にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

夏休みの学習計画

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村











夏休みー、規則正しい生活は勿論のこと、学習面でも子を全面的にサポート出来る余裕があるのが専業主婦の特権だ。宿題は勿論のこと、長期休暇だからこそ出来るそれ以外での勉強に力を入れ、子の能力を最大限に伸ばしてやりたいと思っている。
先日の通信教材、夫に再度相談しているのだが、なんとなくしぶる様子。突っ込んで話を聞くと、夫も過去にその手の通信教材を使用していたことがあり、一度さぼると雪だるま式に教材がたまり、収集がつかなくなり嫌になったという経験があるようで、それが子にも当てはまるのではないかと危惧していると言う。
夫の場合は、母親のサポートがなく自発的に勉強するしかなかったのも教材を無駄にした一因だろう。子に関しては、躓かないように私がつきっきりでフォローするつもりでいる。








私はZ会押しなのだが、夫は最近CMで見掛ける「勉強サプリ」が気になっているらしい。私も気になり、色々と調べてみたら、以前ニュースで印象に残ったリクルート社の学習サービスがそれだった。
ニュースでは、近頃話題になっているタブレットを利用した学習法についてリポートしており、ある親子が取材を受けていた。男の子が学校から帰宅すると宿題を終え、その流れでタブレットを取り出し、静かに「授業」を聞いている。ダイニングテーブルで行っているので、母親は料理を作りながら、カウンター越しにタブレット学習をしている子の様子を見ることも出来る。
タブレットの中では、実績のある一流の講師陣が単元別に授業を展開しており、まずはそれを聞き、次のステップでタブレットの中のドリルを解く。勿論、画面を指で操作するのみなので、鉛筆や消しゴムを使わない。「書く」という作業が発生しない分、「考える」時間に充てられるというわけだ。
ドリルが終われば、答え合わせ。ボタンを押すだけで自動的に答えが分かる仕組み。理解があまり出来なかったところは、すぐに授業に戻りもう一度復習することが出来るのだ。
そして、ニュースで観ていて一番印象に残ったのが、「サプモン」というモンスターキャラを育てたり進化させたり出来るという点。ニュースで取材を受けていた男の子も、勉強が終わり、自分の育てた「サプモン」を見せてくれた。DSなどでポケモンゲームをしているような感覚で楽しそうだった。単元が進むごとに、自分のモンスターが強くなる仕組み。問題の正解率もそれに含まれるのか、男の子はタブレット学習が「楽しい」と言っていた。
子供達も、自分のモンスターを強くしたいが為に、勉強を頑張る。全ては薄っぺらいタブレット上で行われることなので、資料やおまけ等、かさばるものは何もない。今夏は、モンスターハンタースピリッツとコラボしているらしく、特に男の子には夢の特典だ。また、断捨離ブームミニマムブームの昨今、時代に合った斬新な教育サービスだと言える。
昨日の新聞にも、学校でのICT化(情報通信技術)により、子供一人一人に合った問題を出題することが出来るタブレット学習を取り入れ実践している都内の小学校が取り上げられていた。
タブレット端末で割り算を教えていた教師だが、生徒の中には掛け算で躓いている子供もおり、プリント学習ではいちいち前のプリントを引っ張り出して学習しなくてはならないところ、指一本の操作で過去の単元の復習が可能になったのがメリットだと語った。
こういったデジタル教材は、私立中高や塾などで約3万人が利用していることからも、これからますます教育現場でのICT化は進むだろうと思う。











タブレットを持っていなければ、1台1万円で購入出来る。家族でPCを共有している場合でも、有害サイトを防止するフィルタリングサービスや、ウイルスから端末を守るセキュリティソフトもしっかり付いており安心だ。
今会員登録をすると、1週間無料。お試しで登録し、合わなかったら辞めることは可能だ。月々980円というのも破格の値段だと思う。

夫も賛成しているし、意気揚々と試しにネット登録しかけたのだが、残念なことに対象は4年生からだった。2年生のサービスもあったなら良かったのに・・
夫にそう伝えると、再度Z会押しを試みる。
夫と子は違う人格だ。自分が挫折したからといって、子もそうなるとは限らない。始める前から駄目だと決め付けたくはない。夫がOKを出すまで、しつこく粘り続けようと思っている。













trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR