にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

新クラス

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村









新学期が始まった。
子以上に私が気になるクラス替えー
子が仲良しと同じになるようにーあわよくば、私も知り合いとなれるようにーそして話しやすい担任であるようにと願う。

子が帰宅するまでに、朝寝をしてしまった。その時に夢にまで見たクラス発表ー重症だ。
夢の中で、子はDちゃんとまいこちゃんら習い事仲間と一緒であり、私はまた素敵ママと一緒。そしてなぜかYさんも。Yさんの子は子とは違う学年だというのに、潜在意識での願いが夢に現れたらしい。



「ただいまー」


子が帰宅した。その表情からは何も読み取れない。嬉しそうでもなかったので、こちらもがっかりしながら、一応どうだったのか聞いてみる。


「別にー、普通だったよ。」


子が言う「普通」は、イコール「詰まらない」と同じ。要するに、なりたい子とはなれなかったらしい。そして、クラス表を受け取り、知ってる子はいないか確認すると、さなちゃんとEちゃんの名前、それにダンス教室で一緒の小太りママの子Qちゃんの名前があった。さなちゃんの母親は孤高の人ー、小学校に上がってからはめっきり会うこともなくなっていたし疎遠になっていたが、これを機会にまた接触出来るだろうか?
Eちゃんママとは先日の児童館で気まずい思いをしたこともあり、少々気が重かった。しかし、子にとっては顔見知りがたくさんいて良かったと心底ほっとした。
にーしても、このメンバーだったらもう少し嬉しそうにしてもよいものを、子の表情は浮かないままだった。女の子は難しいーこんな時に感じること。親が思うよりもずっと、子供関係は複雑なものなのかもしれない。

子が持ち帰ったプリントに目を通すと、やはり早速、気が重くなる予定がずらりとーまずは懇談会と役員決めの用紙。懇談会は前回さぼったが、新クラスではそうもいくまい。また役員決めは、一緒になろうと相談する仲間もいない中、一人で決める憂鬱さが常に私につきまとう。
この小学校は、園程ではないが保護者の団結がかなりあるように思う。無論、専業だけではなく兼業もいる中でなので閉鎖的ではないにしてもー

それからボランティアー。今年はどうしようか?Yさんはまたやるのだろうか?共に手を挙げたい気持ちだが、メールで誘う程の勇気もなければ彼女の動向を探る程の器用さもない。さらっと聞くことが出来ればいいのだが、きっと必死感が全面に出過ぎてみっともないことになる。ここで自分を捨てられる程プライドがなければいいのにー、小心者の癖に一丁前にプライドだけは人並みなのだから我ながら扱い辛い。


4月ー
この数週間でまた人間関係、大きな動きがあるかもしれない。去年Yさんと出会えたように。そう思い、勇気を出して役員希望の括弧に○を付ける。
取り敢えず、空白だった手帳に必須の学校行事を埋め込む。決して楽しくはない予定の数々だが、それでも自分でなければという義務感は、己の存在意義を満たすのには十分なものなのだった。




























trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR