそろセルフカットをしようかと思っていたのだが、そのチラシを見て通常価格からかなりの割引に+、会員になるとただでヘアワックスがプレゼントされるとなっており、たまには気分転換に良いかもと子が5時限の時の暇な日中に予約を取り行ってみた。

待合室にはそれなりの人がいたが、予約を取っていたのとカットのみだった為、すぐさま席に通された。
私が美容院に行かない理由は2つー金が掛かるということと、美容師とのやりとりが億劫だということ。
それでもたまに自分でカットしたりパーマしていると虚しくなる時がある。誰かに綺麗にしてもらいたいというお姫様願望だろうか。
担当は、私と同じ世代かと思われる男性で、無口そうな無骨な感じの人。
実際、要望を聞いたら、さっさと準備を始めた。開店したばかりで忙しいのだろうー右隣の客も私と同世代の女性だったのだが、彼が私と彼女の2人を同時進行に担当するらしく、忙しく右を向いたり左を向いたりするのだった。

しばらくして、カットに入り世間話だろうかちょっとしたことを質問された。しかし会話下手な私は起承転結の「結」でその質問に対し受け答え、会話が弾むはずもなかった。
一方ー、右隣の女性に対しても彼は同じ質問をしたのだが、彼女はそこから上手に会話を膨らませ、無口だと思われた彼も彼女の話術によってなのかペラペラしゃべり始める。
社交辞令的な会話だったように思えた彼のしゃべりっぷりが、段々高揚して来たようで、終いには客以上に饒舌に自分の趣味であるサッカーのことを熱弁し始めた。
たまたま女性がフットサルをしているということから盛り上がったのだろう。

彼は既婚なのか独身なのかは謎だったが、きっと私が少しは盛って話せることといったら子供のことくらい。詰まらないけれど結局のところそれくらいしか話題がない。
それ以上のことだと踏み込み過ぎるし、特に趣味もなければ仕事もしていない私には話題性が皆無なのだ。
なにせ同じ専業主婦という境遇のママ友さえ出来ず、会話を弾ませることも出来ないのだから当たり前の話。
右隣を向くと、彼は途端に饒舌になりー私の方に向きなおすと黙々とハサミを動かす。
なんだか自分が悪いことをしているような、客なのだから堂々としていればいいのに居たたまれないような気分になる。
折角気分転換にと思い立った美容院が、次第にただの苦痛な時間となって行った。

隣の女性は、それから自然に自分の子供の話をし始め、さらりと男性に結婚しているのか聞いていた。私なら遠慮して相手のプライベートを尋ねることなど出来ない。しかし、盛り上がっている彼らにその質問は大して重大なものでもなく、彼もさらりと返す。
若いし独身だと思えば、なんと男の子の双子を持つ父親だったのだ。しかも奥さんは今妊娠中らしい。
そこから偶然、彼らの第一子が同じく今年新一年生らしく、更に子育て話で盛り上がっていた。ワールドカップの話題からサッカーに関するトレーニングの話、そしてそこから育児の話になり、更に習い事やカメラの話にまで及び、美容師は声を出して笑うなど、第一印象の無骨さはすっかりどこかへ消えてしまっていた。

結局彼と彼女の会話を聞きながら、合間合間にカットをされて、最後にシャンプーをされた時に若い女性担当に代わったところで心底ほっとした。
最後スタイリングしてもらい、確認の段階で気に入らないところはないかと聞かれ、「大丈夫です。」と答えるのが彼との唯一の会話だった。


話し方教室にでも通ってみようかー、話術に長けている人に憧れる。劣等感一杯になり落ち込んだが、やはりプロにカットされて気分は悪くなかった。
パーマが取れかかっていたこともあり、自分でカットするのも難しいと思っていたが、プロがすれば仕上がりは全然違う。
後は自分でカラーをすれば完璧。
1000円でそれなりに仕上がったヘアスタイルには満足なのだから良しとしよう。























































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR