にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

今日の写真

スポンサーリンク



今日の写真




スポンサーリンク



インドアからアウトドアへ

スポンサーリンク








「キャンプにでも行くか?」


まさかの提案は、夫から。
家にいれば、「フロ・メシ・ネル」の彼が、まさかアウトドア派だとは知らなかった。
いや、ツーリングを始めたことで意識が変わったのかもしれない。それか、仲間に触発されたのか?
良く分からないけれど、正直、この夏休みに特別な予定が無かったことが気がかりだったので、素直に嬉しかった。
本音では、上げ膳据え膳の旅館やホテル、または行ったことの無い地への旅行に行きたい。しかし、子がピアノを始めたりと何かと金が掛かる今日この頃、私の方からそんなお願いなんて出来るはずもなかった。 そして、ふと過ぎったのが、義姉達ー。彼女らと行くのではと思い尋ねてみたが、珍しく家族水入らずで考えているらしい。

夫は、早速張り切ってスマホでアウトドアグッズを物色している。
そして、翌日から次々と購入したものが届いたのだ。どでかい段ボールに、テントやタープ、バーベキューセットなどなど。細かいもので言えば、寝袋やランタン、飯盒やキャンプ食器など。 翌々月のカード明細が怖くなる程だ。しかも、そのひとつひとつが有名アウトドアブランドの物で、正直、それらの総額でちょっと贅沢に海外旅行に行けるのでは?と思う程。

夫の金の遣い方に、私は口出し出来ない。ただ傍観しているのみだ。続くかどうかも分からない趣味?に、ここまで掛けるのか?レンタルで十分ではないかと思う。
しかし、ここで水を差せばキャンプ自体お流れになる可能性は大だ。


ー思い出は、金に代えられない。


子と過ごす夏休み。中学で部活動に入れば、その部によっては毎日練習。となると、こうして親の都合であれこれ予定を決められるのも今回を入れてあと3回きり。
それを思えば、キャンプであろうが絶対に行って良かったと思えるはず。
インドア専門の私だが、しかし、ネットでキャンプの心得を検索したりしてワクワクしているところもあるのだ。




スポンサーリンク





生意気盛り

スポンサーリンク








もう、指折り数えれば夏休み。
ぼちぼちと、絵具や習字セットなど、使わない教材を持ち帰る子。この暑い中、重い荷物を持って下校するのは大変だ。


「皆、ママ達が車でお迎えに来てるよ。」


そう言われたので、車は無理だけれどせめてもの親心と、自転車でお迎えに行った。炎天下の中、学校へ自転車を走らせる。
下校時間を狙ったからか、門の前は勿論、その手前も道路脇は路駐自動車で一杯。勿論、運転席には母親達だ。そこへ、児童達が乗り込む。
私は汗だくになりながらも、門の近くで自転車にまたがったまま子を待っていた。
しばらく経ち、何人もの児童とすれ違った頃に子の姿が見えた。一人ーかと思えば、珍しく見知らぬ女子と歩いている。
しかし、すぐさま互いに手を振り、その女の子は路駐している車に乗り込んだ。エアコンの効いた車中はどんなにか快適なことだろう。


「おかえり!」


子は、真っ赤な顔をして、重い荷物を持っている。すぐに、それを自転車の荷台に乗せてあげた。


「疲れた・・今日、体育もあって足が痛い。」


仕方が無いので、ランドセルも前かごに乗せた。子の両手は自由になった。それなのに、なんだか仏頂面。


「どうしたの?」


「皆、車で迎えに来てもらってていいな。なんで、ママは運転出来ないの?」




スポンサーリンク





「・・・」


この暑い中、子が楽になるだろうと迎えに来てあげたというのに、なんと反抗的なことだ。さすがに暑さも手伝ってか、私もカッとなってしまった。


「全員が全員、車で迎えに来てもらってるわけじゃないでしょう!?ほら、あの子なんて低学年なのに一人で帰ってるよ!誰もお迎えなんか来てないじゃない。」


子は、私が指す方にチラッと視線を移すが、しかしその視線はすぐに次々と路駐している車に乗り込む児童達の方へ注がれる。
無い物ねだりだ。


「私は、絶対に免許取る。18歳になったらすぐに取ろう。」


なんだか嫌な気分だ。遠回しに我が子に馬鹿にされた、そんな風に思えて苛々した。


「自分でお金を貯めて取りなさいよ。」


私も仕返しにそう言い返すと、子は黙りこくった。


この件だけではない、最近、些細なことで子と言い争うーというか、嫌な気分になることが増えた。
もうすぐ夏休み。朝昼晩の食事の支度も頭を悩ますが、それと同じくらい、子と2人きりの生活にどこか自信を持てない私がいる。




スポンサーリンク



一方的な出産報告メール

スポンサーリンク








困惑してしまうもののひとつに、普段、付き合いもない人から一方的に送られる「報告メール」だ。
送付元は、引っ越し前の知り合いママだった。以前、子供が読者モデル?になったという年賀状を送って来た人とはまた別。
こんな私だが、引っ越し前はまともな人間関係を築いていたのだ。今、この地で私を知る人達からは信じられないと思われるだろうけれど・・・
区役所などで行われる「赤ちゃん会」に参加した時に、メアド交換した人の一人。あの頃は、皆が第一子初めての出産。となると、その地でのコミュニティ作りも、まだ探り探りの人達ばかりだったから、うまく立ち回ることも出来たのだ。


「第二子、生まれました!!」


表題を見て、げんなりした。日頃お付き合いしていれば素直にお祝いの気持ちも湧くのだろうけれど、なんだか幸せの押し売りをされている気分。
そして、彼女も長いこと一人っ子の母親として生活しており、それに終止符を打ったことを知り、メールが来るまでは彼女の存在すら忘れていたというのに、急に胸がざわざわし始めた。


また、取り残されたー


その現実を突き付けられ、もう顔もぼんやりとしか思い出せない彼女に対して嫉妬心が芽生えた。
いつも思うのだが、結婚準備をしていたのにそれを知らさず事後報告でドレス姿の年賀状を送ったり、また、妊娠した事実を知らせずに、急に「生まれました」のお知らせをする人々。一体、どんな気持ちでお知らせするのか?頭がお花畑なのか?そんな人間関係の距離感はつかみどころがなく、すっきりしない。
受取側としては、心の準備も出来ていないし、ただただ戸惑うばかりなのだ。




スポンサーリンク



手帳の教え

スポンサーリンク








今使っている手帳には、格言めいたものがページ毎に記載されている。
ボランティアや子ども会の活動に参加することで、この手帳もようやく日の目を見ることが出来たのだ。
今まで、持ち主が不甲斐ないばかりに寂しい思いをさせていた。
パラパラとページを繰ると、心に響く一文があった。


「深い悲しみはきまって、体の不健康な状態から生じる。しかし本当の病気でないかぎり、苦悩は去る。そして、やがて平穏な時が、思っているよりももっといいいことが訪れる。」


先日、子の下校時に遭遇し、あの出来事を目にしてから、心がずっとざわざわしている。特定の友達が出来ないのならまだしも、陰湿ないじめともつかないセーフラインの嫌がらせ。
目に見えない分、タチが悪い。
子の心の具合はどうだろうか?正直、ここ数日あまり眠れていない。夜になり瞼を閉じると、寂し気な赤い傘が浮かんでは消え、そしてまた現れるのだ。
隣で健やかな寝息を立てている子の髪を撫で、その無防備さに切なくなる。どうにも出来ないー、歯痒い思い。
平穏な時ーそして、もっといいこと。良いことをイメージする。いや、この格言を目にしたら、すーっとイメージ出来たのだ。普段はマイナス思考の塊な私でも。
パラリと続いてページを繰る。


「心配ごとがあるときに、あれこれ考えるのはやめよう。そうではなく、腕を上げたりして体操してみるといい。あなたはその効果に驚くはずだ。」


今度はこの言葉に触発され、思い立ち、ヨガの無料動画を視聴した。普段、全くといって良い程使っていない筋肉。いや、こんな場所に筋があったのかさえ知らずにいたことが恥ずかしい。痛みは軽い心地良さに変わっていく。
ナーバスになると、すぐに布団に潜り込む私。横になって携帯漫画に没頭し、その時はその辛さを忘れるが、読み終えた時の時間の経過と、それに比例する後悔の念。
しかし、たった30分程度の運動で、私の心は不思議と健やかになって行った。強いて言えば、前向きに。





スポンサーリンク





ー今は、見守ろう。どんと構えよう。


そう決めてから、子を迎えがてら散歩に行こうと思い立つ。正直、いつもなら億劫なのが先に立ち、気になりながらも自宅で子を待つが、体を動かすことは不思議と私に快活さを与えてくれたようだ。
ぞろぞろと子供達の群れがこちらに向かって来る。素敵ママの子とすれ違い、何となく盛り上がる彼らに挨拶をしそびれる。やはり、私はまた私だと少しだけ後ろ向きになる。
気を取り直し、再び顔を上げる。前方から子が歩いてくる。一人ではなかった。同じ学年の男子数名とだった。無邪気に笑いながらー、心から楽しそうなその表情に私の心は弾む。
ずっと後方には、Aちゃんらいつもの女子グループ。何となく詰まらなそうに、前方にいる子と男子達を見ている。
子は、私に気が付くと、照れ臭そうに軽く手を振った。


「おかえりなさい!」


子供達に、笑顔で声を掛ける。男子達も、照れ臭そうにしつつ会釈をする。
布団にくるまらず、運動したからこうした場面に遭遇することが出来た。


ー状況は、決して悪くは無い。大丈夫、挽回の余地はある。


やはり、もう少し見守ろうと思えた。過敏になり過ぎず、しかし要所要所は注意しつつ。難しいけれど、それが母の役目なのだ。




スポンサーリンク



copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR