にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

自宅学習

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村












学校に上がって初めての冬休みー
子も小学生ともなると話が通じるようになり、いつも日中孤独に過ごしている私にとっては話し相手が出来る唯一の時間。いつもは静まり返ったリビングも、子がいるとぱっと明るくなり心も体も暖かくなるような気がする。
夏休み同様、休みの間のタイムスケジュールを作成させた。
毎日の習慣ー、朝のラジオ体操、朝ご飯に身支度、家の手伝い(今は大掃除の手伝い)、午前は宿題のドリル、昼ご飯を食べた後は、買い物など外に出ることもあれば、2人でお菓子作りや工作などをして過ごすのは夫のいない休日と同じこと。

宿題は、夏休みに比べたらあっさりしたもの。ドリルに書き初めと読書くらい。
なので、比較的すぐに終わりそうだ。しかも我が家は双方の実家に帰省することもないので、時間はたっぷりある。宿題の他に、子が2学期不得意としていた分野を徹底的に復讐させるつもりだ。
子は、私に似て算数が苦手なようだ。計算は出来るのだが、図形などが絡む文章問題は特に弱い。ネットで無料ドリルをプリントアウトしたので、1日数枚ずつでも出来たらいい。

子が通う学校は、都内でもレベルが高く、難関中学に合格する生徒を毎年何人も輩出している。まだ1年生ーしかし授業内容を見てみるとなかなか難しく、1年生ながら既にダブルで塾通いをしている子供達も多くいるとYさんから聞いたことがあった。
Yさんも、もうそろそろ転勤かもしれないと言っていたが、もしまだ数年ここで暮らすことになりそうなら子供を塾に入れるつもりだとも言っていた。


低学年のうちは自分が見る。その気持ちは今も揺るがない。正直毎日の宿題と復讐をつきっきりで見るのは大変だが、一人っ子の利点はこういうところにある。たっぷりマンツーマンで誰にも邪魔されず面倒を見てあげられるということ。外注は楽かもしれないが金がかかるし、子とのコミュニケーションの時間が削られてしまう。2学期に入り、宿題の量も増え、また内容も濃いものになったので、子が寝た後にライター作業をしていた時間を子のドリル作りなどに充てることもしばしば。しかしいずれ高学年になれば私の方でもお手上げになってしまうかもしれないー今のうち。出来るうちは出来るだけのことをしてやりたいのが親心というものだ。


冬休みの学習は、クリスマスやお正月などのイベントがある分、メリハリをつけて行いたいと思う。勉強も大事だが、子供は風の子。基礎体力を付ける為の縄跳びやマラソン、また季節の行事を愉しむことを知って欲しい。
今夜は冬至ー
夕飯は子と共にかぼちゃのスープを作り食べ、柚子風呂に入り体の芯まで温まりたい。
































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR