にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ファイヤーキング

あのネックレスを失ってからというものー普段は元彼のことなど思い出すことも少ないのに、やたらと思い出しては溜息の未練たらたらな状況。

昨日は子と気晴らしに隣街のリサイクルショップへ出掛けたのだが、そこで懐かしいマグカップを発見した。
彼が一人暮らしをしていた頃、愛用していたマグカップだ。
それは、ファイヤーキングのジェダイのマグ。
初めて彼の家に泊まった朝、それにコーヒーを淹れて出してくれた思い出のもの。
彼の自宅は、気の利いたキッチン用品はなかったけれど、無造作に出されたそのマグがとてもお洒落で恰好良くて、私の誕生日にはペアでそれをねだったっけ。







ジーンズなども彼にはこだわりがあって、ヴィンテージ物が好きだった。
自分がまだ生まれる前の、いくつもの歴史や人生を刻んで来たその「物」にストーリーを感じて、更にそれを自分が受け継いで行く、そんなところが好きだったんだろうなと勝手に思う。


リサイクルショップでジェダイのマグは6500円だった。
万引き防止でそれは針金のようなもので棚から下ろせないようになっていたけれど、手に取ることは出来た。
手に取ると、あの懐かしいぽってりとした厚みのある何とも言えない手触りと重みが過去の記憶を連れて来た。

彼が私にプレゼントしてくれたファイヤーキングはピンクだった。状態もとても良くて、でもあの頃の私にその価値は分からず、無造作に扱ってたっけ。
ネットで価格を見たら、1万越え。決して安い物ではない。
それでも私は、普段使いだからと多少の傷が付いても気にしなかった。
それは、彼に対してもそうだった。
だから、私は振られたのだ。
マグが壊れるよりも、私達の関係の方が先に壊れてしまった。



彼はファイヤーキングを処分してしまっただろうか。今の彼がそれを見て、少しは私のことを思い出してくれたらいいのにー
子が寝た後、撮りだめたテレビドラマを観ながら、そんな不謹慎なことを思う昨夜だった。



































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR