にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

実母からの着信

スポンサーリンク





朝から雨。
台風が近づいているからだろうか?いつも不安定な気持ちが更に不安定。
携帯に、実母からの着信があったのだ。
しかし、ワンコールでそれは切れた。
たまたま近くにあった携帯。普段鳴らない携帯は、家の中で持ち歩くことはないけれど、たまたま家事を一通り終えて休憩がてら漫画を読もうと思い、それに手を掛けた瞬間だった。


ープルルッー


ワンコールあったかどうかも分からない、鳴り始めで切れてしまった電話。
そして、それから1時間経つが、それっきり何も無い。
それまでの私なら、即、掛け直していた。しかし、体全体がこわばり携帯を持つ手は震え、顔付きは傍から見たら能面のようになっていたと思う。
事を複雑にしているのは私?
年寄りの我儘だと軽く受け流せなかった私が子供なのか?ここで、普通に電話を掛け直し、何事も無かったかのように振舞うのが娘としての正しい選択なのか? 私の中に、2人、私がいるようだった。
もう一人の私は、こうした実母の遠回しな探りにイライラしているところがあった。何故、普通に電話を掛けて来ないのだろう?ワンコールで思わせぶり、こちらの反応を伺うかのような守りに入ったアクション。
そして、思い立った。私も同じことをすればよいのだと。大人気無いが、蛙の子は蛙。私もリダイヤルで掛け直したが、ワンコールしたかしないかのところで電話を切ったのだ。
もう、意地の張り合いだった。そして、こんな陰鬱なやり方ではなく、お互い思っていることをストレートにぶつけられたら、大喧嘩でも出来たら違う関係性が築けるのではないかと思った。
今まで逃げて来たのは「私」だ。母の言いなりになり、心を固く閉ざしていたのだ。
母の言いたい放題を受け止める物分かりの良い娘ー自分は大人なのだと良い方に解釈をしていたが、それは違う。ただ、ぶつかるのが怖かっただけなのだ。
台風の芽に入った頃、勇気を出そう。自分をさらけ出そうと心に決めた。





スポンサーリンク





trackback

copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR