にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

悪ふざけ

スポンサーリンク





子の夏服を、ストレス発散にネットから購入した。
セールだったので、トップスだが1000円ちょっとのものを3枚。
子に選ばせたら、白や薄いイエローなど、夏らしいカラーのものばかり。
イライラや落ち込みが酷くなると、かつての買い物依存に陥りそうになるが、自分の物より子の物で抑えられているーしかもすぐにサイズアウトしてしまう子の物だから、きちんと買うべき理由があり、罪悪感もそれ程生まれない。

身に着ける物を新調する時。
それは私の見栄もあるのだろう、子がより多くの人目に触れる場に多いような気がする。
そしてそのうちのひとつは、父兄参観の日だった。真っ白い袖にフリルと、後ろにワンポイントの可愛らしいリボンが施されているものだった。
参観日は、夫も珍しく出席出来たので、いつものように他の母親達に注意を取られることもなかった。大半は、夫婦揃って参観していたこともあり、いつものような群れも少なく、またあったとしても男親を気にしてなのか?威圧感や騒がしさは感じられなかった。
女性特有のあの独特な雰囲気ーそれがないだけずっと子の参観に集中出来るーそう思っていた。

しかし、その日の授業は3年生になって始まったばかりの書道。墨を磨る子の後ろ姿を見ていたら、思い切りよく腕全体を動かしている。
隣の男子がふざけて思い切り力を入れて磨っているのを見て、負けじと互いにふざけ合っているようだ。


「OO、ふざけてるな。」


夫は、そんな子の様子を面白そうに目を細めながら眺めている。私は、いつ子が買ったばかりのトップスを汚してしまうのかを、はらはらしながら見守っていた。
昔からそうだ。子は、真新しい服だったり白などの汚れの目立つ服を着ている時に限って、落ちない汚れを付けるのだ。それはもう、わざとなのかと思う程に。
クスクス笑いながら、墨汁を更に足している。硯になみなみと注がれたそれは、いつ溢れてもおかしくはない。
担任は、母親大半の参観の時と違い、男親がいることで緊張しているのか?子供達に向けて授業をしているようで、実際は親の目を気にしているように見えた。なので、子供達が悪ふざけしていることに気付かないようだ。

今度はスポイトで遊び始めた。
他の子供達は、集中して黒板に書かれた見本を見ながら筆を動かし始めているというのに・・
隣の男子と顔を見合わせ、にやにや笑いながら一向に筆を取ろうとはしない。せめて廊下側か一番後ろの席ならそれとなく注意出来るのだが、あいにく子の席は一番前の真ん中だった。


ーあ!!!-


スポンサーリンク





廊下側から見ていたのだが、隣の男子がスポイトをふざけて子に向けたーその時、微量だが、明らかに子にスポイトの中の墨汁が掛かったのを目にした。


ー!!ちょっと、ちょっと、勘弁してよー


心の中で叫ぶ。首を伸ばして、子の服を見ると、黒い点々がトップスの胸辺りに出来てしまった。夫はそのことに気付いていない。そして子も掛けられたことに気付いていない。男子もだ。その親はどこにいるのか?自分の子がクラスメイトの服を汚したことに気付いているのか?
しかし、普段から学校関係の保護者と交流がない自分に、その男子の名前も親の顔を分かるはずもなく、ただイライラが募るばかりだった。折角買ったばかりの、真新しいトップスが見るも無残な状態になっていた。

参観は、週末ということもあり小1時間、また懇談会もなかった為、すぐに終わった。


「あの担任、微妙だな。」


帰り道、夫は早速、担任に難癖を付け始めた。私はそれを右から左に流しつつ、しかしトップスに付いてしまった墨汁のシミをどう落とそうか、そればかりを考えていた。






スポンサーリンク



trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR