にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

アルバム

スポンサーリンク





学校で購入した写真が届いた。10枚程度だが、写真をまとめて入れている空き缶は既に満杯、さてどこに収納しようかとうんざりする。
実は、子のアルバム作りが幼稚園年長頃から滞っている。時間はたんまりあるというのに、一旦手を休めると億劫になってしまい、しかし、写真だけはどんどん増えてしまい収拾がつかなくなっている。
せめてプリントアウトだけでもしておこうー、そうやって印刷した物でも、七五三辺りで止まってしまっている。データがもし吹っ飛んだらアウトである。
億劫になってしまった原因は、自分自身にある。
子が産まれた頃、巷では「スクラップブッキング」が流行の兆しを見せていた。初めての子であり、とにかく気合いも入っていた。なので、すぐさまそれを取り入れたアルバム作りが始まった。家事と育児の隙間時間にちまちま可愛いシールや付箋を貼ったりする作業は、気分転換にもなったし、子が成長し、手作りアルバムを嬉しそうにめくる姿を思い浮かべると、暖かな幸福感に包まれた。
しかし、子が動き回るようになり、色々と外での付き合いも始まると、途端にそれは面倒な作業に思えて来た。
私は、変なところで几帳面なので、一旦こうしようと決めたことを他に変える柔軟さがない。なので、忙しい中であっても極力可愛く、それまでと同じスタンスでのアルバム作りは続けていた。そして、それは段々ストレスになって行く。
幼稚園に入り、写真の枚数は更に増えることになる。行事の度に何十枚、しかし「この可愛さは今だけだ」と思うと、アルバム作りは面倒であっても写真を撮る手を止めることは出来なかった。






アルバム本体は、子が生まれた時から同じメーカーの物を使用している。引越し前のママ友が、フォトブックを利用していると聞き、少し心が揺れ動いたのだが、やはり手作りにはかなわないという固定観念が私を縛り付ける。
くだらない、母親の自己満足ー

子は、たまに私の作ったアルバムを捲る。しかし、それが可愛くデコレーションされていることよりも、写真の中の思い出に喜々としているだけ。ならばもうポケット式のアルバムに変えてストレスを軽減させようか、と一方で迷う気持ちもある。

アルバム作りが止まった原因は、台紙が足りなくなった、ただそれだけの理由から。ならば、新しく台紙を購入すれば良いだけの話なのだが、だらだら理由を付けて、作れない免罪符を得ているだけ。

増えていく写真、しかし、細く長くアルバム作りを続けるのならば、写真は極力厳選し、デコレーションも張り切りすぎず、しかし手作りならではの直筆コメントくらいは入れる、それでも母親の愛情は子に伝わるのではないかと思い始めている。

私自身、母がそういうことに無頓着であり、友達の家に行き手作りアルバムを見ると、心底羨ましく思ったものだ。その憧れが当初、背伸びし過ぎるアルバム作りを促したとも言える。
小学校に上がったことをきっかけに、少しシンプルなアルバム作りに変えよう。ファインダーを覗く母の愛情が伝われば、それでいいのだ。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR