にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

カードトラブル

子供のトラブルに親はどこまで介入するべきなのか、まだ分別がつかない年頃ならある程度は必要。
しかし、行き過ぎるとたちまちそれは「モンスターペアレント」となる。
だからといって穏便に済ませようとすれば、そこに親子間のしこりが残ることもある。


最近、園から帰宅するとアイカツのカードを取り出し、一枚一枚自分の好きなコーデに並べ替えたりして嬉しそうにしている我が子。
私はというと、ここ数日体調が悪く送迎以外はソファーに横になって子の相手をしている。
家事も適当、夫も今月に入り、毎日残業続きで夕飯は要らない日々。
夏場で弁当を食べる気がしないとのことで、作らなくて良くなった。
外でざるそばという気分らしい、この時期は暑いけれど家事が一つ減るだけでも気持ち的にかなり楽だ。
2人分だと食費が一段と安く済む。昨夜は冷凍してあったカレーをお腹一杯食べて満足。
買い物に行かずに今日も冷蔵庫の残り物で、麩と豚肉で豚丼にしようかと思う。

話は戻るが、アイカツにはまっている我が子。
アイカツをやり出した途端、園で遊ぶ仲間がまたちょっと変わって、最近ではどうやらYちゃん達のグループに入れてもらえているようだ。
私の時代にもあったけれど、ゲーム機を持っているか持っていないかで友達の輪に入れるかどうかが決まったり、悲しいけど現実。
今はDSが友達付き合いの壁になるという話をどこかで聞いた。


そして先日、子がレアだかプレミア?だかのワンピースの絵の描いたカードをYちゃんに見せてと言われたから手紙に入れたいと言い出した。
この間、休みの日にカードゲームをした時に排出されたものだ。
基本、カードやおもちゃは保育中に園に持って行くのは禁止、しかしお手紙に入れるのは大丈夫なのだ。園児達はシール交換などもお手紙の中でやり合っている。
貸すだけと言うけれど、なんとなくトラブルの匂いがしてやんわり手紙だけにしとくよう伝えた。
子はしぶしぶだったけれど諦めたように見えた。

そして昨日、お迎えに行くと子が号泣。
少し離れたところにYちゃんやMちゃんがいて、何やらごちゃごちゃ言い合っている。


「どうしたの?何があった?」

子に尋ねると、

「貸すだけって言ったのに!」

Yちゃんに向かって泣きながら言う。
Yちゃんは、

「そんなカード入って無かった!」

お互い言い合って、子は泣いているのでなだめていたらYちゃんママがやって来た。
Yちゃんがママに何やら説明している。
しばらくして、Yちゃんママが私に話し掛けた。


「なんだか、うちの子にOOちゃんがお手紙くれたそうなんですけど、入っていたのはお手紙だけだって言ってるんですよね・・」


「入れたもん!キラキラのレアカード入れたもん!見てたじゃん!嘘つき!!」

子がYちゃんに向かって泣き喚く。


「嘘つきはOOちゃんだもーん、ねー。」


Yちゃんが取り巻きのMちゃんらとニヤニヤ笑い合いながら頷き合う。
幼児でも女の子グループ特有の、湿っぽい空気感。
嫌な光景。
Yちゃんママの取り巻きママ達が、少し離れたところからひそひそこちらを見ているのが視界に入る。
本当に嫌な光景だ、ここもあちらも。


しかし、私は実際カードを封筒に封入するのを見ていないし、トラブルの元になるから手紙だけにしなさいと言ったし・・子が入れたつもりになって自宅にあるのだろうと思いとりあえずYちゃん親子に謝った。


「多分うちの子の勘違いだと思うんです、嫌な思いさせてしまってごめんなさい。帰って言い聞かせます。
Yちゃん、OOが怒ったりしてごめんね。ほら、OOもそんな風な言い方したら嫌がられるよ。」


それでも子は泣き続けることをやめなかったので、半ば引きずるように園を出た。

「Yちゃん嘘ついた!OOのカード取った!!わーん!」


暑さと疲れと、体調が悪いこともあり、全く泣き止まない子に帰り途中怒鳴ってしまった。


「だから!ママは手紙に入れるなって言ったでしょう!あんたが悪い!!」


私は滅多に声を荒げることがないこともあり、子は驚いたのか目を丸くし、続いて怯えたような表情になるとたちまち顔が崩れしわくちゃになりながら、

「ごめんなさーい、ごめんなさーい!」


と泣き出した。
私まで泣きたくなった。
自宅に戻り、やはり子が貸したと言い張るワンピースのカードは出て来なかった。
私もきちんと確認すべきだった、もっと強く言い聞かせるべきだった。
適当に家事をしながらやんわり注意したところで、まだ6歳なのだー誘惑が勝つこともある。
子の目をしっかり見て注意出来なかった自分自身にも非を感じ、子に申し訳無い気持ちになった。

どのカードが無くなったのか、子にネット検索をしながら聞いてみるとそれは確かにキラキラしていて特別な雰囲気のあるカードだった。
怒鳴ったことを後悔し、ネットで買ってあげようと思い楽天で検索するとその価格にめまいがした。
2000円もするのだ、100円で手に入れたカードが。
2000円あれば、何日分の食費になることか。
購入するのも馬鹿馬鹿しくなり、また本当に貸したとしたらと思うと胸の中がざわざわした。

そして、また翌日からこのことがきっかけでYちゃん達とうまく行き掛けた関係が悪くなるかもしれない子のことを不憫に思った。

ーもしも本当にYちゃんに取られていたら?借りたカードが欲しくなり嘘をついていたとしたら?
ー子の勘違いや紛失では無く、最初からカード目当てで遊んでくれていたとしたら?

どちらの子供も嘘をつくなんて考えたくなかったけれど、次から次へとマイナスの感情が湧いてくる。
たかが6歳の子供が、カードが欲しいが為に嘘をつくとしたら・・そしてそんな想像をする自分が恥ずかしくもあった。

あれは、落としたということにしよう。
そう、最初から手元に無かったということに。


自宅に戻り、まだべそをかく子をぎゅっと抱き締めた。


「さっきは大きな声出してごめんね。OOはお手紙にカード入れたんだよね。Yちゃんに貸したんだよね。ママ見て無かったれど信じるよ。
でも、ママとのお約束は守らないと駄目だよ。お約束破ってカード入れたから、神様がお手紙の中のカード持って行ってしまったの。
それから、Yちゃんは嘘つきじゃないよ、お友達の事そんな風に言ったら悲しいよ。またゲームしに行こう、ね。」


なだめると、子は落ち着きを取り戻し小さく頷いた。
神様がーなんて子供だましの嘘はいつまで通るのだろう。
小学校に行ってもきっと同じ様なトラブルはあるだろうし、もっと複雑なものになっていく。
親の介入も、園にいる時と違い一切目の届かないものになっていくことでしづらくなる。
子を信じるという行為は、親が子を守る絶対条件だけれど、そこからどう行動を取るかが難しい線引きでもある。

ぼちぼち流れてきたランドセルのCMを眺めながら、もう1年を切った小学校入学のカウントダウンに少しだけ鬱々とした気分になった。






*****


まいこちゃんママとのアドレス交換、祝福のメッセージありがとうございました。
しかし、ご覧の通りこのゴタゴタで特に進展ありません。
メールを送りたい気持ちはあるのですが、毎日送迎で会うので何をどうメールしたらよいのかさっぱりです。
夏休みに入ってから、お誘いのメールをしようかなと思っています。



鍵コメさんへ

今まで暖かいコメントを下さったというのに悲しい思いをさせて御免なさい。ただ、どうしてもそうする必要があるのです。子供の為にも自分の為にも。いつか病気を治して離婚を考えています。
一つの手段なのです。

もう一度、御免なさい。



comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

no subject

嫌な思いをしましたね。
それでも、その時の対応、その後の対応、素晴らしいものだと思います。
娘さんも、お母さんに信じてもらえて、気持ちをわかってもらえて、嬉しかったでしょう。

よく聞きますね
こういうトラブル。Y子ちゃんのお母さんがしっかりされてて、きらきらのカードを見つけて「これは、うちのじゃない」って気づいてくれたら、いいんだけどなぁ

ゲームソフトを取られたなんて話もよく聞きます
名前を書いてたのに、消されてた人もいました。
子どもって、すごく知恵が働くんですよね

今回は、いい勉強をさせてもらえたって思いましょうか・・・ね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

no subject

子ども同士の物のやり取り、貸し借りでトラブル。
つらいですね。
でも、やっぱり、お母さんの言いつけどおりにするべきだった、
とお子さんも学んだんじゃないでしょうか?
うちも貸し借り、やり取りは禁じてます。
でも、親や先生に禁じられても、お友達の意見優先、
そういう年齢になってきています。

子どもは、これくらい痛い目を見ないと、
わからないかも?

故意にお友達が盗む、と疑いたくはないですが、
紛失するかもしれません。
相手も子どもで不注意ですから。

相手のお母さんがしっかりした方なら、
見たことがないカードがある?と気が付いてくれ、
返ってくるかもしれませんが、
トラブルになるものを持ち込んだお子さんがやっぱり悪いと思われて
(相手のお子さんが持ってこいと言ったことは知らない場合)
しまいます。

親の言い聞かせや監視より、
お子さん自身の判断力慎重さが、
必要になってくるのです。
カード目当ての友達ならいらない、という潔さも。

レアカードは親から見ても価値のあるもので、
無念さはとてもわかりますが、
高い勉強代を払って親子で学んだのだと、
考えて乗り切ってください。
本当になかなかあきらめきれないですけどね。
  • ナカノ
  • [URL]
  • [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めましてこんにちは!

最近アイカツをはじめたのですが、今日アイカツカードを貸してと言う子にそのまま持っていかれてしまいました。

記事を読んで、思わずコメントしてしまいました!!

私は普段田舎なので、アイカツは、常連さんばかりですが、注意していたのです……

何故か貸してと言われたりするので。娘は5歳で好きにやらせていてもプレミアは気をつけて!トレードはママに聞いてと。

でも、今日は弟につれてっていってもらい、貸したらプレミアレアの靴を貸したでも返してもらえなかったと……


怒りのやりどころがないですよね……


お金もかかっているし、娘相手に小学生のお姉さんが……(相手が姉妹と聞いてすぐにわかりました)
顔見知りなのですが。


悪質だなと思いました。

次にあって言ってもしらを切られそうで。

はぁ。ショックですよね……


急にコメント失礼しました!!

レイラさんへ

レイラさん、はじめまして。

娘さんの件、残念でしたね。相手も小学生にもなると段々頭も良くなっていき親の介入も難しくなっていきます。
お金の絡むことですし、貸し借りは絶対駄目だとわが子に言い聞かせるしか対策はないですね。
カードの価値観が分かる子と分からない子(年齢の差)での貸し借りは絶対厳禁ーわが子にも言えることですが、年下の子とカードのやり取りは絶対駄目だと今から言い聞かせなければなりません。
幼稚園のうちはまだ親の目も届きますが、小学生ともなると親の目も届かないですし誰もが自分の子を信じたいもの。
だからこそそういったトラブルから身を守る術をわが子に身に付けさせることが親の役目なのかなと思います。
コメントありがとうございました。
  • selinee
  • [URL]
  • [edit]

初めまして。

selineeさん初めまして。
チョコと申します。

いきなり過去の記事にコメントをつけてしまう形になり
申し訳ありません。

旦那様との関係、人間関係、
自分と良く似ていて、
拝読するようになりました。

辛くともその胸の内を
きちんと文章にされているselineeさん
素直な素敵な方だと思います。

私もブログをつけているのですが
見栄を張ってしまうときがあります。

いつか心の底からほっと出来る日々にしたいですね。
画面を通して応援しております。

一方的なコメントで気分を害されたらすみません。
  • チョコ
  • [URL]
  • [edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR