にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

苦いコーヒー

ダンス教室、初めての日ー
途中参加だったが、子はさほど緊張している様子はなかった。まいこちゃんが既に習っていたこともありすんなり溶け込めたようだ。
習い事なので、色々な小学校から生徒は来ており、その年齢層もバラバラ。
私も園時代のように気後れすることもなさそうだ。一人きりの親も何人かいるようで、スマホ片手に待合室で待っていたり、また買い物に出たりと自由な感じ。
まいこちゃんママは、その日は知り合いがお休みかなにかでいなかったのかやけに親しげに私に話し掛けて来た。

「この間は来てくれてありがとう。それからバルーンもまいこすごく喜んでた。」

「良かった。普通の花束と迷ったんだけど。」

「今日は初ダンスだね。OOちゃん、素質あるよー、うちのまいこはバレエやってる割に運動神経悪いからちょっとね、でも本人楽しそうだし発表会の衣装がいいの。それ目当てで入会しちゃった。」


年に数回このダンススクールは発表会がある。また、地域の祭りイベントなどにも頻繁に駆り出されるようだ。
親は練習風景をスタジオ内で見学することは出来ないのだが、出入り口の扉がガラス貼りなので、覗けばなんとなしに様子が分かるようになっている。
初めてだったこともあり、子がどんな風に習っているのか見ようと入口付近にいたのだが、まいこちゃんママに色々話し掛けられてなかなか見ることが出来なかった。
その上、

「ねえ。暇ならちょっとお茶しない?久しぶりに。」

そう誘われて、断れるわけがなかった。久しぶりというのも嬉しかったし、多少もやっとする部分もあったが、何よりまた誘ってくれたー暇つぶしであっても。それが嬉しくて、しっぽを振ってついて行ってしまったのだ。


お茶の場所は、彼女が好きなスタバ。
彼女はなんとかフラペチーノのトールを頼んでいるようだったが、私には贅沢品。一番安いドリップのショートを頼む。それでも300円ほど。しかしレシート持参すればおかわりは100円で飲める。
しかし、今はコンビニのワンコイン100円コーヒーの方がお得なうえ、美味しい。
先日、買い物途中で水筒を忘れてしまい、帰り道どうしても喉が乾いて仕方が無かったので買ってみたのだが、キリリと冷えたコンビニコーヒーはまるでオアシスのようだった。
しかも、ミルクは勿論のこと、ココアやシナモン、シロップなどが置いてあり、自由にカスタマイズ出来るのがいい。
これも交際費ーそう割り切って、300円を出し席に着く。
下の子を預けて来たので色々話せるーと彼女は喜んでいた。

彼女はすぐに話をし始めた。
習い事のことー、最近観ているドラマの話、話題のスイーツや学校生活の諸々等。いくら話してもキリが無いようで、ただただ頷くだけの私に一方的にまくし立てる。
他の人と話す時、彼女はどちらかと言えば控えめなのを知っている。特にボスママの群れの中で彼女はいつでも傍で微笑み、話を振られたらそれに答えるという今の私の立場を取っているというのに、本来の姿を私の前で見せているのか?

次第に噂話や愚痴が始まった。新しい担任が厳しすぎるのでどうにかしたいこと。そしてきっと本題なのだろうー、ボスママグループの愚痴を言い出した。
どうやらボスママ達とまだお付き合いは密に続いており、それが面倒臭いとのことだった。ならば距離を置けば良いのに、下の子関係で繋がっているママが数人グループにいることもあり抜け出せないとのことだった。
なぜそんな愚痴をわざわざ私に言うのか理解出来ないまま、曖昧に頷いていた。彼女がフラペチーノを喉に流し込む間の沈黙がなんとなく落ち着かなくて、


「私なんかに話してすっきりします?」


悪気はなかったのだが、気がついたら彼女に向けてこんな台詞を吐いていた。
一瞬、ぎょっとした顔の後、硬くなった彼女の表情で、自分の発言が良くなかったことに気が付いた。
少し沈黙が続き、彼女はゆっくりと残りのフラペチーノを飲み干すと、


「・・・ごめんなさい。貴重な時間なのに、私の愚痴に付き合ってくれてありがとうございます。ーそろそろレッスン終わりますし、出ましょうか?」


急に敬語になった彼女に戸惑う。悪いこと言ったかな、訂正しなければーでもうまい言葉が見つからず、トレイを持って返却棚に向かう背中に口をパクパクさせるだけ。

ー怒らせた?

悶々としながらも、沈黙の中、私と彼女は子供達を迎えに行った。
子供達は解散、まいこちゃんらはリハーサル衣装の着替えをしているところらしく、まだスタジオ内。いつの間に消えたまいこちゃんママを探したが、見つからず。
仕方なく、一足先に出て来た子と帰宅した。


「楽しかった?」

「うん、でも疲れたー!」


汗だくの子に水筒のお茶を飲ませ、まだ悶々としつつも来週のレッスン日が早くも憂鬱だ。なんであんな発言をしたのだろう。折角誘ってくれたというのに。
空気が読めない自分、本当に嫌になる。































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR