にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

シミとストレス

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村










連日の猛暑、ひとつだけ良いところをあげるとしたら、主婦なら誰しもが思うだろう、「洗濯物がすぐに乾く」ということくらい。
こんなことしか思い付かない自分は所帯じみているなぁと思いつつ、そうであることがどこか誇らしいところもあるのは、年齢を重ねゆく現実をうまく受け入れられている証拠だろう。

今朝も早朝からぐんぐん気温は上昇し、雨予報も0%だったので、気に入りの服を何枚かホームクリーニングしようと思い立った。薄手の真っ白なブラウスやワンピース、水色やベージュのおしゃれ着カットソー、そしてホワイトアンクルパンツ。
早朝、夫や子が起きる前には第一陣の洗濯は終わり、続いて二陣目。洗濯槽におしゃれ着を放り込むと、専用洗剤を入れてスイッチをオンにした。
少しして、夫と子が起床。しっかりとした和定食をテーブルに並べる。ご飯に味噌汁、香の物に鮭の塩焼き、そして納豆と焼き海苔。しかし昨夜も遅かった夫は、ご飯に麦茶をぶっかけると、鮭をひと切れそこに乗せて啜り終えたと思えば箸を置き、顔を洗いに洗面所へ行ってしまった。
正直、朝から暑いキッチンで作った味噌汁を一口も飲まれないのは腹が立つ。私も子も味噌汁など朝から飲みたくはないのだ。私達だけなら、軽くトーストとバターとハムエッグといきたいところ。夫に合わせたところで報われない思いに溜息が出る。

夫はブツブツ文句を言いながら身支度をし、さっさと出勤して行った。弁当はー、相変わらずダイニングに置かれたまま。今夜も飲み会らしく、ならば昨夜のうちに教えてくれればよかったものを・・
しかし持参されないからと最初から作らなければ途端に機嫌が悪くなる。置かれたままの弁当はすぐに冷蔵庫に入れ、私と子の昼ご飯にしようと思う。これにそうめんを茹でれば良いので、かえって楽も出来るとプラス思考。


ピー!

洗濯終了の機械音が鳴る。
洗濯カゴに洗濯物をうつそうと身をかがんで唖然とした。見慣れないズボンが入っている。それも真っ赤なー洗濯ネットにも入れずに・・
夫が入れたのだ。恐らく買ったばかりのズボン。焦って全部の洗濯物を取り出し、そしてへなへなとその場にへたりこんでしまった。私の気に入りの服達が、見るも無残な状態だ。ところどころに赤いしみが散らばっている。シルエットと履き心地が気に入っていたホワイトアンクルパンツも、電車に乗るようなお出掛けには必須アイテムだった、レースとビーズ繊細にデザインされた真っ白なブラウスも、パステルカラーのカットソーも・・
唯一無傷だったのはワンピースだ。しかし、ワンピースはアラフォーである最近の私にはもう似合わず、綺麗にホームクリーニングしていつしか子が大きくなった時に譲ろうかと思っていたもの。
もう着られるかどうかも分からないもの。

そして、次第に怒りで腸が煮えくり返る思いだった。今すぐ夫に電話をして怒鳴りつけたい気分だった。出来る訳がないけれど・・
どうにかしてこの怒りを沈めるにはひとつしか方法はなかった。目には目を、歯には歯をだ。


子が児童館へ遊びに行ったのを見計らい、玄関の内鍵を閉めると夫の部屋に入った。相変わらず無駄な物で埋め尽くされた部屋。封を開けていないダンボール箱がいくつもある。ぐるりと部屋を見渡した後、専用ケースに収められた時計コレクションに目を留めた。その殆どが鑑賞用だろうか、そもそもそれらがそこにあるだけで満足しているのだろう、宝の持ち腐れ。その中からロレックスを取り出し、思い切り床に叩きつけた。しかし、当たり前だがそんなことくらいではビクともしない。ならばー、洗面台に水を張りその時計をドボンと沈めた。
数時間経った頃、洗面台の中のロレックスを覗いてみると、しかししぶとく針は動いている。防水機能が付いていたのか?
そして、その頃には怒りも収まっていたので、濡れたロレックスを取り出し乾拭きすると、元あるケースに仕舞い直した。心なしか輝きを取り戻したように見えるロレックスは、結局のところ夫の為に洗ってやったようなもので、なんだか一人猿芝居をしているようでアホらしくなった。







































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR