にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

時に、身の丈以上

スポンサーリンク





無印良品が好きだ。特に用事がなくてもふらりと寄ってしまう。日々のストレスがたまるとつい、菓子や雑貨などを衝動買いしてしまうことも。
毎月夫から決められた生活費を渡されるが、そこから金を出すことはない。勿論、自分の財布から出すのだが、それでも最近使い過ぎだな、と思う。

休みになり、子が友達と約束をしていない時は、一緒に駅前まで買い物に行くのが恒例。雪予報が外れたこの週末も、子と共に特に必要なものもないがウィンドーショッピングへ。
パート代が入ったことで、気が大きくなっている私。しかし、実際手元に入った金は10万にも満たない。それは、歯科矯正や陶芸教室、それから化粧品の買い足しで殆どが消える算段だ。夫が私の稼いだ金額を聞いて来るかと身構えていたが、いまだ聞いて来ない。たかがパート代と思っている彼にとって、私の手にした金などはした金に過ぎないのだろう。それを良いことに、子が欲しそうにしている雑貨や漫画本などをついつい買ってしまうバカ親だ。

無印に併設されているカフェー、お洒落な親子がスイーツなどを食べているのが目に入る。私達もその雰囲気に浸かりたくなり、気が付くと子を連れてソファー席を陣取った。
真冬だというのに、子はソフトクリーム。私はホットドリンクを頼む。本当なら、スイーツも頼みたかったが、しかし1000円超えてしまう。思い付きで入ったカフェに、1000円は高い。しかし、隣の席の親子は、まだ子供が未就園児くらいだというのに、それぞれがドリンクとスイーツを頼んでいた。
本当なら、子はドリンクもー私はスイーツも頼みたかった。しかし、そこまでの余裕がない。しかし、店内に入らずUターンする程の潔さを私は持ち合わせていなかった。
ケチにもなれず、かといって大盤振る舞いも出来ずー中途半端な私のことを、子が母になりこの日のことを思い出した時、どう思うのだろうか?




スポンサーリンク







ソフトクリームのコーンの先っぽから、ポタポタとクリームが落ちる。子は慌ててそれを指ですくって口に運ぶが間に合わない。


「下から吸えばいいよ!」


咄嗟に、勿体ないと思い出た言葉ー隣の母親が、余裕な表情で私達親子を見るのが分かる。


「もういいの?じゃあ行こうか~」


のんびりした声で子どもに声を掛ける母親。彼女の子は、注文したプリンを数口食べて、三分の二以上は残している。私だったら、残りは全て食べるだろう。しかし、彼女は残ったプリンに一ミリも未練はないらしく、さっさとコートを着込んで店を出て行った。そんな彼女のドリンクも、半分は残っていた。

優雅なカフェタイムを味わうつもりで入った店。しかし、貧乏性の私には敷居が高い店。悔しいが、嘘は付けない。


「おいしかったー!」


満足げな子の顔が目の前にある、それだけでもいいじゃないか。また来よう、その為にも頑張ろう。
840円のレシートは、私の身の丈を気付かせつつ、しかし今週も頑張る活力を与えてくれた。




スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR