にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ぽつんの週末

今朝は大きな地震に起こされた。突然の揺れに驚き、布団からガバリと飛び起き、少しすると揺れは治まった。隣では子がすやすやと寝息を立てている。先日の土砂災害といい、一体日本という国はどうしてしまったのだろう?何か、とてつもないことが起こる「警告」のように思えて仕方がない。
携帯電話の時計を見ると、アラームが鳴る15分前だった。

土曜出勤である今日は、いつもより1時間以上早く家を出ると言っていた夫。逆算し、朝食と弁当の準備を考えればもう起きなくてはならない時間だ。
手早く身支度をし、窓を開ける。久しぶりの晴れ間に鬱々としていた心にも新鮮な風が吹き抜ける。第一陣の洗濯を回し、均等に切った豆腐とわかめ、それに少しの揚げを入れた味噌汁を作る。隣のコンロでは並行して弁当のおかず作りだ。主婦に土曜も日曜もない。


夫を起こすと、まだ寝足りないからか機嫌が悪かった。まるで子供だ。目の前に並べられた朝食をちらっと見ると、味噌汁を少しだけ啜って漬物を箸で突っついて、ご飯を一口食べたら箸を置いた。
文句の一言でも言いたいが、ぐっとこらえ、まだ手をつけていない自分の茶碗に入った米を炊飯器に戻した。そして、夫が一口しか食べなかったご飯の入った茶碗を手に取り、そのまま口に運ぶ。


「貧乏臭い。」


それを見た夫がそうつぶやき舌打ちをした気がしたが、聞こえないふりをした。

ー貧乏臭い?いや、そう思うお前の方が貧しい心の持ち主だろうが。

最近、心の中で夫のことを「お前」と呼んでいる。特に生理周辺のイライラ期、そう呼ぶことが増えている。心の中の言葉遣いは酷いもので、もしそのまま口に出したら夫も子も仰天するに違いない。しかし、それが表向き平静を装う為のストレス発散になっていることも否めない。



スポンサーリンク




夫を見送り、土曜なので遅く起きた子に第二の朝食を与える。TVを観ながら食べようとしている子をたしなめ電源を切る。そして、今日は何しようか?と子にお伺いを立てようとする前に、


「ねえ、今日遊びに行ってもいい?」


こう言われてしまった。土曜なので児童館が空いているのだが、そこでクラスメイトの数人と待ち合わせをしているらしい。その数人の母親は働いているらしく、週末も暇を持て余しているとのことだった。
宿題と復習だけはして、昼を食べてからならという条件で先程送って来た。子は飛び跳ねるように児童館の中に入って行った。そして私は、少しの買い物をして帰宅した。


なんだか取り残されたような気分だった。いつものことだけれど、こんなに天気が良いというのに家に篭っている。こんな日は、子と一緒に電車に乗ってお茶でもしに行きたかったのだが・・
しかし、今は節約。それにー、そろそろ本気で仕事も探さないとならない。そこでネットで求人を探そうとしていたのだが、何故かこうしてブログを書いている。
私の意思は、豆腐より柔らかいのだ。


朝早かった夫、今日は帰宅が夕方だと言っていた。そして必ず夕飯は自宅で取るだろう。コロンは付けていなかったし、パンツも使い古した物を履いて行ったからと確信する。
私は料理に自信がないが、味のうるさい夫から褒められたものだけはきちんとレシピ帳に記録し、忘れないよういつでもその味を復元出来るようにしている。
冷蔵庫を開けると、鳥もも1パックとたまねぎが大量にあった。なので、夕飯はディアボラチキンに決定だ。
レシピ帳のメニューは、夫が残さず食べた物に限る。少しでも気に入らないと箸を置く夫には、結婚当初から手を焼いているーしかし、ある意味分かりやすい人だとも言える。カレーかレシピ帳の料理を出せばその殆どを文句なしに平らげるのだから。


フライパンに、温めるだけのチキンソテーと上に掛ける大量の玉ねぎソースは既に別鍋に用意出来た。後はサラダとスープ、小鉢で数品出せばいいだろう。
平日と変わらない、一人きりの週末。違うことと言えば、いつもはそれなりに満杯な駐車場にある車達が出払っているということだろうか。
皆、まだ暑さは残るが久しぶりの日光浴を家族団らん、楽しんでいるのだろう。私はそんな仲良し家族を尻目に、求人を眺めながら子を迎えに行くまでの時間、大好きなチョコレートとアイスコーヒーを傍らにしばらくソファーに横になろうと思う。




スポンサーリンク














trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR