にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

面談

子の三者面談に行って来た。 小学校までは、家庭訪問をはじめ、個人面談などすべて担任と親のみ。
別の意味で、私は緊張。それが子に伝わったのか、子も緊張しているのか、お互い面談が始まるまでピリピリしていた。
廊下で待つ間、教室からは楽しそうな笑い声。中では、S奈ちゃんとその母親。どうやら盛り上がっているようだ。

ガタガタっと椅子から立ち上がる音がし、挨拶をしながら出て来たS奈ちゃん親子。担任も笑顔で送り出す。
子は、S奈ちゃんの方を見ないよう顔を背け、S奈ちゃんは堂々としながらも子をチラっと見たがスルー。担任に、


「さようなら~!」


と元気に挨拶。S奈ママは、担任に挨拶をした後、私達に気付くと軽く笑顔で会釈。親子揃って華やかな顔立ち。
担任に促され、教室に入る。子も、私の後ろにそろそろと続く。

まず、夏休みの過ごし方と保護者配布資料を渡され、それについての説明が行われた後で、今後の学校生活の流れなど。
それから、子の学校生活についての様子が語られた。
何を言われるのか、親子共々ドキドキしていたけれど、当たり障りのないこと。
真面目、協調性がある、問題ないとのこと。


「学校、どう?」


担任が子に問い掛ける。子は、一応愛想笑いをしつつも、


「まぁ。」


「部活も始まったし、楽しい?」


「まぁ。」


曖昧な返事。ふにゃふにゃ体を揺り動かし、照れ隠しなのかもしれないけれどみっともなかった。
その他に、担任があれこれ話題を持ち掛けても、


「はぁ、まぁ。」


「お母様からは、何かありますか?」


突然、子と担任とのやり取りで、すっかり油断していたところ話し掛けられ、ビクっとする。


「え・・と。」


子の手前、堂々としたところを見せようと思えば思う程、あがってしまい声が震えた。これは、パニック症状の始まりなのか、心臓の音が耳を伝って飛び出そうだ。


「いえ、特に・・大丈夫です。」


あれも聞こう、これも聞こうー自宅にいる時にはあれこれ質問事項を考えていたのに、すっかり頭が真っ白になり何も言えなくなった。自分の心臓の音にばかり神経が向く。


ー何か、言わなくちゃ・・


「あ、家ではスマホばっかり見てまして、困っています。とにかく肌身離さずといった感じで。勉強も手につかないくらいなので、授業についていけてるのかどうか・・」


何とか話すことが見付かって、ほっとしたのだが、担任は困惑した表情。


「そうですか。まあ、皆そうですよね。自己管理といいますか、触らない時間を決めるなど、ご家庭で話し合って貰えたらと思います。」


「あ、そうですよね。そうしようと思います。」


面談が終わり、帰り道。子は仏頂面で、私が色々話し掛けてみてもスルー。その態度に苛っと来て、


「先生に話し掛けられて、体を揺ら揺らさせるのやめなさいよ。それに、まぁとかはぁとか・・もっとハキハキしないと内申に響くわよ。」


少しの間の後、


「え?ママだって十分おかしかったけど。声は震えてたし、緊張してるの丸わかりで恥ずかしかった。それに、わざわざスマホのこと先生に言う必要あった!?」


「だって、何かありますかって聞かれたから。」


「先生、そういうこと聞きたい訳じゃないと思うけど。ママって、やっぱり変だよね。すごく変!!」


そう言い放つと、私を置き去りにし、早足でずんずん先に進んで行く。追い掛ける気力もわかず、ただその小さくなってく背中を見送る。
我が子から、おかしいと言われたことにショックを受ける。だが、どこかでその日が来ることをを覚悟していた気もする。




部活決定

子の部活が決定した。驚くことに、話にまったく出ていなかったテニス部だ。
文化系に流れそうになった子に、夫がカツを入れたのだ。


「文化系なんてやめとけ!そんなの帰宅部と変わらんぞ。ゆるい部活に入れば内申点だって悪くなる。」


子は、何か言いたげな表情を見せたが、鼻息荒く訴える父親に何を言っても無駄だと悟り、静かに頷いた。
文化系だって、吹奏楽などは大変そうだし、美術部だって、過去に多くのコンクールで金賞を取っている先輩らも多い。演劇部だって面白そう。文化系がNGだと言う偏見に、帰宅部だった私はもやもやする。夫だって、体育会系だったとえばる癖に、嫌になって途中で退部したのだと義母から聞いたことがある。体育会系であっても、最後までやり遂げられなければ、それこそ内申点が下がりそうなものだけれど。
夫の意見を取り入れたのかどうかは定かではないが、取り敢えず入るところが決定したのでほっとした。そして、よくよく話を聞いてみると、クラスの子に誘われたのだと言う。
聞いたこともない名前の子。新しい友達が出来たのだと知り、更に安堵した。
そして、その子は元々神奈川の小学校に通っており、中学入学のタイミングでこちらに越して来たのだという。恐らく、知り合いがいなかったのだろう。群れる女子らの中で、互いに同じ空気を感じて惹かれ合ったのかもしれない。


「M尾さん、小学校からテニス習ってるんだって。」


「へえ、それであなたはついていけそう?」


「んー、分からない。でもパパには体育会系にしろって言われたし。」


「そっか。でも、友達がいれば安心だね。全部で、女子は何人?」


「7人、かな。」


その数を聞いて、どんよりする。女子の奇数はえげつない。仲間外れだとかのトラブルが無ければいいけれど。


「はい、これ。」


子から渡された、部活動説明会のプリント。テニス部に入部したからには、道具も揃えなければならないし、どうやら保護者の雑務もあるらしく、中学になってもこういうことがまだまだ続くのだと気が重い。
だが、子が充実した学校生活を送ることが出来るのならば、母として頑張るしかない。




仮入部

子の様子がおかしい。仕切りにため息を付き、スマホを見ている。
仮入期間に入ってからだ。


ー誰と回ってるの?


そんなデリケートなことは聞けない。だが、デリカシーのない夫はずけずけと聞いた。子の、一瞬戸惑った表情を見逃さなかった。


「クラスの子と。」


「ふうん。で、どこ回ってるんだ?」


「色々。」


続かない会話。夫も、子が明らかに壁を作っていることに気付き、さり気無く話題を反らした。
後日、やはり気になり、子に根掘り葉掘り尋ねる。最初のほうこそ口を割らなかった子だけれど、あんまり私がしつこかったものだから、ぽろりと愚痴をこぼした。


「皆、グループになってて、入れない。DちゃんはEちゃん達と体操部やバレー部回ったみたいだし、クラスが違うとみんなそれぞれ新しく仲良くなった子と一緒なんだよね。」


「そうなんだ・・」


6年の終わりに仲良くなった友達とも、入学前は一緒の部活に入ろうね!なんて約束をしていたらしいが、実際、中学に上がりクラスが離れれば、そんな話など無かったかのように声は掛からないと言う。
だからといって、子からアクションを起こしている風でもなさそうだ。ただただ受け身。


「明日、めんどいな・・」


不安気な顔。次々とグループが出来、取り残され焦る気持ちを子も味わっているのだろうか?閉鎖的な教室の中、どんなに心細いだろうか。
どうにか助けてやりたいが、そもそも私が人間関係の構築に不得手なものだから、役に立つアドバイスすら浮かばない。


「そっか。でも、何か部活に入れば、同じように一人の子もいるかもしれないし・・たまたまクラスのみんなが仲良しに見えるだけで、実際はそうでもないかもよ。」


女子の付き合いは、流動的。まだ、学校生活は始まったばかり。チャンスはあるはず。どうにか親の私がポジティブにならなければ。だが、同時に逃げ道も用意する。


「嫌になれば辞めちゃえばいいんだよ。気楽に!」


「だって、辞めたら内申・・」


「内申よりも何よりも、健康!心も身体も健康が前提だから。その上での学校生活だし。」


子の表情が少しだけ和らぐ。深刻になり過ぎていたようだ。勿論、私が子と同じ立場なら同じように深刻だろうし、実際、大人になっても小さなことでくよくよ悩んだり気を揉んだりしているのだ。


ー先輩でも同級生でも、部活の中でもクラスメイトでも・・一人でいいから話せる友達が出来たら・・


思い立ち、七夕飾りを作る。子に内緒で、そんな願いを短冊に綴った。




消毒ボランティア

学校より、コロナ対策としての消毒ボランティアの通知が来た。
日中、暇な私。だが、そのプリントを前に、罪悪感を持ちながらもスルーした。プリントは、即刻廃棄。夫に見付かれば、以前の卒対の時のように強要される。

子に聞けば、結構な数の保護者が手伝いに来ていたらしい。やはり、罪悪感。その中には、素敵ママらやDちゃんママもいたらしい。彼女らにとって、ボランティアは兼、ママ友との社交場なのだ。 その場所に馴染めない私にとっては、単なる苦行だ。仕事と割り切っている人達の中でなら、私も参加しようかと思う。
ウジウジとそんなことを考えて、こっそりプリントを見なかったことにしている私は、子の前で胸を張れない母親だ。

早く、中学を飛び越えて高校に進学して欲しい。流石に、高校は皆バラバラになるだろうし、べたべたとした母親付き合いも無くなるだろう。
今年は、コロナのお陰で学校行事は中止だったり簡易化だったり。子ども達には可哀想だが、内心ほっとしている親も多いのではないだろうか。




read more...

お洒落よりも命

こんなに暑いのに、子は今日も長袖シャツを着て学校へ向かった。半袖を2着も買ったのに、皆が長袖だからという理由で、半袖を着たのは初日の登校時のみ。
ジャージ登校の日も、半袖体育着の上に長袖ジャージを羽織る。見るからに暑い。半袖になれと言っても、Dちゃんらも皆長袖だから嫌だと言う。
それに加えての、マスク。顔を真っ赤にして下校し、帰るなりにうがい手洗いもそこそこにお茶をがぶ飲み。暑い暑いと言いながら、制服を脱ぎ捨てる。


「半袖、着ていかないからだよ。」


「だって、皆長袖だもん!」


そういえば、ここら辺で見掛ける中高生、男女含めてその殆どは長袖。こんなことなら半袖シャツなど買わなければ良かった。また、無駄な出費だ。
長袖がお洒落なのか?それとも、教室内のエアコン対策なのか?
私も、学生時代を振り返れば、面倒な校則を守りながらのギリギリラインでお洒落をしていた。第一ボタンは開けるだとか、靴下はだぼっとルーズに履くだとか、黒か紺しかNGのヘアゴムは、リボン結びをすることが上級生特権のお洒落だった。
年頃の娘。洒落っ気が大事なのは分かるけれど、例年よりも暑くなるだろう今年の夏は、熱中症対策に気を付けたい。コロナも心配だが、熱中症も同じく心配だ。
お洒落は我慢ーなんてよく聞くが、それよりなにより大事な命。命が無ければ、お洒落だって存分に出来ないのだ。




copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR