にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

バラバラ黄金週間

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村








ゴールデンウィークは、家族で旅行やレジャーを楽しむのが理想だけれど、実際のところはこの期間の馬鹿高い宿泊料金だったり混み具合で、遠出をする気力がわかない人々も多くいるのではないか。
我が家も例に漏れず、今年も夫の実家に遊びに行くくらいしか予定のない連休になりそうだと思っていたのだが、突然夫が私に提案して来たのは、私抜きで義実家とキャンプに行くという計画。2番目の姉家族と義父母とだ。大きなコテージを借りたという。私に相談は何もなく決定した後にそう聞かされた。


「姉さんとこの家族とキャンプに行こうって話になっててさ。姉さんはその日、友達と温泉旅行の予約入れてるらしくて来ないっていうんだよ。だから、父さんと母さんと兄ちゃんと子供しか来ないし、あんたも来たら子供の世話だとかで疲れるだろうから、友達と飲みにでも久しぶりに行ってきたら?母さんもそう言ってるよ。」



物分りの良い夫を装っているが、その予定の後にそのまま子供達を義実家に連泊させる腹積もりだろう。そして自分はツーリング仲間と楽しくやるという魂胆なのだろう。仕事仲間とバーベキューと言っていたが、絶対に彼女もその中に含まれるはず。
と、なると私は邪魔者。義母にとっても私がいない方が何かとやりやすいのは分かっている。お姉さんがいないのも、一応私に気を遣ってのことかもしれない。お姉さんはさぞかし喜んで羽を伸ばすだろうが。

「料理とか女性がいないと大変でしょう?お姉さんがいなくても私は大丈夫、行くよ。」


鈍感な振りをしてこう答えると、夫が一瞬面倒臭そうな表情をしたように見えた。


「母の日のプレゼントだと思ってゆっくりしろよ。たまには家事育児忘れて独身時代に戻ってさ。」



それまで家庭に縛り付けておいて、何を言うか。夫はいつだって自分の都合の良い方向に事を運ぶのがうまい。そして、私も夫の偽好意を断ることで、イライラされてもかなわないので、大人しく頷いた。




それから、私も数少ない友達にメールをしまくった。
宗教の友達ー、引越し前の友達ー、従姉妹ー、そして最後に実母。
しかし、誰とも約束を取り付けることが出来なかった。皆、一様にGWは予定が一杯で忙しいと言うのだ。むろん、母にいたっては見栄か出し惜しみだろうが・・
結婚したての頃、夫に嫌な顔をさせても、細々と続いてきた交友関係をもっと大切にすべきだった。これから子育ても終了し、老後の生活を考えると、友達もおらずぽつんと日々美味しいのかどうなのか分からない食事を黙々と一人で食べ、片付け、テレビに向かって話し掛ける自分が浮かぶ。


折角、親と出掛けてまだ楽しいと思ってくれている子がいるというのにー、なぜ親ではなく、祖母や祖父を喜ばせ思い出作りをすることに優先順位を上げるのか。
夫はどこまでも私の存在価値を下げるー、それはもう意識的ではなく無意識になのかもしれない。夫の冷たい横顔を見てそう思った。













































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR