にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

バイト料を生き金に

スポンサーリンク





何年かぶりに手にした給料明細が嬉しくて、新しい手帳に挟んで取り出しては開き、一人ほくそ笑む。
子の歯科矯正に使うのは勿論のこと、何か形に残るものに使いたいと考える私は、やはり基本浪費家なのかもしれない。
子に将来譲るジュエリーを手に入れるのが良いかもーと心躍らせながら由緒正しいジュエリーショップの公式HPを覗くが、簡単に予算オーバー。私には敷居が高すぎる。
中途半端な物では形見にもならないし、また子がそれを付けたいかどうかは別ものだ。正直、ならば金を残してくれと思うかもしれない・・完全な親の自己満足で、実母と考えることは同じではないかー

「物より思い出」がキャッチフレーズだったCMを思い出した。そして、形には残らないが、「経験」をプレゼントしようと思い立った。
以前、子が何かのテレビ番組で陶芸家の仕事を目にしてから、ことあるごとに、「茶碗を作ってみたい。」と言っていた。
ネットで都内近郊にある、陶芸教室を探す。勿論子供OKの教室だから数は限られる。陶芸教室もピンからキリまであり、素人の私にはどの教室が良くて悪いのか、皆目見当も付かない。
多くの口コミを見ていたら、さらに分からなくなりそうなので、取り合えず自宅から一番近いと思われる場所に決め、早速電話予約をしてみた。
たまたまキャンセルが出たとかで、運よくスムーズに予約が取れた。通常なら、何か月も先まで予約が埋まっており、希望する日時が通るとも限らないらしいから、本当に運が良かった。




スポンサーリンク





「今度、陶芸行こうね。予約取ったよ。」


「え!?お茶碗?やったー!!」


子は思い掛けない誘いに、ハイテンションで大喜び。私もそんな姿を見て嬉しくなった。
料金は、一つの茶碗に3500円程。これが安いのか高いのかも分からないけれど、それでも子がやりたかったことを経験させてあげられるーそれが自分の汗水垂らしてプライドを捨てて得た金で出来るのだから、親冥利に尽きる。
教室のHPには、私と同じくらいの年頃の男性がこちらを向いて笑っている。そのニヤツキに少々うさん臭さを感じながらも、芸術家らしい無精ひげに長髪は、なんだかソレらしさも感じるのだった。
単発の申し込みは、同じくその日時に申し込みをした数名とでひとくくりにされるらしいのが不安でもあるが、私はあくまでも子の付き添いなので、リラックスしなくては。
楽しみな反面、緊張もあるけれど、子が喜ぶ姿を早く見たい気持ちが勝っている。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR