にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

甘え方を知らない子供が親になるということ

スポンサーリンク



駅前の花屋前を通った。至る所にカーネーション。そして、「お母さんありがとう」のポップに胸の奥がチクリと痛む。
母の日はしないーそう決めたというのに、心のどこかではまだ、ぎりぎりまで悩んでいる自分がいた。
アラフォーになり、子がいる時点で、母の日はむしろ祝って貰う立場にあるというのに、いまだ「娘」から抜け出せずにいるのは、結局のところ子供の頃から親に甘えられずに来た不足感があるからなのかもしれない。


「ねえ、ばあばの家に行かないの?」


大抵、夫が仕事で連休とくれば、実家に子を連れて帰っていたのだ。それがもうここ半年以上もない。子も、正月はお年玉を貰えない不満を訴えていたものの、今ではそれよりも「なんとなくの不自然さ」を感じて、私に実家のことを聞いて来るようになっていた。


「ねえ、ばあばに電話してもいい?」


「え?駄目!ばあばは今色々忙しいみたいだから、今度ね。」


こんなやりとりを、子が不思議に思い実家の話題を出す度に、何度も続けて来たのだけれど、それももう無理を感じる。今日は実家に行きたいと何度もごねられ、つい口走ってしまいそうになった。


ーばあばはね、あなたのパパのことが大嫌いなの。あなたのパパと結婚したママのことが許せないみたいなの。そして、ママがあなたを育てる為に色々考えて今の生活を選んでいることを全否定するの。要するにーあなたのことだって全否定していることになるの。


実際、それを口に出した時点で終わりだ。
しかし、実母はうまくいかない同じく祖母のことをあれこれ幼い私に言って聞かせた。夫の母だけでなく、自らの母についてもー、自分の親子関係のいざこざを娘にぶちまけてしまう程、母に余裕がなかったのだと今なら分かる気がする。それでも、子供の頃は、祖母のことを悪く言い、また何人もの孫と私や弟を比較するようなことを言い聞かせていた母は、実際可哀想な人だったと思う。


「おばあちゃんはね、一番最初に生まれた孫が本当は可愛いの。おじちゃんのところのOO君ね、あの子が一番のお気に入り。次はおばちゃんのところの××ちゃん。あの子はおばあちゃんが生まれたばかりの時にお風呂に入れたり色々したからね、やっぱり可愛いの。あんたや弟はおまけのようなもんなの。可愛かったらうちに遊びに来るでしょう?義理で一応お年玉とか送ってくるけどね、形だけ。そうしていれば自分が後ろ指刺されないから。やりたくてやってるわけじゃないのよ。第一ー、お母さんのことだっておばあちゃんはどうだっていい子供だったんだからね。そんな子供が産んだ子供なんてもっとどうだっていいのよ。一番溺愛してるのはね、まだ結婚してないおじちゃん。もう40だっていうのにずっ とおばあちゃんと暮らしてるでしょう?できそこないが一番可愛いって言っていたしね。私みたいに親に世話掛けない子供は、結局楽だけど可愛気がないのよ。それに、あんた達のお父さんのことだって大嫌いだって言ってるしね。私はあんな家大嫌いだから若いうちに出てお父さんと結婚したけど、それも気に入らなかったんだろうね。」




スポンサーリンク





実母は父型の親の悪口は勿論、自分の親の悪口を常に私に言い聞かせ、実際会う機会もあまり与えずにいたこともあり、私はまだ低学年の頃から祖母に敬語を使っていた。法事などで親戚が集まる中、他の孫たちは祖母に対してため口で楽しそうに話しているというのに、私は離れたところからその様子を伺い、祖母の方から気を遣い話し掛けられても、ぎくしゃくとした敬語で返すーそんな孫だった。祖母からしたら、他人行儀な孫に対して愛着を持てと言う方が酷かもしれない。

実母のようにー、子に全てをぶちまけられたらどんなにか楽だろう。しかし、それをしてしまうということは、子に大きな錘を与えるということ。自分がされたからこそその苦しみが理解出来るし、愛しい我が子にそんなこと出来るわけもない。
一人、悶々とする。夫にも言えない悩みを抱え、こうしてここに吐き出すことでどす黒い感情を体内から放出させる。

あと数日と言わずー、早く過ぎ去って欲しい母の日。花屋であれこれ楽しそうにプレゼントを選ぶ客達は皆、かつて母に愛されていたのは勿論のこと、今現在も母からの愛情をたっぷり得ている人種なのか?
そして、正しく健全に人を愛せるー愛し方を教わった人種なのだろうと思うと、言葉にならない気持ちが胸をぐるぐる回り苦しくなった。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR