にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

検査薬

生理が遅れている。
ここずっと気忙しい毎日だったので頭の片隅にそれを思いながらも、なんとなく引き伸ばしにしていた。
久しぶりの夫との情事ー
思い当たるのはそれしかなく、しかしゼロではない事実に少しだけ期待が膨らむ。
ドラックストアで検査薬を購入した。何年ぶりだろうか。
まるで女子高生のようにレジでそれを持ち、会計を待つ間ドキドキ心臓が高鳴った。
なぜか2本入り、自宅に戻りその封を開けて一応説明書きを読む。
ブルーラインが2本、陽性反応が出ることを願いながらトイレに入り用を足す。
トイレットペーパーホルダーの上にそれを裏返して置き、しかしすぐに結果を見るのが怖くて一旦トイレの外に出た。
その存在すら忘れたように、皿洗いなどの家事を済ませる。
そうしながらも新しい生活に思いを馳せたー
子に兄弟を作れたらー赤ちゃんが出来たと伝えたらどんな反応をするだろうか。きっと大喜びするに違いない。
そして夫ー
少しは変わってくれるだろうか。子供に対しては優しい男だ。二児の父になれば彼の中で少しは何かが変わるかもしれない。
経済的には二人目を授かったとなるとかなりきついけれど、それはあくまでも現在渡されている生活費の範囲での話。実際夫の手取りは多いはずだ。明細は見たことがないけれど、夫の金の使い方には余裕があるのだから。
さすがに子供二人分の生活費を渡してくれるようになるだろう。

今授かればギリギリ素敵ママや従姉妹ー、そして隣家の女性とママ友にもなれる。それは私にとってとても重要なことで、「知り合いがいる」ことだけでもひとつハードルが低くなる。
新しい人間関係はエネルギーが要る。そしてそのエネルギーはいつでも私を持て余す。その結果空回るのがこれまでのところなのだ。

ーさあ、どうだろうかー

トイレに戻り、思い切って検査薬を表に返した。
閉じていたまぶたをそっと開けてその結果を受け止める。
それまでの妄想が一気に現実になることを願って。






見事に真っ白な検査薬の非情さを恨み、そして落ち込み、そしてやっぱりなと納得した。
当たる訳がないのだ。
宝くじだってたった一発で当たらない、それまでに何十万も投資していくらか当たるもので、気まぐれで買ったそれが大当たりなんて虫のいい話だ。
ふーっと溜息をついてから、検査薬をペーパーでぐるぐる巻きにして袋に入れゴミ箱に捨てた。
未使用のもう1本の検査薬を、へそくりが置いてあるクローゼットの中の下着の奥にそっと仕舞った。

そして後日婦人科に行き、生理が遅れていることを伝え、規則正しくそれが来るよう漢方を貰って来た。
一応医師が内診をしたが、空っぽのエコー映像に特に感想もなく、ストレスや疲れから生理が遅れているだろうと素人でも出来るだろう診断結果が伝えられた。

もうすぐ七夕。
1年に1度しか逢瀬のない彼らに嫉妬をおぼえる程、得体の知れない喪失感におそわれていた。



























































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR