にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ふりだし

親子遠足から前進ー
そう思っていた昨日までの自分は今朝の出来事で消え去った。

朝から晴天、子を園に送るいつもの風景。
今朝は子がお腹を痛がって出遅れたこともあり、到着の頃は既に他の母親の円陣だらけ。
嫌な時間帯だ。

門に入り、子のクラスに目をやると親子遠足ですっかり打ち解けたと思えたまいこちゃんのママ。
次の瞬間気持ちがずどんと沈む。
スネオママの円陣の中、彼女は笑顔。
勿論そこに孤高の人も入っていたのだけど。
高らかに笑い合うその8人のサークルは、私の進む足を重くさせ引き返してしまいたい衝動に駆られた。
子は走って下駄箱へ行く。
私もおずおずついていく、しかしその大きなサークルは私の存在など無いかのようにきゃあきゃあはしゃぎ合い、私は先生にだけ小さく挨拶をして逃げるように自宅に引き返した。


その間そちらの方は見ないようにしていた。
というか見る事が出来なかった。
また孤独になってしまった。
渡そうとしてバッグに忍ばせておいた写真の入った封筒は勿論そのまま。
今日はプールに行こうかと思ったが行けなかった。
洗い物も出来て無いし掃除も出来て無い。
かろうじて洗濯のみ済ませられた。



光と影ー私はいつでも影だ。
どうしてだろう、何がいけないのだろう。
まいこちゃんママは何で受け入れてもらえるのだろう。
去年の私は頑張っても頑張ってもその輪で笑うことさえ許されなかった。
話題性と身なりなのか、やっぱり。
ちらっとしか見えなかったけれど、まいこちゃんママは今朝も洗練されたスタイルだった。
何を話していたのかは分からなかったけれど、それはもう楽しそうな笑い声が聞こえた。



あと少ししたらお迎えだ、いつも以上に憂鬱だ。
自分の居場所がやはりどこにも無いということを思い知る為に行くお迎え。
昼ごはんも喉を通らず、なんとか白いご飯にこんぶで食べた。
こんぶの塊を見て、群れを思い出した。
このこんぶの一つにだって自分はなれないー







comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR