にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ブラックタイム

スポンサーリンク





代り映えしない日々を送る私にとって、ゴールデンタイムなど存在しないけれど、しかしブラックタイムなんてものがあったら、24時間の中でいくつかにそれはある。
まずは、朝の8時~9時半辺り。この時間は、エントランスに各園の親子がバスを待ち、賑わう。朝からハイテンションで駆け回る子供に、一体毎日顔を合わせているというのに、どこからそんなにネタが出て来るのだろうと思う程の井戸端会議を楽しむ母親達。彼女らが賑わうこの時間、ゴミ出しに出るのは避けている。
次に、午後2時から3時半くらいまでが第二のブラックタイム。またまた各園の母親達が、子供達を迎える為にバスを待つ時間帯だ。朝よりタチが悪いのが、バスが来ても そのまま帰宅する親子など稀で、その殆どはその場で遊ぶ。団地のエントランスは、特に遊ぶ遊具などないというのに、しかし子供は何もない所でさえレジャーランドに代えてしまう天才なのだ。
母親達も、仕方がないわね・・と一瞬は困った表情をするものの、しかし朝の井戸端の続きをそれなりに楽しんでいるように見えるのだ。
とっくに卒園し、子は子で自分の友達を見つけ、私の役目はほぼ終わったような気がするのに、しかしそれでも彼女らを目にすると胸がざわつくのは何故だろう?中には、「楽しそうな振り」をしている母親もいるのだろうけれど、それでも表向きに楽しそうに振舞っているー、振舞える場があるというのは私にとって羨ましいことだ。

子の習い事で、たまにまいこちゃんママらの群れに参加したり、またスネ夫ママがいない時限定で素敵ママらと話している時ー、傍から見たら、私もそれなりに楽しそうな母親にうつるのだろうか?

いつもは避けているブラックタイムー、しかしその日は午前保育だったのだろうか?まだ昼の11時過ぎだというのに、図書館へ行こうと自転車置き場へ行くと、酒井さんらの群れがエントランスに見えた。そのまま忘れ物をした振りで引き返して自宅に戻る。そして、その日のタイムスケジュールが狂うことに苛々する。


ー今日は、図書館帰りに例のパン屋でランチを買って帰ろうと思っていたのに・・・


ー借りて来た本を読みながら、熱いコーヒーを入れて好きなラジオでも聞きながら焼きたてパンを頬張るー密かに楽しみにしていたのに・・




スポンサーリンク





30分経ち、さすがにもうお昼だから解散しただろうかと玄関を開け、共用廊下のバルコニーからエントランスを見下ろした。しかし、まだ酒井さんの子供らと同じ制服を着た何人かが飛び回っているのが見えたのと、その近くで楽しそうな6~7人の母親達を認めると、その日のパンランチは納豆ご飯に格下げするより他はなかった。


11時:図書館に出発
11時半~12時半:自分の本と子に頼まれている本を借りる
13時:パンを買って帰宅



少し遅めの家ランチを楽しみにしていたのだ。しかし、その楽しみも楽しそうな集団を見たらなんだか色褪せて見えた。ちっぽけな自己完結の楽しみ・・虚しさで心も体も一杯になる。気楽な1人時間ー、それを心の底から楽しめたらいいのに・・何故楽しめない?独身時代、仕事の昼休憩での1人ランチはあんなにも癒しの時間だったというのに。 理由は分かっていた。
それは、「承認欲求」に振り回されているからだ。他者から認められたい。仕事をしていた時は、少なからず満たされていた欲求。私宛の電話があり、私宛もメールがあり、そして私が作成しなければならない提出物があった。
それが、今はない。家庭にもあると言えばそれまでなのだが、やはり、家庭は身内であって、社会ではないのだ。
ならば、仕事を再開すれば解決するのかもしれないけれど、そうスムーズに動けない、それが「私」の困った性質なのだ。




スポンサーリンク


trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR