にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

夫からのプレッシャー

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村












「就職活動はどんな感じ?」


いつもより、早く帰って来た夫から唐突に尋ねられた。なんとなく求人広告やネットなどで検索をしていたものの、運動会のボランティアで頭が一杯、すぐにキャパオーバーになってしまう私はすっかり自分が働く為に行動を起こしかけていたことすら忘れていた。
一難去って、また一難。



「うん、色々探してはいるんだけど。なかなか都合いい求人なくて・・まだOOを一人で留守番させられないから、午後2時くらいまでの求人探してはいるんだけど・・」



「ふーん。で、もう面接とかは行ったの?」


夫の口調から、今日も何か職場で嫌なことがあったのだと悟る。私に鬱憤を晴らしたいだけの会話ー、そして私が慌てれば慌てる程、それはエスカレートしていく。



「え!?あぁ、面接・・はまだ。なかなか子持ち主婦を雇ってくれるところもなくて、書類で落とされちゃう。」



「それは言い訳だろう?俺のとこでもあなたと同じような条件の人、契約で来てるけどさ。本人のやる気があれば仕事はいくらでもあるし、書類で落とされるって、履歴書の書き方がなってないんじゃないの?資格がないならそれなりに勉強して取得するとかさ。OOが学校行ってる間に時間はたっぷりあっただろう?何もして来なかったのか?
O×の嫁は看護師持ってるから、引く手あまただってよ、ブランクも関係ないらしいし高給取りだし、やっぱり資格持ってると強いよな。」


職場の後輩の嫁ー、以前、弁当も比較され駄目出しされたことがある彼女を持ち出し、私を見下す。なら、結婚する前に、看護師コンパにでも行って理想の相手を見つければ良かったではないか。
いやー、夫のようなプライドばかり高い人間には、私のような何も取り柄のない女の方が勝手が良いのだ。こうして職場で嫌なことがあっても当てつけることが出来るー自分以下の人間を見て安心したい彼にとって、すぐ傍にそれがあることでいくらか精神的に楽になる部分があるのだろうと思う。


「俺も、嫁が看護師だったら仕事いつでも辞められるんだろうな~、O×は気楽でいいよ。いざとなったら嫁が養ってくれるんだからさ。」


私が言い返せないことを良いことに、満足そうにそう言うと、冷蔵庫からビールを取り出しリビングで飲み始めた。経済ニュースでも付けるかと神経がピリっとしたが、夫はそれまでの会話でストレスがいくらか軽減されたらしく、お笑い番組を観ながらスマホをいじる。恐らくラインを打っているのだろう。
大きな声で笑いながら、ラインを打つ。例の彼女とだろうか?一緒にリアルタイムでお笑い番組を観て笑い合う。夫にとってはまた別のストレス解消法だ。
私は夫にとって何なんだろう?本当ならば、共に夕飯を食べその日の出来事を話し、晩酌をしながら同じテレビを観て笑い合いーそれがストレス解消になってくれれば私は彼の妻としての役割を果たせていると自信を持つことが出来る。妻の役割ーそれを他人が担っている現実が苦しい。近くて遠い夫の背中にもうどれだけ触れてないのだろう?私の中の躊躇は、今もこれからも消えることはないのだ。













































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR