にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

雑誌の付録

雑誌の付録ブーム、最近は下火になってきたけれど、好きなブランドのポーチだとかバッグなどがおまけでついている時、なんとなくお得感と通常販売されているものと違い一ヶ月で販売終了ということもあり、つい慌てて買い込んでしまう癖がある。
勿論ほいほい雑誌を買うほど金に余裕がある訳でもない。普段は図書館で借りることが多い。しかし付録にときめいてついつい手が出てしまうことがあるのだ。
付録雑誌にはまったのにはあるきっかけがある。何気なく購入した雑誌にトートバッグがついており、それが爆発的に売れて本屋では売り切れ続出、オークションで何倍もの価格で売られているのを知った時からだ。
実際私は売りには出していないのだが、それでもオークションでかなりの高値がつくバッグー例えそれが付録であってもそれを所有していることに満足感をおぼえたものだ。
つい最近も付録目当ての雑誌を購入してしまった。
付録が豪華だと、中身はペラペラ。特に期待していなかったのだけれど、それでも広告ばかりが目立つ内容のなさにがっかりした。
しかし、付録には満足だ。
今の時期重宝する保冷バッグだったのだが、私同様一目惚れした人が多かったのかその本屋ではラス1だった。これは来年の夏用に使うつもりだ。
付録は街中でかぶりまくる事が多く、早速使うのが何となく恥ずかしい。なので、すぐに使わず数ヶ月温めてから使うことが多い。忘れた頃に使うと付録だとばれる確率が低いような気がする。
誰も私の持ち物なんてチェックしていないだろうけれど、まだ店頭に並ぶ付録写真のついた雑誌をその付録片手に見てしまうことの気まずさったらない。

付録付きの読みたくもない雑誌を10冊買ったとしてー、10個のポーチやバッグが手元に残る。約1万円弱ーそれ程の金額を出せば好みの物を一つ購入した方が良いのかもと思うが、数多くその日の気分で気軽に使える付録バッグが私には合っている気がする。
安物買いの銭失いだと思い買うのを我慢していた時期もあったけれど、最近の付録は見本が展示されており、その素材や大きさや使い勝手などを確認してから雑誌を購入することが出来るので失敗は少ない。
見本が出る前に購入した時は、写真で見るよりやけにペラペラだったり、色の濃淡が思っていたのと違っていたり、また臭かったりなど何かと問題があったけれど。
しかし先日、新しく付録バッグをおろした時の夫からの一言ー



「またバッグ?買ったの?」


「うん、でも雑誌の付録だから。」


「似たようなのたくさん持ってるな。エコバッグ?ペラいな。」


「・・・・」


イラッとしたけれどそれに返さずスルーした。
夫は何万もするバッグをいくつも持っている。勿論通勤鞄は革とくれば有名店のものだし、普段使いのリュックやセカンドバッグ、またウエストポーチなども男性ファッション誌に掲載されているお洒落ブランドのもの。夫は付録なんて買う必要ないだろうー好きに給料で自分の欲しいものを買えるのだからー
私もライター内職の金で、うまくいった月には高価な物をポチってしまいたい衝動に幾度となく駆られる。5万前後稼げた時も3万もするポシェットをポチりそうになりぐっと堪えた。
で、結局その物欲を満たすべくプチプラ通販の服を買うに留まった。バッグはいつか金を貯めて本当に欲しいものを手に入れたいと思っている。
それまでは付録で我慢だ。

ー専業主婦だしどこにも出掛けることもないし、エコバッグで十分!
そう自分に言い聞かせている。
































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR