にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

天秤にかける思い

先日、ランチに誘ってくれたYさんといつも行くスーパーの前で会った。彼女もこの店の常連なのだろう、気取らない性格なのか、その日目玉商品だった1本98円の卵を手に入れられたと得意そうに笑う。


「いつも売り切れちゃって。今日は気合い入れて来たからね、ゲット出来たの~」


「この間は行けなくて・・とっても行きたかったんですけど。また誘って下さい。」


社交辞令ではなく、心底そう思いながらの台詞があまりにも不憫に思えたのか、


「ううん、熱出ちゃったのなら仕方ないもんね。そうそう、来週水曜はどうかしら?またあのメンバーで大人だけのハロウィンパーティーでもしようかと思って。持ち寄りなんだけどね。そういうの面倒だったりするかな?」


二つ返事でOKを出した。
その日というか、毎日特にこれといった予定はない。毎月ある通院くらいだけれど、それも別の日だ。


「良かった~じゃあまた詳細メールするね。じゃあ!!」


そう言うと、颯爽と自転車に乗って去って行った。
ハロウィンパーティー。大人だけの。引っ越してからこれといったグループに所属していなかった自分がいよいよそういった群れの一員になれる日もそう遠くはないんだと思うと、嬉しくて嬉しくて。
スキップしたい気分で店内を歩く。ほぼ上の空での買い物だったので、いつものように頭で計算しながらではなかったこともあり大分予算オーバーの買い物になってしまった。2個で400円のトマトを買ってしまったのだ。最低1個100円以下でしかトマトは買わないのにーでもまあいい。これはへそくりで賄おう。
勿論夫へのビールは忘れない、これもへそくりから。


秋の風と太陽は心地良く、自転車での帰り道、行き交うママらの群れやファミレスに並ぶママチャリが目に入っても、気が滅入ることもなかった。
鼻歌混じりに自宅に戻り、早速壁に貼ってあるカレンダーにシールを貼ろうと近づくと、その日には既に印が付いていてはっとする。

ーそうだ、この日は夫とのランチだった。

途端に、それまでのテンションは下がり、胸がもやもやし始めた。決まっている、私の答えは。
ただ、どう口実を付けようか。
面と向かって伝えるのは難しいと思い、メールをした。


「仕事中ごめんなさい。今度の代休のランチなんだけれど、その日は学校関係の予定があること忘れててー、また他の代休の日にしてもいいかな?」


散々迷った。どちらを取るかーではなく夫のプライドを傷付けず、やんわり断る理由を。
夫とママ友、天秤にかけた時、私がすぐさま取ったのは「ママ友」だった。
こんなこと、普通有り得ない答えかもしれない。滅多にない夫との交流よりも、私はママ友が出来るかどうかに人生を掛けたのだ。
少しして、夫からメール返信が来た。

「分かった。もう誘わない。」


たった一言ーそれだけだったが頭を殴られた気分だった。取り返しのつかないことをしてしまったかもしれない。今ならまだ間に合う?
やはり学校関係はずる休みして夫とのランチを取った「夫が一番の妻」を演じるべき?

1日経った今でも答えは出ない。今朝も機嫌悪く出勤して行った夫。
Yさんにまたキャンセルメールをするのも気が引ける。ではー、私は一体どうしたいのだろう?天秤は右に左に傾きを変えながら、私の心を弄ぶ。









































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR