にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

敬老の日とコメントに対する思い

毎年敬老の日には、子から工作もしくは絵のプレゼントとちょっとした茶菓子や花を義実家に送っている。
実家には、マッサージの道具などの健康器具。ここ数年健康オタク気味な母、そして父の肩こりや腰の痛みが悪化していることから、そういったものが喜ばれる。
以前は「年寄り扱いされたくない」と扱い辛かった母も、最近では病院通いが趣味のようになっているのか体に良いとされているものや話題の健康グッズには目がなく、遊びに行く度にそういった物が増えているようだ。



















夫自体の祖父母も健在であり、そちらにも季節の贈り物を送っていたが今年は要らないからと夫に言われた。
痴呆が始まったのか、近くにホームへ入所することになったからだそうだ。
義実家はそれなりに裕福なのだが、この思いがけない出費に頭を悩ませてるとのことだ。お嬢様育ちの義母は今更人の尻など拭けないからと全て金で解決出来るのならプロにお任せしたいとのこと。そんな義母の言いなりである義父。
話を聞くうちに、ふと長男である夫との結婚は親の介護も背負わなければならないことー普段忙しい日常の中で向き合わないようにしていた問題だが、それも視野に入れていかなければならないことを痛感した。

また、実家は未だ賃貸暮らし。障害持ちの弟がいることもありいよいよ不安になってくる。今現在我が家の総資産も知らされていない現状で、どうなるのか。
子の教育資金、マイホームをどうするのか?このまま一生賃貸暮らしなのか?将来は同居か?
夫のリアクションが怖くて、この先互いの家族をどうしていくかの方向性も見えないまま。ただ漠然とー、夫は長男だからある程度覚悟は持たなければならないということを彼の普段の言動から感じている。
まだ義父は働いていることで、だいぶ先のことのように思える問題、しかし彼もとうに70過ぎなのだ、いつどうなってもおかしくはない。

そして私の実家は賃貸だから、親がいなくなった後の弟の安住の場所をどうしていくかー無駄使いせず、少しでも貯蓄して将来弟の為に使える金を作っておいて欲しい。


敬老の日は、老いた両親にお祝いを贈るだけではない、現実味を帯びてくる介護問題や家族の問題に直面する日でもあるのだ。



































**********

2つ前の記事にコメント下さった方へ


普段はコメント欄を設けていないのですが、閉じるのを忘れていたら暖かいメッセージをいくつもいただきました。
コメント欄を開けない理由は、必ず返事を書かなくてはーと気が焦るから、またたまにある誹謗中傷コメントにナーバスになり過ぎて欝状態になってしまうからです。(ここ数ヶ月は有難いことにそういったメッセージはありませんが。)
いつもきちんと返せていないことが心苦しく申し訳ない気持ちで一杯ですが、ひとつひとつ大事に読ませて貰っています。私の為に時間を割いてメッセージを下さること、本当に有り難くて嬉しいです。
まいこちゃんママに言い放った言葉ー、改めて思い返せば私に否があります。PMSでイライラしていたこともあり、また普段まともに人とコミュニケーションを取れていないからこそああいった言動を起こしてしまうのだと思います。
私も、なぜ咄嗟にあのような言葉が出てしまったのか分かりませんが、あの時はつい口から出てしまったのです。
この先どうなるか分かりませんが、メールで彼女に謝罪しようかと思います。
アドバイスなどありがとうございました。


また、毎日のようにメッセージ下さるSさん、お返事出来ずにすみません。でも、ブログを書き続ける励みになっています。いつも応援して下さりありがとうございます。



seline




**************

trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR