にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

咲かないカーネーション

スポンサーリンク







また、実母が夢に出て来た。

音信不通の日々は、心を搔き乱されることがないはずなのに、やはり気を抜くとすぐに罪悪感が私を襲う。

ネットサーフィンをしていて見つけた、残りの人生であとどれだけ親に会えるのかを計算するサイト。親の年齢を打ち込み、そして今年会った回数を入力する。実質ゼロ回の今現在、エラーとなってしまったが、それまで定期的に会っていた頃の平均回数を入力したら、思うよりもだいぶ少なくて唖然とした。


ー人生で、親と会える回数「45回」-


その45回、1回あたり5時間会ったとしたら225時間。この時間を24で割る。すると出て来た数字は9.375.つまり、日数にしたら、繰り上げたとしてもたったの10日間だ。

頑張って会ったとして、たったの10日。

10日間なんてあっという間だ。10日前のことを思えば、本当に瞬きをしているうちに経過してしまう程の時間。夫や子と、こうして共に日々過ごしている現実すらかけがえのないものに思える。どんなに憎んでも、血を分けた親。育ててくれた親、衣食住、不自由なく養ってくれたし、また思えば学生時代、毎朝早起きして弁当を作ってくれた。

心は傷付けられても、果たして全く愛情がなかったのかといえばそうではないことくらい分かる。ただ、こちらが求める愛情の形と向こうが与えるそれが違っただけのこと。彼女が「理想のお母さん」ではなかっただけのこと。

悶々としている。
きっぱり決別を誓ったはずなのに、ここに来てまた揺れる思い。
徐々に迫り来る母の日が、そのナーバスな気持ちに拍車を掛ける。



スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR