にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

こどもエステ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村











習い事の日、以前頼んだ商品のアンケートを書いて欲しいということで声を掛けられ、その流れでまいこちゃんママ達の群れに入る。


「まいこはね、この間エステデビューさせたの。」


美意識の高いまいこちゃんママが、ダンス練習終わりのまいこちゃんを手招きし、母親達の群れに呼びつける。そして、スラリと伸びたまだ幼い腕を見せた。


「まいこ、バレエもしてるじゃない?だからね、まだ早いかもしれないけれど今からでも綺麗な方がいいかなって思って、脱毛させたの。」


ツルツルな子供特有の肌に加えて、産毛さえなくなったそれは、まるでアンドロイドのようにつるりとした質感だった。まいこちゃんは、母親に吹き込まれたのだろう、嬉しそうに、


「毛が生えてる腕なんて、気持ち悪いし可愛くなーい。」


と言ってカラカラと笑った。
まだ小学2年生に脱毛させるなんてー、と驚きを隠せないながらも、私自身が子供の頃に剛毛だったことがコンプレックスだったのを思い出す。中学過ぎて生理も始まった思春期の頃、あまりにも毛が濃いのが嫌過ぎて、こっそり親の使っているカミソリを使って腕の毛を処理したのがばれ、散々怒られた苦い思い出がある。


「今からそんな色気付いて!そんな暇あったら勉強しなさいよ!」


それが、今の時代だからなのだろうか?それともまいこちゃんママだからなのだろうか?我が子に早いうちから大人同様の手入れをさせることがステイタスの一つであるかのように、惜しげもなく金を使う。



「まいこちゃん、まだ2年生なのにぐっと大人びたよねー、ダンスもバレエもやってるし、もしかして芸能入りさせたいとか?」


小太りママが茶化して言うと、


「まさか!ただね、小さいうちから妙なコンプレックスを持たれると、大人になってからが怖いでしょう?ほら、今毒親とかってそうじゃない?~して貰えなかったとか言って今の気に入らない境遇を全部親のせいにするアレ。そうなられたら困るしさ。それに、まいこってちょっと毛深かかったからね、バレエのお友達に笑われてたことがあって。いじめに発展したら可哀想じゃない?だったらそうなる前に先手打っておこうって思ってね。」


「へぇー。バレエだとレオタードになるもんね!確かに気になる子はいるかもね~ところで痛くはなかった?」


「全然!すぐに終わっちゃったよー痛くもなんともなかった!!」


そう言って満面の笑みを浮かべるまいこちゃんから、今しかない子供らしさの芽を摘み取ってしまっているように思えるのは私だけなのだろうか?
以前、子供のエステという特集番組を観たことがある。やはり、読者モデルであったりレオタードを着るような習い事をしている子供達がしていたのだが、その価格は子供料金とも言えず、大人と変わらず何万も掛かるもので、一部のセレブがしているのだろうと思う。
まいこちゃんママはセレブかぶれだから、自分が働き自由な金が増えたこともあり、こうしたところに掛ける余裕も出て来たのかもしれない。いや、そもそも彼女には余裕があったのかもしれないが。


「私、エステなんて怖くってー。毎回勧誘されるの嫌だから行かないよ。でもね、この間誕生日に旦那にちょっと高い脱毛器買ってもらっちゃった~」


小太りママがそう言いながら、自分の腕を見せる。確かにツルリとしていて綺麗。毎度カミソリで雑に処理している私は、恥ずかしくなり自分の腕をさり気なく後ろ手に隠す。


「えー、綺麗、エステ行ったみたいじゃん!」


「うん、そうでしょう?電気屋で買ったんだけどいいよ!使ってるうちにここ、もう生えて来なくなったからね。本当楽。だから、うちの子もいずれ悩んだらこれ使わすわ。エステなんて高いしうちは無理!」









小太りママが買って貰ったという脱毛器は、私も欲しいと思っていたもの。コスメランキングや楽天でも1位の人気商品だ。昨日の昼に情報番組でも大々的に宣伝されていたこの商品は、毛を剃りながらフラッシュ連射した際に黒色を認識するので気になる部分がケア出来るそうだ。痛みもなくほんのり暖かい程度。使用しているうちに毛根から毛が生えて来なくなり毛穴も目立たなくなるという。肌に負担がないという実験では、白い風船の中に黒い風船を入れ、レイボーテスピーディーを当てていたのだが、驚くことに中に入っている黒い風船だけが割れて直接機械を当てていた白い風船は無傷だった。
両脇なら12秒、全身でも6分半でパール肌になれる凄い商品だ。1台で剃りながらフラッシュ照射出来る優れものだ。
確かにエステに行くことを考えれば安いのかもしれないが、それをご主人に誕生日プレゼントにねだれるのが羨ましい。失礼な話だが、太っていても愛されているのだなと羨ましい気持ちになった。
子供にエステー、それは贅沢に思える。しかし、私も子の歯並びを気にし、歯科矯正をさせる為の金を貯めている。見栄えという点ではまいこちゃんの脱毛とさして変わらないのかもしれない。
女の子を持つ親として、やはり娘に可愛く綺麗でいて欲しいと思うのは、至極当然のことだろう。






























trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR