にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

御朱印ガール

夫がバイクの趣味に走り、なんとなく取り残された気分になっている私。
子が外で友達と遊ぶようになり、なんとなく置いてきぼりになったような気分の私。
そんな私だが、区役所をふらふらし、その足で近所の神社に散歩がてら水を取りに行ったついでにお参りに行くと、若い女の子達が何か手帳のような物を持って並んでいるのを目にした。
色とりどりの可愛らしいデザインの物は、御朱印帳。
最近話題になっている「御朱印ガール」達だった。

その時、手元に金がないことと、そこの神社の御朱印帳はいかにもって感じのものだったのでネットで色々探すと可愛らしいデザインの物がたくさん。
私はこれに一目惚れした。






御朱印帳60ページ 和綴じ式 限定オリジナル<モダン七宝柄>紅/メール便送料無料【ビニールカバー付】レビュー5%割引

価格:2,041円
(2014/9/17 12:20時点)
感想(79件)









御朱印とは、「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれ、その墨書も含めて「朱印」と呼ばれるもので、押していただく朱印は単に神社名である場合もあるし、神璽(神の印)である場合もある。また、朱印を押すという行為は、神霊を宿すと考えることも可能で、御朱印あるいは御朱印帳を神棚に祀る場合もあるそうだ。
御朱印は印に寺社名が入っていることから、寺社で授与されるお札などと同等とされ、粗末に扱うべきではないとされる。実際、朱印帳を普段は神棚や仏壇に上げているという人も少なくないという。
それと御朱印帳には“死後、浄土に赴く際の手形になる”という民間信仰もある。地域によって自分の棺に収めることを希望する老人も多くいる。 また家宝として代々に残す場合もあり、人によっては額や屏風などに表装することもある。

御朱印帳は、自らが亡くなった時に棺に入れて貰うのでも、身内や親族が亡くなった時に棺に入れるのでも良いらしく、その人がそれらの神社やお寺をお参りした事となって徳を積んだことになるという。

このことを知り、御朱印を集めてみようかと思った。
世間では、スタンプラリーとは違うという憤りの声もあるらしいが、それでも最初は気軽な気持ちから始めたそれが趣味となり知識となるのは日本人として生まれた以上悪いことでもないように思える。


趣味ー御朱印集めなんて渋くて恰好良いじゃないか。
本来ならば、夫と仲良く神社を参拝し、御朱印を押してもらい、共に徳を積んで仲良く天国に行けたらという理想もあるけれど。
御朱印帳が届いたら、早速近所のいつも水を貰っている神社の御朱印を手に入れよう。目的がひとつ出来たことで毎日に張り合いが出来るといい。







  

御朱印帳(納経帳) 菱形レトロ花柄(青) 蛇腹タイプ

価格:1,944円
(2014/9/17 12:29時点)
感想(0件)




御朱印帳(納経帳) お花白玉(ベージュ) 蛇腹タイプ

価格:1,944円
(2014/9/17 12:31時点)
感想(0件)




御朱印帳(納経帳) こんぺいとう(黄色) 蛇腹タイプ

価格:1,944円
(2014/9/17 12:32時点)
感想(0件)



















trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR