にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

菓子爆買い

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村










素敵な暮らしとは程遠い私の一人でいる時の食事は、夕飯や弁当の残りという質素なタッパー飯。しかし、時に子に見せられないような食事を摂ることもある。
昨日の昼は、カップラーメンとじゃが○こだった。ペロリと平らげた後の空き箱は、どちらも同じ形状をしており、一つに重ねて中身の見えないポリ袋に入れると、証拠隠滅とゴミ箱に投げ入れる。

定期的に、平坦な日常を埋めるかのようにスナック菓子やチョコレート、クッキーなどを買い漁ってしまう。また、非常食として常備してあるカップ麺なども、賞味期限が切れないうちに・・と言い訳をしながら食する日々。勿論自らで得た収入からの支出なのだが、先月は驚くことにそれらの食費に1万弱も使っていたのだ。
菓子代だけで1万弱・・子のおやつ代も含めているが、それでも一人っ子の我が家の副食費としてはバカ高いのではないか。私の欲は波のように、物欲だったり食欲だったり、そして性欲だったりが交互に訪れる。性欲については夫から全く求められない日々に今や諦めの境地。満たされない分、他の欲でカバーしなくてはならない。

ポテトチップスなどのスナック菓子は、開封したのならば最後ー、全て食べきらないと気が済まない。昨日のじゃが○こは、ものの5分で食べきってしまった。半分は子のおやつに残そうとしていたというのに、菓子を目の前にすると理性はどこかへ飛んでしまう。自分が痩せているお陰でまだ救われるが、これで太っていたら洒落にならない。
ドラッグストアの広告で目を光らせるのは、薬でも日用品でもなく菓子のセールだ。お得用パックが安売りされていれば、すぐに買いに出掛け、それだけに留まらずにあれもこれもと他の商品もかごに入れてしまう。最近ではそれが酷くなって来たように思う。

嫌なことがあった時、菓子の爆買いは昔から行っていたが、それが日常化しつつあるということは、日常がもはやストレスの塊なのかもしれない。
1件数百円のライター内職。300円の案件をこなしながら、頭の隅で金銭ではなくどの菓子をこの収入で買おうかと妄想してしまう始末。病的だと自分でも思う。
甘いもの→しょっぱいもの→甘いもの→しょっぱいもの→甘いもの、これくらいのローテーションで一旦落ち着くのだが、これが日中家族がいない時間帯と、子が就寝して夫の帰りを待つ時間、一日に二度あるのだから困ったものだ。買ったものだと体に悪いかもと思い、ホットケーキミックスで菓子を作るが、それだって結局は保存料が入っていないし、今の時期だから早めに消費しなければと必要以上に口に入れてしまう。
掃除機のように体に吸い込まれていく菓子と、それに伴い発生するテーブルの上に散乱した空の容器や包紙。それらを目にすると罪悪感に駆られるから、食べたらすぐにゴミ箱行きだ。
そして、またドラックストアーに駆け込むのだ。
自転車の荷台にある大きなレジ袋には、チョコパイや煎餅、ラムネやクッキー、スナック菓子とバラエティ飛んだ様々な種類のパッケージが透けて見える。
それを恥ずかしく思いながらもやめられず、自宅に在庫がなくなりそうだとそわそわ気持ちが落ち着かなくなるのは恐らく依存症の域に入っているのだと思う。










































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR