にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

切ない童謡

スポンサーリンク





暑くなってきたこの頃、窓を開け放していると、外から聞こえる音に敏感になりつつある。特に、お隣からのママ友らを呼んでの大勢ランチ会。大人の高笑いに続いて、子供達の奇声。
窓を閉めたら済む話だが、しかしまだエアコンを付ける気はないので、孤独感を感じるからといって、窓全てを閉め切り暑さを我慢するのも馬鹿げている。ラジオやテレビのボリュームを大きくして気を紛らわせるよりほかはない。

昨日の夕方、私は夕飯の支度をし、子は宿題をしている時だった。


「ママ、外から誰かが怒ってる声が聞こえる。女の人かな。」


子が音のせいで勉強に集中出来ないようなので、窓を閉めようとバルコニーに近づくと、耳につんざく様な金切り声がお隣から聞こえて来たのだ。


「いい加減にしなよ!!!ふっざけんな!!あっち行け!!!」


「ママーママー」


「お前のせいで何も出来ないんだよ!!!だーかーらー!!本当うざいんだけど!」


「ぎゃぁぁーー!!」




スポンサーリンク





まさかと思ったが、声の正体はあの上品な雰囲気のお隣の奥さん。いや、団地内だしどこかの部屋の音があちこちの壁に反響して、隣から聞こえて来るように思えるのかもしれない。
それに、あの人がこんな口調でまだ小さな赤ちゃんに向かって怒鳴るなんて、まるで想像出来なかった。


ーガシャーン!!


何かが割れたような音がした。通報レベル?しかし、本当に声の主がお隣なのかは定かではないし、ただ怒鳴っているだけで通報というのも躊躇してしまう。
虐待をしているという確証があれば、私が通報したのだとばれたとしても、恐らく勇気を持ってするだろう。しかし、そうではなかった場合ーもし彼女が育児に煮詰まり、私が掛けた通報の電話によって更に追い詰められて、最悪な事態を招いたら・・・
マイナス思考の私は、すぐに「最悪なケース」を想像してしまう。


ーあと、10分してもまだ赤ちゃんが泣き止まなかったら、そうしたら・・


ドキドキしながら隣の様子を伺う。しかし、5分も経たないうちに、今度は泣き声が聞こえて来た。赤ちゃんではない、大人の女性の泣き声だった。


「ごめんね~、怖かったよね、ごめんね~・・・」


かすかに、そんな台詞が泣き声に混じって聞こえた。それまで大きな絶叫で泣きわめいていた赤ちゃんも、落ち着きを取り戻したようだ。10分を待たずとも、今度は歌声が聞こえて来た。何かの童謡だろうか?しかし、どこか物悲しいメロディだった。よくよく聴いてみると、 その歌は、「大きな古時計」だった。




スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR