にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

友チョコ事情

スポンサーリンク





「友チョコ作りたい。」


子がそう言い出すことは想定内。しかし、あげる相手はみこちゃん除いて、私の知らない名前ばかり。そしてその向こう側にいる親の顔など到底分からない。
友チョコとは、基本手作り。互いに作ったチョコを交換し合うのだ。


「その子達からも貰うの?」


「分からない・・でもOOがあげたいって思うから・・」


互いに約束をして来たのならまだしも、一方的に子があげるという話に同意出来なかった。もし、子が作ったチョコを食べて腹を壊したらーしかもその親がモンペだったらー、また貰った相手が子の分を用意してないばかりに、余計な気を遣わせることだってあり得る。もし、突然知らない子供が子に友チョコを届けに来たとして、しかし子の方ではその子に用意していなかったとしたら、後日、子に同じ様に作らせて届けるor市販だが高価ではない、子の小遣い程度で収まるようなチョコを買って届けるかと思う。そしてその手間は、案外面倒。
そんな親の気持ちなど露知らず、子は友チョコ熱に浮かされ気味だ。一緒に行ったスーパーのバレンタイン特設コーナーで、テンション高くあれこれ見てはどんなチョコを作ろうかとワクワクしているのが伝わってくる。


「でもね、その日は日曜だよ。みんな家族と出掛けて家にいないと思うし・・来年にしたら?」


子の気持ちを何とか変えようとするものの、


「じゃあ、金曜に渡す。14日じゃなくてもいいと思うよ。」


全くなびく様子はなかった。
そして、妥協案を子に告げた。




スポンサーリンク





「あげるんじゃなくて、交換ならいいよ。ちゃんと学校で約束して来て。でないと作ったチョコが余ったり足りなくなったりするでしょう?それにしても、何人くらいにあげたいの?」


「15人くらい。」


「・・・・」


どうやら、クラスの子だけでなく、習い事メンバーにも配りたいとのこと。しかし、まいこちゃん達ーいや、まいこちゃんママ達は、友チョコ事情をどう思っているのだろうか?
手作り自体に嫌悪感を示す親だっているかもしれない・・子供が汚い手でこねくり回したチョコーそう思う親だって少なくともいるはず。そして、貰ったが自分は用意していなかった場合に、ホワイトデーに返すべきなのかも悩む。


ーギブアンドテイクー


それが大事。そして、もう一度子に念押しをする。交換以外は受け付けないこと。予め、仲の良い友達にはチョコを交換するのか確認しておくこと。それが出来ないのなら、友チョコはナシ。
すると、一番仲良しのみこちゃんからは貰えないと思うと言い出す子。母親が仕事で忙しく、一緒にチョコを作ってもらえるわけがないと聞いて納得した。ならば、みこちゃんにはチョコをあげず他の誰かと交換し、それを知ったみこちゃんはどう思うのかと子に尋ねてみた。しかし、まだ2年生。目先の楽しさしか考えておらず、そういったことは一旦考えずに保留する節がある。みこちゃんのことは大好きだけれど、それとこれは別なのだ。そして、クリスマスにキャンディーリースをあげたこと、あれに対してみこちゃんの親からは何も言って来ない。ハロウィンだって・・・そしてチョコまでしたとしても相変わらずのスルーなのか?
そもそも何も聞かされていないのかもしれないけれど、そういったことにモヤモヤする自分の器の狭さにもげんなりする。


さて、どうしよう・・・結局最後は親が悩むのだ。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR