にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

矯正費用①

スポンサーリンク





「去年、作ったマウスピースですがね、もうこれ以上ねじが回らないんですよ。これ以上開こうとすると壊れてしまって危ないので、作り替えしないと駄目ですね。」


まだまだ先だと思っていたのに、歯科医は私の動揺など気にするでもなく、新しい矯正器具のカタログを見せて来た。また歯形を取り作り替えするのに、一体費用はいくら掛かるのか?子の歯並びについての説明を、歯科医は一生懸命してくれていたのだが、請求金額のことで頭が一杯、私の耳の中はキャパシティーオーバー。これ以上の情報は、受付出来ない状態だった。


「あの・・それで費用の方はどれほど?」


遠慮がちに尋ねたところで、割引など適用されるでもないのに、ついつい媚びたような聞き方になってしまう。


「そうですね、12万程度になるかと思います。」


歯科医にとっては大金でもない、恐らく一日当たり100万単位で入金があるのだから、その中の一部なのだろう。何でもないように言う。しかし、我が家にとっては大金だ。


「週末までに払ってくれたらいいですよ~」


「分かりました。」


そう言うしかなかった。




スポンサーリンク











取り合えずー、私の虎の子全額出しても、数万足りない。夫から預かっている生活費を少し入れて、それでも足りない。単発でバイトをするしかない。すぐに入金される見込みのあるバイトー

キャッシングが頭をよぎった。
しかし、独身時代にそれで大失敗をしたのだ。同じ過ちをまた犯すことは出来ない。そして、とりあえずの凌ぎのウソを思い付く。ダンス教室の月謝を、半年契約で入金しないとならないと夫に告げれば良い。それで、当面はなんとかなる。半年契約ならいくらか安くなると言えば、夫も了承するだろう。安くなったとする分については「利子」とすれば良いだろう。借りるだけー、それに、子の為の費用なのだ。本来なら堂々と使っても良い金だ。夫が分からずやだから、こんな風にこそこそしないとならない、むしろ理不尽にさえ思う。子を溺愛している癖に、妙なところでケチる夫を理解出来ない。整形手術をするわけでもないのに、歯科矯正について否定的な夫は、本当に子の将来を思っているのか?

とりあえず、金のことはどうにかなるだろう。根拠のない自信は、むしろ言い聞かせの自己暗示。ポジティブに、良い方良い方に自らを引き寄せるしかない。







スポンサーリンク










trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR