にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

限りなく仮病

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村











週末、子供会のお祭りがあった。昼過ぎから子は張り切って集合場所へと出掛けた。神輿をかついで町内を練り歩くのだ。途中、ポイントごとにアイスを貰える休憩所がある。大体の父兄がその場で待機し、写真を撮ろうと子を待つのだ。

私は前日の夜から喉が痛く、鼻水が出ている。37℃を超えているのだが、この暑さのせいなのか熱なのか分かり兼ねない。家事も普通に出来たのだから、子の付き添いだって出来そうなものの、なんだかんだ言い訳し行くのを止めた。
子は、私が付き添いに行かないからといって特段寂しそうにするわけでもなかった。

蝉の騒がしい声に混じり、遠くからお囃子の音。あの中に子の声も混じっているのだろうか?夫は今日も仕事、私はいつもと同じように、静かなリビングで一人きり、アイスコーヒーを啜っている。
素敵ママ達は、この暑い中でも赤ちゃんを背負って付き添いをしているに違いない、そう思うと、身軽な自分が涼しい場所でこうして静かに過ごしていることに罪悪感を覚える。そして、それと同じだけの孤独感。地域の祭りにさえ参加出来ないー子供がいるというのに存在感のない住民。
一応自治会に入会しているので、焼きそば引換券を貰った。これを子に渡すのを忘れてしまった。皆が祭りモードで楽しそうにしている中、この券を引き換える為だけに、出店に出向くことにした。帽子を深くかぶり、お目当ての焼きそば店前に並ぶ列を確認すると、私の知った顔はなさそうで安心する。10人程度なのですぐに順番が来て、買えば400円する焼きそばを無料で手に入れることが出来た。さて、帰ろうと元来た道を見ると、子供会の神輿集団が遠くからこちらに向かって歩いて来るのが見えた。
素敵ママやAちゃん、Dちゃんママらのレギュラーメンバー。それに新一年生の父兄だろうか?子供達の神輿をぐるっと囲むようにしてカメラをぶら下げ和気あいあいとしていた。


「お疲れさまでーす!」


一言、そう言ってその輪に入るのが正解だということは百も承知だ。しかし、情けないことに私は子の姿を確認する以前に踵を返し、遠回りで自宅に戻ったのだ。
子が一生懸命この暑い中、神輿を担ぐ様子さえ見てやることが出来なかった。出来たのは、焼きそばの交換だけー


子には、5時を目処に帰宅するよう言い伝えている。一応500円だけ渡し、友達と出店を見て来ても良いということになっている。子が楽しく過ごせているのならそれでいいじゃないか・・具の少ない冷めた焼きそばを横目で見ながら、誰に聞こえるわけでもない咳をわざとらしくリビングに響かせるのだった。


































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR