にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

義実家の姉妹と夫

週末は義実家に顔見せに行った。
正直私は行かなくてもよいのだが、もう数ヶ月顔を見せていないと夫に機嫌を悪くされたので行く事になった。
丁度母の日のプレゼントを渡しがてらという感じで。
夫には姉がいる。しかも3人。
全て年上だ。
この姉達が仲が良い、そして気が強い。
夫は末っ子の待望の男の子だったものだから、義母には勿論姉達にも随分と可愛がられ育ったようだった。
おままごとの様に扱われながらも、「特別な男の子」として可愛がられた。
だから、何かをしてもらうのも当たり前なのだ。
ただ、夫は姉達に意見をする事は殆ど無い。
出来ないのだ。
かしまし娘が3人も集まればーいや、もう娘という年頃でも無いが、女3人に男1人の立場の弱い事といったら無い。
そして義母も娘達と仲良しだ。
長女は医者の家に嫁いだーそして今は開業医の妻だ。子供を3人もうけて何不自由の無い暮らしを送っているように見える。
元々義父は地主でもあり、代々引き継いできた土地を街開発などで切り売りして懐を暖めて来た。
不動産をしているが、現在もぼちぼち稼いでいる。
プチセレブという奴だろうか、悪く言えば成金っぽい義実家。
次女は名の知れた有名企業に勤める夫と結婚して二人の子をもうけた。
三女はまだ独身だが、銀行の社内SEとしてバリバリ働いている。婚約者として同じく銀行員の彼がいて、その彼に結婚を申し込まれても尚仕事優先で今に至るーと本人からの話。

義実家に行くと、子は従兄弟達とそれはもう楽しそうに遊ぶ。
ちょくちょく夫と子だけで顔見せに行っているから、従兄弟達とはまるで兄弟のようだ。
義姉達はそれぞれ皆申し合わせたかのように、義実家と同じ町内に住んでおり、勿論連日実家に足を運んでいるようだ。
孫を預けて自分の習い事に行ったり、ネイルをしに行ったりお気楽な主婦生活をしているように見える。
独身の末娘も実家暮らしなので、自分の事は何もせず、アラフォーにもなっているというのに自分のパンツを親に洗わせてるようだ。

義実家に行くと、楽しそうな姉達とその母親。
夫は義姉達の夫と酒を交わしながら楽しそうだ。
夫自体まだ独身の学生の頃から、彼氏として遊びに来ていた義兄達とはもう兄弟のような仲の良さ。
義兄達も夫を本当の弟のように呼び捨てで呼んでいる。
また、三女の彼は年下で夫と同世代ということもあって男友達のノリで飲んでいる。
とはいっても夫は車の運転もあるのでノンアルコールビールだが。

義父は大抵仕事で留守だ。
不動産業は土日も仕事なのだ。
なので、私はいつも手持ち無沙汰で何をしたら良いのか困る。
だからといって携帯を取り出し眺めるような気楽な雰囲気でもないのだ。
意味も無く、手持ちのバッグの中をごそごそいじっては元に戻してみたり、爪をいじってみたり。
誰も私の事なんて気にしてない空間であっても、園と同じで私はいつも人の目を気にする。
人の目は、まるで自分自身が幽体離脱して己を見つめているーそんな目なのかもしれない。

以前、手伝いにとキッチンへ向かったら激しく義母に抵抗された。
他人に中を見られるのが嫌なのだそうだ。
「他人」とは言われなかったけれど、そう聞こえた。
せめて洗い物くらいーとは思うけれど、3人の姉達で流し場は一杯になり私の居場所は無い。

「何かお手伝いしたいのですが。」

と言ってみたところで、

「いいから座っててー」

と返される。
子供達も段々と大きくなり、たまにしか顔を見せないおばさんとは人見知りもあるのだろう話し掛けても来ないしこちらから頑張って話し掛けてみたところでリアクションは薄い。
子は従兄弟達と遊ぶのに必死で母親の存在など忘れているようだ。
キッチンからは、姉達と義母の楽しそうな笑い声。



ただ無言で誰も観ていないテレビを眺める苦痛な数時間を終えて、帰宅する際に長女が私に話し掛けてきた。

「来月はバーベキューするんだけど、今年はあなたも来たらどう?」

誘いなのか、それとも頻繁に家族行事に参加しない事を咎められているのか分からず、ただ曖昧に頷いた。
やっと解放されるーそう安堵しながら玄関で靴を履いていたらこの台詞。
気持ちがずんと沈んで重くなった。


「OO君も来るでしょ?」

「ああ、行くよ。」

二つ返事で答える夫。
確か来月は仕事が入っていなかったか。
帰り道に夫に尋ねると、

「休みにするから大丈夫。それよりお前が免許あれば酒飲めるのにな。次回は電車にするか。」

また無能な自分をなじられた気がした。
ノンアルコールビールを飲む夫を見る度、義実家で義姉や義母が言うのが、

「泊まっていけばいいのに。」

である。
それを断ると、

「OOさんが運転出来ればいいのにね、今時免許が無いなんて珍しいわね。」


嫌味を言われる。
義実家の人々は私に持病があるのを知らないから、ただ私が面倒臭がりで免許を所持していないと思っている。
持病の事はあまり多くに知られたく無い。
同情されるのも、陰でとやかく言われるのも嫌だからだ。
だからそれくらいの嫌味に耐えなければならない。


土日くらいは家族水入らずで過ごしたい。
疲れる夫であっても、自分で選んだ結婚相手だ。
主婦に土日は無いというけれど、そんなものは要らない。心の安定が欲しい。



comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ストレートでごめんなさい

同じ嫁の立場から。また小姑の立場から。
まだ早いけど、旦那さん、親の介護押し付けられそうですね。お姉さん達、嫁いだの理由に拒否したら、あなたに全て負担がかかりますよ。
うちは、何があっても拒否と旦那に言ってし、一切寄り付かず、頼らずを貫いてます。他人の目気にして、ヘルパーや、デイサービスを使わせてもらえないと
それこそ地獄。実母でさえうざい気持ちになるのが介護です。
それから、卒園したら、ママ友は、苦痛じゃないですが、今度は、習いごとのスケジュールでグループができます。私は、スイミングだけ。と決めてたので、たいして困惑しませんでしたが、習いごと格差で孤立する子もいて気の毒でした。今から、ご主人と話しあっておかれるといいですね。リアル過ぎるけど、励ましと先を見るのはどちらも大切だと思います。
  • ブルーママ
  • [URL]
  • [edit]

no subject

バーベキューのお誘いは、単なる社交辞令ですよ。
ありがとうございますと返事して、
行かなくても大丈夫です。
免許のことも、無視、無視。

ご主人の実家の滞在は確かに気づまりですが、
(私も経験有)
ご主人は普段は父子で訪問したり、
selineeさんと一緒の帰省の時は、
日帰りで帰ってくれる気遣いがあるので、
妻の気持ちも優先してくれていると思います。

確かに土日の休日は貴重な時間なので、
義理の実家へのご機嫌伺いで終わってしまうと、
虚しいですよね。
来週はゆっくりできるといいですね。
  • ナカノ
  • [URL]
  • [edit]

no subject

義実家の人たちが、仲良しすぎて
疎外感を感じるのですね

私は、図太い人間なので、その中にも、ぐいぐい入っていきますけど。
入ったら入ったで、楽しいと思うんですけどね
無理をする必要は、ないです。

仲良きことは、麗しきこと
みんなで、仲良くしてください
「何だかなぁ」と思うことも、笑い飛ばしてたら、どうにか、なります。
しゃべらなくても、にこにこしてるだけでも、
それは、それで周囲も喜んでくれると思いますよ。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR