にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

小さな疎外感

今週は、やたら素敵ママと絡むことが多い。
買い物帰り、のんびりしていたら下校の時間。焦って家路へと急ぐエントランス横の小広場で素敵ママにばったり出くわす。
子ども会役員の件もあり、ちょっとの間立ち話。色々聞いておきたいこともあったのだ。
下の子は、ママの背中に隠れながら私を上目遣いで見る。にっこり微笑むと、照れながらも微笑み返してくれた。天使の笑顔だ。
ぞろぞろと下校する子供達がエントランスに入って来た。


「おかえりなさーい!」


「こんにちは。」


素敵ママが明るく挨拶をする。こんな時、彼女が眩しく思える。
子供相手であっても、堂々と挨拶すら出来ずについ気付かない振りをしてしまったり、また勇気を振り絞って挨拶をしたところで声が小さいのか私のことを認識していないのか、スルーされることもしばしば。 子供達の中でも、私はどこのおばさんなのか分からない程に影が薄い。
どんなリアクションを取られようが、素敵ママのように誰に対しても対等に元気良く挨拶をすることが何故出来ないのだろう。
我が子とは全く違う学年の子供達にも、ニコニコと声を掛ける彼女。勿論、子供達にとっても認知度は高いのだろう。元気に返す子もいればもじもじしながら会釈だけの子もいるけれど、しかし無視する子は一人もいなかった。 私は、まるで金魚の糞のように彼女に続いて小さな声で挨拶をしただけだった。




スポンサーリンク





「あ、しほ~!お帰り!」


彼女が声を掛けた方を見て、びっくりした。去年越して来た転校生だったからだ。


「こんにちは。」


笑顔で彼女も返す。何が驚いたかって、大人しそうな転校生が人懐っこい笑顔で彼女に挨拶を返す以上に、その子を呼び捨てで呼んでいたからだ。
子からは、転校生の話はあまり聞くこともなく、近所だけれどいまだどんな親で子なのかさえ分からない。それなのに、素敵ママはもうその子のことを下の名でーしかも呼び捨てで呼んでいる。 そして、まだ見知らぬその子の母と素敵ママが既に親密な仲なのだと悟る。
素敵ママを始め、彼女と同じ園出身の仲間内では、互いの子供は呼び捨てで呼び合っている。AちゃんやEちゃんも勿論、素敵ママは呼び捨てで呼ぶ。そういえば酒井さんの子供達も既に素敵ママグループの母らからは呼び捨てで呼ばれていた。 まただー胸の中がもやもやする。素敵ママは、我が子のことを一度も呼び捨てでなど呼んだことはない。
いつまで経っても、「OOちゃん」だ。
意地悪された訳でも、無視された訳でもない。それなのに、いちいち疎外感を感じてしまう。被害妄想は更に膨らみ、もしかしたらわざとなのかとも思ってしまう。
子供の呼ばれ方一つで、気分が塞ぐ。そんな私の気持ちなどお構いなしに、彼女は太陽のような笑顔で、子供相手にも「素敵なおばさん」を演じるのだ。




スポンサーリンク



切ないバレンタイン

意気盛んに、作った友チョコ手に、放課後遊びに出た子。
ここのところ友達関係も良好だしと、今回のバレンタインはあまり干渉せずにいた。
一番仲良しのクラスメイト2人がいることで、安心している部分もあった。
しかし実際は、一人からは貰ったけれどもう一人からは貰えなかったという。
お菓子作りが苦手な子もいるからと諭したが、よくよく聞くと、子だけが貰えなかったのだと。




スポンサーリンク



児童館では何人ものクラスメイトがおり、思い思いに交換し合っていたようで、子も持って行った分だけ交換したり渡したり。
勿論、あげっぱなしの子も何人かいたそうだが、一番仲良しから貰えなかったことは想定外。残念に思ったようだ。それを聞いて、私も残念な気持ちになった。
その子は、もう一人の仲良しとその他クラスメイトには配っていたようだ。
頭数を考えずに色々な子に渡し、いざ子にーというところで無くなってしまったのか、それとも故意なのか?真意は定かではない。
ただ言えることは、子が落ち込んでいること。
友チョコだなんて、こんな面倒なイベントを誰が思い付いたのだろう?
昔のような、片想いの男の子に送るドキドキ感が、そのせいで薄れてしまうような気がする。




スポンサーリンク



働かなくてはというプレッシャー

今日は、日中一人の間ずっとライター内職をしていた。
将来に不安をおぼえたからだ。
老後資金3000万。このままだと我が家は厳しいと夫は言う。毎週末新聞広告に入る求人広告のチラシをわざわざ広げ、


「これなんて、いいんじゃないか?」


仕事を再開しろと言わんばかり。


「OOが学校に行っている間に出来るぞ。まかないも出るし、朝9時から午後3時。」


夫が私にチラシを見せる。時給1100円。履歴書は不要。飲食系のホールかキッチンパートだ。
高校生からOKの仕事。仕事内容は自分に向いていそうもない。ホール担当となれば明るくテキパキしていないとならないし、キッチン担当だったら料理が上手くないとならないだろう。 それに、外で料理をして帰宅してまた料理と考えるだけでうんざりする。







スポンサーリンク



「ちょっとこれは・・」


難色を夫に示すと。


「贅沢言ってたら何にも出来ないぞ。皆、不満を持ちながらも子供の為に頑張ってるんだ。」


最もらしいことを言った。そして、何も言い返せない私がいた。その通りだからだ。
これから先、子に学費は掛かるだろうし、家の購入だってどうなるのか分からない。貯めて行くに越したことはない。
ただ、出来ることなら家で誰にも気兼ねなく稼げたらー・・虎の子を膨らますことを考え始めた。
投資信託とかどうだろう?ライター内職での案件でその手のものをいくつか受け、調べるうちに興味が出て来た。 もし、夫に内緒で資金を増やし、成果が出たところで夫に打ち明けたら、外で働けというプレッシャーも無くなるかもしれない。 結局、私は臆病なのだ。新しい環境を自分から切り開くことに億劫だ。




スポンサーリンク



役員決め

素敵ママから、次回の子ども会の役員はどうかと打診があった。
いずれはやらなくてはならないし、そろそろ立候補しないとという気持ちはあったので、OKの返事をした。
会長を始め、副会長や会計や書記と、定員人数は決まっており、その中で出来そうなものはと聞かれたので、裏方っぽい会計か書記ならと答えた。 会長だけは、絶対無理だ。しかし子が6年で引き受けることになったらそんなことも言ってられない。
暗黙の了解で、上に兄弟がおり役員経験者だったり高学年の親は、会長になりやすい。
最高学年で白羽の矢が立てば、人望も経験も無い人間がやれる役ではないからといっても、断りづらい空気はあるだろう。
そのことは、素敵ママも重々承知のようで、私の意思を汲んでくれたようだ。
正式な依頼はまだ先のことらしいが、一応、事前に当事者の意思を聞いてとのこと。今度の金曜までにははっきりするらしい。こうやって水面下で大きな役は決まっていくのだなと知る。




スポンサーリンク




OKした時は、妙な高揚感があった。しかし、少ししてから不安感に襲われる。果たして私に出来る仕事だろうか?来年度は子ども会を辞めさせるーという選択肢もあったはず。 子に、続けるかどうか聞いてからでも良かったのではないかと思う。
いや、5年で退会するのは、いかにも役員をやりたくないという下心が見え見えではないか。


吉と出るか凶と出るかー


決戦の金曜日はもうすぐだ。




スポンサーリンク



read more...

月2万の食費

野菜の価格は少しは落ち着いた。
例の激安スーパーで、キャベツは200円足らず。ほくほくしながら今晩のおかずを考える。

夫が残業ばかりで夕飯無しなことも多い我が家。なので、他の3人家族の食費平均よりは低くて当たり前なのかもしれない。
そのことで、夫からも指摘があったのだ。月2万で出来るはずだと。
子は、平日に給食がある。実質的に家族揃っての食事は朝のみ。朝は和食派の夫なので、小鉢にあれこれおかずを作るとそれなりに掛かるものだ。 例えば今朝のメニュー。


ーわかめと豆腐と揚げの味噌汁
ーだし巻き卵
ーグリーンサラダ
ーひじき煮
ーウインナー2本
ーしらすおろし
ー白菜の漬物
ーいちご入りヨーグルト

これでもまだ主食が焼き魚でないだけまし。魚は肉より高い。 ウインナーは、安いものは夫はまずいと手を付けないので、普段は一袋500円近くするメーカーのものが値下げで200円台になった時にまとめ買いする。
私と子だけなら、食パンとヨーグルトくらいで済ますのに。食費高騰の原因はあんたにあるのだと声を大にして言いたい気分。




スポンサーリンク



節約の為、昼は納豆ご飯にキムチのみ。ここ最近はずっとこれだ。夫の弁当を作ってその余りを自分の昼食にしていた時もあったが、やっぱり塵も積もればだ。
必要な分だけ作ることにした。度々起こる、作った後に急遽要らないと言われた時は、先日のように私の胃袋に入るだけ。

夜、子と二人の時は成長期ということもあり、あんまり貧相な物を食べさせる訳にいかない。手抜きだがバランスを考える。
肉ばかりにならないように、多少高くても野菜をたっぷり。夜は、もやしたっぷりと少しのキャベツ(まだ、勿体無くてキャベツを思い切り使うことが出来ない)や人参で焼きうどんの上に半熟卵を乗っける。 そういえば、朝も卵料理を出したなーと頭の隅で思うけれど、子が喜ぶのでやめられない。それに、コーンとかにかまの中華スープだ。
デザートにはみかん。
やっぱり2万は余裕で超える。うどんだって一袋10円のものなのに・・夫の言う通り、やはり私のやりくりが下手なのだろうか。




スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR