にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

桃の節句

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村









ひな祭りー
女の子がいる家庭では、華やかな空気がこの時期家の中にまとう。毎晩残業や飲み会で遅くなる夫も、この日と子の誕生日は仕事を切り上げて早帰りをするし、私の作った料理も残さず平らげてくれる。

結婚し、子を授かった年の初節句。朝早くから作った、不器用ながらも我ながらうまく出来たと思えたちらし寿司を、夫は口に付けなかった。
正確には、多少口にはつけたのかもしれないが、その殆どは残されてしまったので、何日にも分けて私が残りを昼飯に食べた苦い思い出がある。
後日、義実家でひな祭りパーティーを開いてくれた際、義母が作った手製のちらし寿司を夫は何杯もおかわりした。私はこっそり義母からレシピを聞き出すと、実はす○太郎を混ぜただけの簡単なものだったので驚いた。
義母は、お節などをお取り寄せする。惜しみなく、食べ物に金を掛ける。しかし、やはり娘3人を産んだ母親なのだろう、ひな祭りに限って言えば、す○太郎であっても自分の手で娘達に祝いの寿司を作ってやりたい親心があるらしい。

というわけで、ひな祭りの準備は簡単なものだ。きちんと作るとなれば、干し椎茸だって買えば高いし、戻したり煮たりと手間が掛かる。なので楽をさせて貰っている。
他のメニューは唐揚げや子の好物であるポテトだ。あとはお吸い物。

早速スーパーへ行き、材料を買い揃える。しかし、国産のはまぐりはこの時期馬鹿高い。4粒で500円。縁起物だしお祝いにケチをつけるのもどうかと思うが、生活費6万でのやりくりの中でこの500円は高すぎる。それに子はケーキを食べたがっている。ならばその500円をそれに使う方が良いのではないかと思い、頭の中で電卓を叩きながらもかごに一旦入れては出してを繰り返す。
隣にいる、小さな女の子をカートに乗せた主婦が、躊躇なく8粒入の900円するはまぐりをカゴに入れた。また、いくらも大パックのものが入っており、ふと自分のかごの中にある小パックのいくらを見て貧相だな、と思った。
実は、桃の花も諦めた。毎年買おう買おうと思いつつ、700円近くするこの花を見送っている。結局は、子が食べたいと言うケーキを買うだけで精一杯。他のものを買うことは私の自己満足なのだ、そう言い聞かせている。
頭の中で、更にパチパチ電卓の音が鳴る。
桃の花で700円、はまぐりを止めて紅白はんぺんの吸い物にして500円、いくらはー・・しかしいくらは子の好物だから削れない。小パックでもあるのとないのとでは大違いだ。なので、やはりはまぐりを捨てることにした。中国産の180円のものもあったが、中途半端な気がしてそれなら無しにしてしまおうと思い、結局はかごから元の場所に戻した。


ー何やってんだか・・


はまぐり1パックに30分も時間を割いてしまったことに馬鹿馬鹿しく思うが、しかし限られた予算の中ではどうしようもなかった。それに、誰もはまぐりを食べたいと思っていない事実がある。もし夫か子の好物だったのなら、迷うことなくカゴに放り込んだのだが、ただ縁起物というだけでは納得が行かなかったのだ。


家に帰り、まだ子が帰宅するには時間がたっぷりあるので、ネットサーフィンをした。そして、先日テレビで話題になっていたココナッツオイルを実母が電話口で欲しがっていたのを思い出した。










ミランダカーなどセレブの間で流行っているココナッツオイルは、老化防止だけではなく脳の活性化、アルツハイマー防止やがん予防、そして甲状腺機能を正常に保つのだそうだ。
ココナッツは「生命の木」と呼ばれる程、水分やミネラル、その他多くの美と健康を保つ成分が含まれているのだそうだ。
上のショップで販売されているココナッツオイルは、権威のある認定機関、ORGANIC EU(ヨーロッパ)・USDA ORGANIC(アメリカ)のオーガニック認定を受けている商品であり、香りが控えめで良質な成分を豊富に含んでいるそうだ。
勿論、この店ではヴァージンココナッツオイルを取り扱っている。オーガニックでヴァージンであることが必須だそうで、その効果は多くのメディアで近頃取り上げられている。そしてその2点を満たしているオイルを扱う多くの店の中では最安値だそうだ。
賞味期限が長いのも魅力的。2年間の賞味期限、封を開けても1年は持つのだそうだ。パンに塗ったり料理に入れたり、また体や髪の毛に塗ったりすることが出来る。
この店は、テレビ番組などで取り上げられてから商品が売り切れ続出で、今から注文して4月発送だそうだ。取り敢えず、母にと思い購入を決めた。ついでに自分の分も、最近花粉症で肌がカサカサ痒いので、保湿に効果的だというクチコミを信じてーココナッツオイルに1600円。
これが高いのか安いのか分からない。
はまぐりをケチって買うだけの効果があるのかどうかは未知の世界だ。母と娘、普通は同じ金があれば娘に掛けるのが親心だろうが、私は母に使うことでどこか安心する部分がある。優しい親思いの娘だと認めて欲しいのだー
はまぐりと梅の花を買ってやれなかった子に、せめてもの侘びで少し高いケーキを買うことにした。いつもは素通りの人気のケーキ店だ。小ぶりだが、繊細なデザインのひな祭りを型どったケーキはきっと子の心を躍らせてくれるだろうと思う。


ひな祭りは女の子のお祭り。母だって女の子だったし、私だって女の子だった。かつて女の子だった私達の心浮き立つ一日なのだから、本当ならば惜しみなく金を使いたいものだ。









trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR