にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

リア充への一歩

スポンサーリンク





バドミンドンの体験レッスンへ行こうかどうしようか迷いながらも、まだ決められないでいた。今を変えるには、自分から動かなくてはー 新規の立ち上げなので、途中参加するのとは違い、皆初めましての状態だ。年齢制限も特に決められている訳ではないし、男女混合なので、ママ社会のような女性特有の陰鬱さは恐らくないだろうと踏んでいる。


ーこれは、またとないチャンスだ。


私の運命が暗転したのは、引っ越しをしてからだ。あの幼稚園に途中入園してから人間関係で躓いて現在に至る。勿論、学生時代~社会人時代でも、人間関係において色々嫌な思いをしたことはあったけれど、それでもここまで自分が「コミュ障」だと自覚せざるを得ない状況になったのは、やはりこの地に来てからなのだ。しかし、このままこの地にあと何年住むか分からないにしても、居心地の良い空間を一つでも二つでも作っておくことは自分の為。子に依存し過ぎない為にも。精神的に自立する為にも。




スポンサーリンク





ドキドキしながら、体験レッスンの申し込み用紙に必要事項を記入し、ポストに投函した。後は、受け入れOKなら通知が来るはず。前向きに前向きに。ポジティブに拍車が掛かると、次は求人サイトをあれこれ検索し始める自分がいた。あのラーメン屋で嫌な思いをしてから、働くことへの意欲が低下しつつあったのだが、それではいけない。
姿勢を正し、短期募集のバイトにチェックを付ける。贅沢は言わない。再度、前向きに前向きにと呪文のように繰り返す。
どうせならー、仕事も習い事も同時にこなしてやろうじゃないか。これこそ私が本来求めている「リア充」というヤツだ。人間関係を恐れて引きこもっていては何も始まらない。あれこれ悩むのは、ことが始まってからでも良いじゃないか。

運動会で、子が爽快にゴールテープを切ったあの瞬間が目に浮かぶと、それに後押しされるように、私もスタートラインに立とうと決意するのだった。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR