にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

矯正代

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村












矯正代がへそくりでは足りず、夫に予め考えていた嘘を付いた。実家で冠婚葬祭があったということ、結婚と出産と葬儀ー3件あったと普通ならばそれが一気であるから胡散臭いと思われるだろうことだが、酒が入っているところを見計らって話を切り出したので、嘘だとバレずに済んだ。
私も気付けにワインをグラスで3杯程飲んだ後だ。飲み会だった夫、フラフラになりながらも機嫌良く帰宅し、風呂に入り出て、まだ飲み足りないのか冷蔵庫にビールはあるかと聞かれたその時、チャンスだと思った。


キンキンに冷えたグラスにビールを注ぎ、一応申し訳程度に凍らせていた枝豆を解凍して皿に出す。それをリビングに持って行くと、珍しく私の分のグラスも持って来るように言われたのだ。
そういう時の夫は何か良いことがあったサイン。仕事上かプライベート上かは分からないが、とにかく気分が良いのだろう。



「俺のプレゼン、社長に褒められたよ。」


ここ数週間、そのプレゼン準備でピリピリしていた夫、夏中残業三昧だったし、たまに家にいても自室でPCをしていることが多かった。勿論その合間にイヤラシイサイトにアクセスしていることは知っているが、生理的欲求をうまく自分で処理しながらも、納得の行く物が出来たのだろう。
周囲からの高評価に、本人も嬉しさを隠しきれないようだった。もう、今しかないー


「あのね、うちの実家で今度従姉妹が結婚するの、それからもう一人の従姉妹も出産することになって・・それから叔父が亡くなったの。で、お祝いと香典代が欲しいのだけど・・」


それまで笑顔だった夫の顔色が変わる。


「え?なんでそんな立て続けなの?っていうか、そんな遠縁の分、もう嫁に出たんだししなくていいんじゃない?」


あまりにも非常識な物の考え方に驚く。夫の実家側の冠婚葬祭のお祝いや香典、一応実家からということで私のへそくりから今まで出して来ているというのに・・


「でもさ、毎回そっちの香典とか、うちの親出してくれてるし。ほら、うちの親戚もちょっと色々うるさいから。」


うるさくもないし、そもそも実両親は義両親に対して不義理であるというのに、少し大袈裟に伝えた。夫は機嫌良く話していたところに水を差されたような思いからか、少々不満そうな顔をしながらも、しぶしぶ了承してくれた。
これで、2万5千円得ることが出来たーさて、残りの8万をどうするか?やはり、単発でもいいからアルバイトを探そうと思う。





















































trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR