にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

グローバル

スポンサーリンク





「心積もりしといて。」


突然の告知ー
夫が来年辺り、海外支社に異動になるかもしれないという話が持ち上がっているという。
部署が部署なだけに、そういった異動はないと思っていたのだが、その部署自体の異動話が持ち上がり、その結果の海外赴任ということらしい。

夫はそもそも語学堪能だ。最近英会話を使う機会はないものの、しかし、毎朝の通勤では日常会話くらいの英会話をテープで聞いているらしいことは知っていた。
しかし、それこそ趣味の範囲だと思っていたのは私の誤算。まさか、その時の為に腕が落ちないよう、日頃から準備をしていたとは知らなかった。

私も子も、英語など全くもって使えない。
遙か昔、受験生だった頃、なんとなく勉強していた記憶はあるが、しかし日常会話といって咄嗟に思い付く会話といえば、「Hello」だとか、「My Name・・」とかくらいなもの。 それだって、今では「Iam・・」というらしい。


グローバルー


私とは程遠いこの言葉。
このちっぽけな島国の中でさえ、右往左往しているのだ。自分の居場所すら見付けられず、気のおける仲間もいない。そんな私が海外で尚更自分を出すことなど無理な話。 しかし、一番心配なのは子のこと。
日本人学校がない地ーつまり、他国の子供達が集う場に子を放り込むことになる。
共通語が通用するとも分からない、そこに日本語しか使えない子が自分の居場所を作ることが果たして出来るのか?
自分を主張してなんぼの世界ー、そこで、子は自分をアピールすることが出来るのか?
それを思うと胸が痛かった。




スポンサーリンク




私は海外未経験者だ。
いやー、それ以前に、飛行機すら乗ったことがないのだ。
そんな人間が、いきなり海外ー、しかも住居を構えるだなんてハードルが高すぎる。
数か月後ー、しかし、あやふやな話なのでいまいち現実味が湧かない。
ならば、決定事項としてくれれば、少しは心の準備も出来る。
私も子も、英会話を習いに行くだろう。しかし、夫にそれとなく提案してみても、実際転勤になるかどうかも分からないからとあっさり却下された。

また悩み事がひとつ増えた。
そして、それが大きなものであることから、それまでの悩みが良くも悪くも小さくなった。
実母のこと、ご近所や学校のこと、子のことー
世界に直面したら、それらがなんとちっぽけで詰まらない悩みだったのかと思い知るのだ。
それでもー
私は大きな悩み(海外赴任か否か)を先延ばしにし、目の前にあるちっぽけに振り回される。
それが私の性分ー、情けないが、性質なのだ。




スポンサーリンク




trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR