にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

ドクロ

スポンサーリンク



最近、子の服装はモノトーンが多い。
幼稚園の頃は、ピンクやオレンジなどの暖色系が多く、小学校入学頃からは、ブルーやグリーン系。ここ1年間での成長が著しく、衣類もプチプラだがワンシーズンで手放すことが多くなっていた。

女の子だからか、物心ついた頃から自分好みの服をクローゼットから取り出し、あれこれ合わせて着たり脱いだり。まだ幼い頃は、赤い柄のトップスにボトムは黄色の柄という、目がチカチカしそうなコーデにしたりもしていたが、余程のことがない限り、本人の好きなようにさせていた。


「ママー、みこちゃんもこういうの着てるし、格好良いからOOも欲しいな。」


ふらっと入った子供向けの店で、子が指したマネキンを見ると、つい顔をしかめてしまった。それは、ドクロ柄が全面に施されているもので、お世辞にも可愛いとは言えない。モノトーンを基調としており、シルバーのドクロが迫力満点のカットソー。そしてチェーンが腰回りについたチェックのプリーツスカート。親としては、ナチュラル系の女の子らしい服を着て欲しいーそれまでは友達の影響というものがなかったこともあり、自然と私が入った店の中から子が着たい服を選ぶというスタイルだったし、子も店やブランドまで指定することはなかった。物の選択権があればそれで満足してくれていたのだ。


「もう、可愛いのとかってあんまり好きじゃない・・」


私が子供の頃、服は全て母が決めていた。自分のセンスは完璧だと信じて疑わない母に、意見をすることなどご法度だった。選ばれた服を、気に入った風に見せかける。本当は隣のスカートが欲しいのに・・それを言えば、馬鹿にされるのが目に見えていた。
社会人になってからも、さすがに自分で服やカバンなどを選ぶ機会はあったものの、毎回新しい物を持ち帰ればチェックされ、あれこれ意見された。勿論、全てがマイナス意見。




スポンサーリンク





「何?そのブラウス買ったの?相変わらず地味ね~どっかのおばさんの服みたい。作業着?本当、あんたってセンスないわね。」


母と買い物に行けば、


「これ、あんたにいいわよ!これにしなさい!絶対。」


「そうですよね~、さすがお母様。そのタイプは今人気の型でして・・」


ごますり店員の言葉を鵜呑みにして、私が手に取っていた服をこき下ろす。


「それは良くない!あんた、いっつも同じようなババ臭いの選ぶわね~本当、センスない!」


店員と笑う。私は顔から火が吹く思いで、持っていたそれを元の位置に戻すのだ。そして、いい大人だというのに、自分で何が欲しくて何が似合うのか分からないようになってしまっていた。
子にはそうなって欲しくないー だからこそ、いつでも子の意見を聞いてきたつもりだ。子が選ぶキャラクターの靴ー、ちぐはぐな色で他の服と明らかに合わせにくい・・しかしその思いをぐっと堪えて財布から札を出して来たのだ。

昔の母娘の関係性を思い出し、そしてその連鎖を断ち切らなければという思いが人一倍ある。大袈裟かもしれないが、このドクロの服をどうするかは、その連鎖をどうするかとイコールなのだ。


ードクロだなんて・・子供にドクロを着せるなんて縁起悪いし嫌だ。


本音を隠し、


「そうなんだ。いいよ。こういうの、流行ってるんだね。」


欲しいものを手に入れるにはー、受動的では駄目なのだ。これからの時代、欲しいものは欲しいと手を挙げることが出来なければ、それを手に入れるチャンスすら与えられない。私のような大人になって欲しくない。失敗することだってあるだろう。自分の選んだものが周囲に認められないことだって。しかし、その苦い経験を積んで、本当に自分に必要なものを正しく選択出来る力を身に着けて欲しい、親としてそう思うのだ。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR