にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

キャンディーリース

スポンサーリンク



クリスマスまであと少し。子はせっせとサンタに手紙を書き、プレゼントのリクエスト。私もサンタになりきって返事を書き、ツリーの枝部分にこっそり掛けた。
朝、返事を見つけた子は嬉しそうにしており、慌ただしい中でもほっこりさせられた。短期アルバイト最終日もすぐすこまでということもあり、気持ちに余裕が出来ていた私は、子が就寝した後、疲れた体を引きずりながらも「キャンディーリース」を作成した。
去年はアドベンダーカレンダーを作成したのだが、今年はそんな余裕がなくすっかり忘れていたことが気がかりで、子は何も言わなかったが色々寂しい思いをしているのではないかと思い、やってみることにしたのだ。

キャンディーリースの作り方は簡単。針金ハンガーをリース型に丸く曲げ、後はリボンでキャンディーやチョコレートをくくりながら巻きつけていくだけ。材料費も殆ど掛からないが、ぱっと見華やかだしクリスマスらしいので、プレゼントにも最適だ。
疲れた頭と体をリフレッシュするかのように、リースを作っている間は子の喜ぶ顔を想像するだけでワクワクした。色とりどりの包み紙に包装されたキャンディー達は、見ているこちらにも元気をくれる。こんな物で喜んでくれるうちが親孝行だなーと思いながら夜なべするのは至福の時だった。




スポンサーリンク



キャンディーとキャンディーとの間に、キャンディー型のヘアゴムをこっそり忍ばせる。それに、同じく消しゴムも。本物のキャンディーに紛れて一見分からないが、「あ!」っと子が気が付いた時の表情を想像するのも楽しい、私の遊び心。
一つ作ったら楽しくなって、もう一つ作ってしまった。

翌日ー、子に渡すと喜びを体全体で表現こそしなかったが、嬉しそうにはにかみ笑い。リアクションが年々お姉さんになっていく。


「みこちゃんにもあげたら?」


もう一つあることを告げると、子はもっと嬉しそうな表情をし、今度は体全体で喜びを表現した。


「やったー!いいの?みこちゃん喜ぶよ!今日遊びに行く時に持ってく!!」


一人で喜びを噛み締めるよりも、友達と喜びを共有することー、その方が嬉しさも倍になる。それを知り始めた我が子の成長が嬉しくも頼もしくもある。その気持ちをこれからも大切に持ち続けて欲しいと願う母心だ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR