にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ダウン

心待ちにしていた金曜前日ー
学校から帰宅した子の様子がおかしかった。
やたらと疲れたを連発し、寒い寒いと言うので宿題はやめて少し寝かせた。
夜寝られなくなるからと、1時間程寝かせてから早めの夕飯と風呂に入れ、歯磨きの仕上げをしようとふと顔を触るとなんだか熱い。
慌てて体温を計ると、37.8℃の微熱。
このまま暖かくして寝かせれば朝には下がるだろうーと言い聞かせる。
なんていっても明日は待ちに待ったYさん宅のランチ会なのだ。
子の心配と同時に、どうにかして平熱に下がって欲しいと祈るような気持ち。
しかし、私の願いに反して子の熱は夜間になり更に上がった。
38℃代に突入した深夜2時頃、翌日のランチは諦めなければならないことを確信した途端、脱力感で一杯になった。
朝になると39℃近くまで上がったので、そのまま病院へ連れて行くことになった。忘れないように、Yさんにキャンセルのメールを入れる。しかし返信はない。

病院に行き、季節の変わり目による寒暖差が起こした風邪と言われ、薬を処方してもらい自宅に戻り子を寝かせた。
少し落ち着いたところで時計を見ると、既に正午を回っていた。

ー皆今頃ランチしているんだろうなー

子のアイスノン枕を替えながら、朝から殆ど飲まず食わずだった体に、子の為に作ったが要らないと言われたうどんを流し込む。
Yさんからの返信はなく、がっかりした気持ちと不安な気持ち、そしてもう2度とこのような機会はないんだろうなという諦めの気持ちがわく。
私以外の3人は、これを機会に仲良くなって頻繁に行き来をするようになるかもしれない。本当ならその中に私もいたはずなのにー
熱を出した子に責任はないが、それでもいつも元気な我が子が今日に限って熱を出す運命に、自らの運の悪さを思い落ち込んだ。

イライラして、持っていくはずだったチーズケーキを一人で1ホール食べてしまった。太っていた時にしていたドカ食い。最近スリムになったことでこういったドカ食いも無くなっていたのだが、ストレスが急に掛かった時などこうして顔を覗かせる暴飲暴食。
過食症まで行かないが、独身~妊娠中と産後はこうしたストレス性過食を定期的に繰り返していたのだ。
1ホール食べた後、今度はしょっぱいものが欲しくなり、買い置きしてあったポテトチップスを1袋食べてしまった。満腹になったところで罪悪感が一気に押し寄せた。
焦って、酵素サプリを流し込む。2粒のところを一気に4粒。
少し落ち着いたところで、子がうなされたような声を出すので急いで傍に行く。

「だーかーら!やめてーー!!」

泣き喚く子。何か怖い夢を見ているのだろうか。
大丈夫かと声掛けするも、こちらの声は聞こえていないようだ。目をつぶったまま、ぐっしょり汗をかき泣いている。熱は相変わらず39℃。

「遊びー!行きたい!Dちゃんちに!OOも行きたい!」

熱でうなされているのに、そこの部分だけはっきり聞こえた。
そうか。子も私と同じ様にその小さな世界で苦しんでいるのだ。相変わらずDちゃん宅に遊びに行けていない我が子、うなされる程行きたかったなんて。
そして、Dちゃんの部分をYさんに変えたら、まるで今の私の気持ちを代弁しているかのようで更に苦しくなった。

親子で欲しいものが手に入らないー

熱でうなされる子を撫でながら、切ない気持ちに胸がぎゅっと締め付けられた。
































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR