にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

親子の会話時間

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村









夫婦の会話時間が少ないーという話をよく耳にする。我が家も例外ではなく、むしろど真ん中。
今日に至っては、1分あっただろうか?
それよりも深刻なのは、親子の会話時間だ。父親対子ではなく、私と子との会話。放課後、自宅に戻ってから就寝までの時間はたっぷりとあるはずなのに、テレビや宿題、食事や風呂などバタバタしているうちに、事務的な会話はそれなりにしていても、中身のある会話は少ないように思う。

2年生になり、平日殆どの時間が5~6時間授業になったことで疲れもあるのだろう、子と家での会話が噛み合わないことが増えて来た。帰宅するとすぐにランドセルを置いておやつタイム。この時間で今日の出来事をあれこれ聞きたいのだが、返ってくる言葉は、

「忘れちゃった、テレビ観てもいい?」

である。ここで突っ込んで聞くのも疲れているだろう子が可哀想だと思い、本人希望の録画アニメなどを30分程観せるようにしている。大好きなおやつを食べながら。
幼稚園の頃は、おやつタイムのコミュニケーションは欠かせなかった。こちらから聞かなくても、園であったあれこれを一方的に子の口から聞くことが出来ていたというのに、小学校に上がってからというもの、すっかり家以外で過ごす子の様子が見えなくなりつつある。
文章の組み立てがいまいち苦手なのは1年生の頃、担任から指摘されたこともあり、色々と改善策を考え試したりしてはいるものの、しかしいまだその効果が表れない。
読書をさせても途中で飽きる、日記を書かせても数行で放り出す、または一日の出来事と全く関係ないことーOOのゲームがやりたいだとかその時頭に浮かんだ適当なことーを書くことが多く、そもそも日記の役割を果たしてはいないのだ。しかし、学校の授業やテストに関しては今のところ問題なく、(消極的態度については問題があるが)宿題も最近ではこちらがぴったりついていなくても自力で完成出来ている。


「今日、お腹が痛くなった。」


突然、夕飯を食べながら子が言い出したことで、ついつい驚いて、


「え!?何で今頃そんな大事なこと言うの?保健室には行った?」


「音楽で幼稚園の頃に歌ったことあるやつ歌ったよ。」


「え?ちょっと待って、いつから具合悪くなったの?」


「今日の給食はカレーだったよ、家のより甘かった。ママももう少し甘いの作って~」


この調子で、私の質問に答えず、思いつくまま次から次へと違う話題を口にする。それにイライラし、


「ちょっと、今ママは保健室に行ったのか聞いてるんだよね!?OOは学校でも先生のお話ちゃんと聞かずに関係ないことペラペラ喋ってるの!?」


「・・・・・」


「いつからお腹が痛くなったの!?」


「・・・・・」


小首をかしげ、しばらく黙り込んだ後、



「忘れちゃった。今は痛くない。」


このような会話が繰り返される。言葉と言葉のキャッチボールがうまく出来ず、いつもどちらかの一方通行。こちらが聞きたいことも、子の気が向けば一発で返って来ることもあるのだが、しかし殆どは上記のように別の話にすり替えられるかだんまりかだ。子にとって都合が悪い話というわけでもないのに。


私自身、面と向かって人と話したり、また大勢の前で何かの発言をする時はうまく言葉を組み立てられず頭が真っ白になってしまうことがある。子も同じくなのだろうか?
しかし、心を許した家族に対してもそうなのだとしたら、これからのことも考えて、何かのトレーニングをした方が良いのかもしれない。言語理解?コミュニケーションスキルが低い?読解力や理論性?
一体どこから手を付けたら良いのか迷っている。専門機関に相談すべきなのか、学校のカウンセラーに相談するのが良いのか、家で地道に会話力を付けたら良いのかーしかし、そもそも会話力ゼロの母親に習ったところでそれが上達するとも考えにくい。
友達同士のコミュニケーションも、今はまだ低学年なので誤魔化せているが、もう少し成長すると子も行き詰まることになるかもしれない。それを回避する為に、先ずは何をしたら良いのだろう?

そしてまた、お気に入りのお悩み掲示板を開く。今日もまた、自宅に引きこもってネットサーフィンの一日になりそうだ。





































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR