にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

捨て金

買い物の際、一番気を遣うのが、会計時。
最近ではセルフレジもよく見掛けるが、激安スーパーや八百屋のような個人商店の多くはいまだレジ担当がおり、直に客と金銭の受け渡しをしているのだ。
手袋をしている店員を前に、私もーと思うけれど、何となく抵抗がある。神経質な客だと思われたくない気持ちもある。
財布の開け閉めさえ衛生的によくない気がし、最近では札をポケットに入れ、釣りを買い物をした袋の中に投げ込み持ち帰ることが多くあった。
そして、やってしまった。

それに気付いたのが、家計簿をつけている時。どうしても、800円程合わない。
昨日は、ちょっとした買い物ー近所のミニスーパーに、牛乳を買いに行ったのだ。千円札をポケットに入れて。
牛乳は、確か200円しなかった。釣りが800円ちょっとだった気がする。レシートと共に釣りを牛乳の入ったレジ袋に入れた。
そこからの記憶が曖昧で、だが、あの袋から牛乳を取り出し、冷蔵庫に入れ、袋はそのままごみ箱へ捨てたとしか思えない。なんせ、記憶にあるのが冷蔵庫までなのだ。
そして、プラごみは今朝、ゴミ収集の日。あの小銭が入ったレジ袋も今頃は、どこかの収集場所に放り投げられているのだろう。

最近、ライター内職もしていない。というか、出来ていない。夫がほぼ在宅だし、そうでない日もやれそうな案件が無い。
恐らく、取り組みやすい案件は、自粛休養している人々が目を付けているのだろう。あっという間に案件終了となる。
なので、虎の子から800円ちょっとの小銭を捻出するのは痛い。それも、どうしようもないミスで・・

ため息をつきながら、虎の子から家計用財布に小銭をうつす。また、メルカリ再開か。夫の不要品排出を待つばかりだ。




コロナ散財

夫の収入が激減するらしい。
だが、そもそもいくら貰っているのか分からない。貯金でさえ、全く。
最近、在宅で家にいることが多い夫。しばらくなかった冷蔵庫チェックや家計簿チェックが再発した。


「先月、遣い過ぎだな。」


コロナ関係の諸々で、食費も日用品雑費も、いつもより掛かったのは事実。


「ロックダウンしたら怖いから。」


そう言って、夫から何度か追加の金を請求した。年度末やコロナ騒ぎで忙しかった夫は、良い顔はしないものの言われるがままに財布を開き続けたのだ。
で、3月の食費はなんと5万弱。日用雑貨にいたっては、1万5千円。これには私も驚いた。

嗜好品などはあまり買わず、必要なものだけ。子や夫が食べるだろう菓子も、底値を狙ってのファミリーパックのみ。
米や肉魚、それに野菜は気持ち多めに。調味料などは一気に切れたので、いくつも買い足した。それが影響しているのだろうか。
いつもより多めに買ったのは、コロナのこともあるけれど、家にいる夫や子の昼飯に掛かるから。
冷蔵庫を満杯にしても、数日もすればすぐに空っぽ。
気付けば夫や子が、冷蔵庫にストックしている魚肉ソーセージだったりヨーグルトやバナナ、プリンなどを片っ端から平らげる。食事とは関係なく間食として。
家に籠り続けるストレスに比例して、エンゲル係数も上がるのだ。

それにしても先月の家計は、節約雑誌に掲載されている主婦達に怒られてしまう額だ。
しかし、彼女達のような節約家やミニマリストも、この未知のウイルス相手に少なからずも予算オーバーしているに違いない。

自粛はしていても、財布の紐まで自粛出来ない。家に籠っていても、人が生きていく為にはどうしたって金は要るのだ。




スポンサーリンク





専業主婦として感じる1円の重み

中学になる子の為に、部屋を広くしようと断捨離していたら、大量の未使用年賀状が出て来た。

夫と結婚した年度のもので、結婚しましたハガキのミスプリも数枚。懐かしいが、こんな頃もあったのだ。
十数年前のものだし、勿体ないけれど捨てようかと思いつつ、ネットで調べると郵便局で引き換えが出来るらしい。
現金ではなく切手としてだけれど、それでも有難い。計算すると、なんと三千円分程だ。

子を留守番させ、郵便局へ。
思ってもみなかったけれど、子とですら二人でずっと家に引きこもっていると気が滅入る。だからといって一緒に外出ーとなれば、無駄に金を遣うことが多い。

郵便局へ行き、早速ハガキと切手の交換を申し出た。受付の人は新人?なのか、あたふたして見えた。
まず、計算から。枚数を数える手元がおぼつかない。

背後に視線を感じ、何となく振り向くと、私の後ろにいつの間に人が3人程並んでいた。




スポンサーリンク





ようやく金額が出たようで、それに合わせて計算して切手をくれるのかと思えば、その判断を私に委ねられた。

取り敢えず、一番使う84円切手に交換しようかと思うけれど、一体何枚くらいになるのか?携帯を取り出し、計算機能を使うと40枚程。
そんなに使えるはずもない。ならば、63円もあった方が良いかもーそう思い、半々くらいで交換したいと伝えた。
すると、困り顔の受付女性。
後ろに並ぶ人達のプレッシャーもあり、適当に計算した枚数を交換してもらうことにした。


「えっと、その枚数ですと、40円程交換出来ないのですがどうされます?他の金種にしますか?」


「あ、そうですか。じゃあ・・」


再び携帯を取り出して計算し直そうとすると、


「すみませんね!もうしばらくお待ち下さーい!」


受付女性が、私の背後の人達に向けて声を掛けた。まるで、彼らから与えられていたプレッシャーを私の方に仕向けるかのような声掛けだった。


「やっぱりいいです、それで交換して下さい。」


今思えば、端数は1円切手にすれば良かった。84円と63円に拘ってしまったのと後ろの人達の苛々を感じてしまったことで、実際の交換額を下回る結果となった。
我ながら、ケチ臭いと思う。だが、5円10円安いスーパーをはしごする専業主婦としては、なんだか損した気持ちで一杯になったのだ。




スポンサーリンク





勉強代80円

たった80円ー、されど、80円。


激安スーパーは、雨の日は行くことが出来ない。隣町なので、自転車必須なのだ。
どうしても卵が必要で、広告を見て、近所の小型スーパーへ出向くことに決めた。
こじんまりとしたスーパーだが、たまに目玉商品が並ぶことがある。この日は、卵1パック98円。
卵だけ買うつもりだったのだが、その他ついでに納豆や豆腐など安いものをカゴに入れた。
やはり、皆卵を狙って来たのだろう。多くの客のカゴには卵。
長蛇の列。レジも、この日ばかりは二人体制だ。

やっと私の番。
店員は、次々と早業で商品のバーコードをスキャンする。最後の最後に卵をスキャンしようとした時だった。


「あの、500円以上でないと98円にならないんですよ。どうされます?」


ーえ、どういうこと?




スポンサーリンク





一瞬、パニックに陥る。レジを待つ苛々した客の視線を背中に感じる。


「今、484円なんですけど・・」


ということは、後いくら買い物をすれば98円になるのか?それとも、卵を含めて500円以上ということか?
色々聞きたいことが頭に湧き出たけれど、それを一つ一つ聞くことは面倒なことになりそうなので、98円の卵を諦めた。すると、レジ店員は、手慣れた操作でタッチパネルを叩く。


「あ、いいです。このままで。」


「では、卵は178円になりますね。合計、662円になります。」


98円が178円・・もの凄く損をした気になる。さっさと支払いを済ませ、もやもやした頭で商品をエコバッグに入れ替えながら、今度は落ち着いた頭で考えてみた。
レシートを見直す。卵が入っていない状態で、484円だった。なので、20円分の買い物をしたら卵は98円だったのだ。チロルチョコ2つでそれは余分な買い物だったとしても、50円は得をしたことになった。
悔しい。
だが、あの長蛇の列にもう一度並び直すことは面倒だし、周囲の視線も痛かった。なので、この80円は勉強代だ。今後は、広告の品にすぐ飛び付くのではなく、きちんとポップを確認しよう。




スポンサーリンク





見えない相手

メルカリに出した、夫の捨てたバイク関連雑貨。コメントが付いた。


ーすみません。裏地をアップで見たいのですが、写真を見せて下さい。


面倒だが、顔は見えないといってもお客様だ。丁寧に対応しなければならない。
すぐに、品物を裏返し、写真を撮りアップ、出品画面を編集し直した。
少しして、


ーあと、マジックテープを外したところもお願いします。


小出しはやめてくれと言いたい。だが、言われるままにマジックテープを外してもう一度写真を撮りアップした。
また少しして、


ータグを見せて下さい。


出掛ける直前だったこともあり、苛々した。何故、一度に言わないのだろうか?コメント返信した。


ー分かりました。他には何かありますか?(面倒臭いから、一度に全部言って下さいよ。)


ー大丈夫です、お願いします。


念押しし、OKだったので再び写真を撮る。タグは裏表に文字があるものだったので、念の為、裏表両方ズームで撮った。




スポンサーリンク





もう大丈夫だろうと思っていたが、再び。


ー何度もすみません。パッケージって一度空けちゃいました?


質問の意図が分からない。パッケージから出さなければこう何度も写真撮影出来ないだろうに。だが、その苛立ちを隠しつつ誠意を持って対応する。


ーパッケージからは出してしまいましたが、ほぼ未使用です。値札も付いてますので、再度パッケージに入れ直して発送いたします。


そこからプツリと連絡が無くなった。お流れかーこんなにやり取りしたのに・・
気を取り直して、買い物に出掛けた。
激安スーパーで、野菜や肉を買い込み、レジに並ぶ最中にメール。またさっきの人から。


ー半額になりませんか?


「はぁ!?」


前に並んでいたお婆さんが振り向く。つい、声が出てしまった。
半額も何も、適正価格以下で出品したのだ。見た目は新品。だが、パッケージから出しているし、未使用にしても夫が一度くらいは手にしたかもしれないので中古扱いにしたのだ。
うちのよりも、余程使用感がありそうな同等の品よりも、安い。
散々コメントでこちらを振り回した挙句、この非常識とも言える値下げ交渉にうんざりした。こちらからお断りーなのだが、気を取り直してからマイルドに返信。


ーすみません!お値引きは考えていません。ですが、1割引きでしたらいたしますので・・


これに対しては返信なし。このままこちらのコメ返はスルーする気なのだろう。流石に疲れた。メルカリは楽だけれど、こうした見えない相手との折衝がストレスにもなる。気持ちの良い取引が出来る相手と繋がりたい。




スポンサーリンク





copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR