にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

イケナイこと

自治会の会合が、今週末にある。
すごく、憂鬱だ。
既に、顔合わせは済んでいるのだから、新参者は好奇の入り交じった視線を浴びるに違いない。
そして、名前だけでは済まされない自己紹介。学生の頃も、社会人になり妻となり母となっても、延々とその機会は与えられる。私にとって、人生の苦行の一つだ。


ーO号棟のOOです。今回、急遽転勤される方の代わりとしてお役を務めさせていただきます。役員経験は2度目ですが、まだまだ分からないことだらけですので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


硬いだろうか?ユーモアのカケラもない、詰まらない挨拶。印象に残らない、自己紹介。
まだ、逆手にとって、名前だけの自己紹介の方がシンプルで人々の心に残るかもしれない。
つくづく自分の性格が分からない。目立ちたくない癖に、恰好付けようとする。「それなり」に見せようと、つい恰好付ける。ちゃんちゃらおかしい。
そもそも、夫が出てくれたらいいのに。会合の日は、夫在宅。夫が出られない日は私が出るーそうしてくれたらどんなにか助かるだろうか。
実際、ご主人が出てる家庭が多いのに。単身赴任だったり土日仕事確定の家は仕方が無いけれど、我が家は土日のどちらかは趣味のツーリングだ。コロナでどうせ今年は出られないのだから、家のことに少しは協力してくれたらいいのに。
と、内心思いつつ、夫にだって自分の思いを伝えることが出来ない。

そして、義実家へ行くのも憂鬱だ。この週末は、休みであって休みではない。憂さ晴らしに、スーパーで買ったロールケーキにそのままがぶりとかぶりつく。恵方巻以来の太巻きかぶりつきだ。フォークも使わずに行儀悪くむしゃむしゃと食らう。 こんな姿、我が子には絶対見せられない。夫にも誰にも。いけないことをしている感じで、それがストレス発散になるのだと最近知った。
食べている時、飲んでいる時だけは、嫌なことから解放される。




挑戦

MOSの問題集を買い、ようやくCD-ROMのインストール。夫が在宅で家にいたり、そうでなくても雑務でバタバタしてなかなか取り掛かることが出来なかったのだ。
夫が脱サラしてもしなくても、このままでいい訳がない。持病で立ち仕事NGの私が稼げる仕事は、限られているのだ。

まず、CD-ROMのインストール。これに時間が掛かった。説明通りに行うのだが、何度か失敗。ここで躓くとは・・
ようやく問題へ。
だが、ここでもまた??インストールされたはずの問題のありかが分からず、探し出すのに手間取った。
インストールしたソフト内のExcelを開くのか、自分のExcelを開くのかに混乱したりと思うように進まない。
ただの入力ならお手の物だけれど、それ以外の機能についての知識の無さを痛感する。
役員仕事で培ったスキルは、そもそもひな形があり、書き換える程度のもの。また、以前の短期パートでもPC操作に苦労したのだけれど、あれからもう何年も経っている。
あの時、相当しんどい思いをして得た知識だって、今となっては水の泡。あの頃働いていたのが夢のようだ。

テキストファイルのインポート?テキストファイルって?インポートって?CSV?タブ?なんだそれ?
ダイアログボックス?どこにあるの?

まず、用語が分からない。まるで、宇宙後。ずっと昔、情報処理系の職場に面接へ行ったことがあったが、英語が得意が聞かれた。
語学が出来る出来ないも、ITにおいて重要なのは、こういうことなのか。未知の言葉に躊躇なく接し、またすんなり柔軟していくこと。


結局、Excel用語が分かっていること前提で学習は進むので、いちいちネットでググって理解する必要がある。
この余計なステップを、一つの単元の中で何度も踏む必要があるので、すっかり疲れ果ててしまった。
はっと気が付くと、一時間過ぎている。なのに、ページは進んでいない。頭が疲れて甘い物を欲する。そうして板チョコをむさぼる。
はやくも挫けそうな気持ちを奮い立たせる。我が子も、慣れない環境で頑張っているのだ。母である私も、やはり挑戦しなくてはと思い直し、再びPCに向かう。




データ紛失

義両親から、久しぶりに電話。今度の休みに遊びに来ないかの誘い。
夫が仕事かどうかまだ分からないので保留にしたけれど、だいぶご無沙汰しているので腰も重い。
会わずとも、お祝いを貰ったり、父の日や母の日のプレゼントを送ったり、夫はZOOMなどで会話をしているのでそれで十分ではないかと思う私は冷たい人間なのか。


「そうそう、OOの卒業式や入学式のビデオもその時持って来て。皆で観ましょう。」


入学式のお祝いは既に頂いており、礼状と写真は送ったのだけれど、それだけでは足りないらしい。
電話を切り、ビデオカメラに差し込んであるSDカードを外そうと手に取るが、カードが見当たらない。これまでの成長記録として保管しているSDカードが入っている箱の中を探すが、そこにもない。
あのカードには、卒業式のデータは勿論のこと、入学式のデータも入っている。
入学式の日、夫に観せた後にどこへやったのか?どうしても思い出せない。
心当たりを探し回るけれど、どこにもない。
夫帰宅後、夕食中に聞いてみた。


「入学式の日、OOのビデオ観たじゃない?SDカード知らない?」


「え?知らんけど。」


「そう・・」


「え、まさか無いの!?」


「いや、ちょっと見当たらなくて。」


「マジかよ!ちゃんと探した!?あれ、親にもまだ観せてないんだから、無くされたら困るんだけど!!」


慌てて謝り、家の中のどこかにあるはずだからと言い聞かせた。取り敢えず、夫のことは落ち着かせたが、私自身が落ち着かない。
何となく、観終えた後にSDカードを抜いて、その後、夫か子に何か言われて用事をした覚えがある。でもー、そこからの記憶がまったくない。
新聞や広告が置かれているテーブルに、ポンと置いた。そんな気がする。
そのまま、新聞の上に置かれていたら、データごと廃品回収行きだ。心臓がバクバクして来た。そして、一度そう思うと、もうそうでしかないとすら思える。
一生に一度の、しかも、コロナ中だった故の貴重な卒業式&入学式の記録・・写真はあるけれど、やはり動画は貴重だ。
子が、6年間学びを共にした学校と友達と恩師との集大成・・
だらしがないからこうなるのだ。昔から、整理整頓が苦手だった私。主婦になり母親になり、少しはましになったかと思ったけれど、こういう時に素が出てしまうのだ。




買い物でストレス解消

久しぶりに、駅前のショッピングモールへ。ここは、何でも揃う場所。スーパーも本屋も雑貨や衣類も、そしてフードコートも。
自粛中は我慢していたが、買い物欲がふつふつと湧いて来た。
子の寝巻を新調しなければならず、それを目当てにユニクロへ。感謝祭をしていることもあり、結構な人混み。
シンプルが好きな子には、なるべく地味目なものを選ぶ。セール品も多くあり、見てるだけで楽しい。ワンコインちょっとで買えるTシャツやカットソー。
自分用にも何か欲しくなってしまう。10万の給付金も貰えることだし、何か買おうかーそう思い、あれこれ手に取る。
素敵なロングスカート。もう何年も履いていないスカート。夏に涼し気な素材だし、洗濯も楽そう。色のバリエーションもたくさん。
明るい色がいいなと思い、くすんだピンクとイエローのものを手に、試着室へ向かった。すると、試着室を並ぶ列に、素敵ママとお隣さん。
二人とも、同じような格好。Tシャツ素材のワンピにボディーバッグ。それに、キャップ。色違いでお揃いなのか?と思うけれど、流行りのスタイルなのだろう。
2人で仲良くお買い物。後ろ姿なので、私に気付いていない。振り返られないうちに、踵を返した。

購買意欲はすっかり萎えてしまった。神様が、贅沢をするなと言っているのだ。スカートを元に戻す。
子の寝巻だけ持って、レジに並んだ。


その後、百均へ行く。ここでも必要なものを色々と。子の弁当グッズ色々。最近は、百均とは思えないクオリティのものが多い。
可愛らしい保冷剤、近くの雑貨屋では300円した。200円の差なんて、分からない。
外側だけでは分からない。

スカートを買うことが出来なかった鬱憤に、百均で目に付いたちょっと欲しいものをたくさん買ってしまった。
可愛いヘアクリップ、マニキュアとマスクケースにいいかもと小さなクリアファイル。使う予定もないのに、マステを2本。来月1日からの為に、エコバッグ。
ワンコインと決めていたのに、100円オーバー。
しかし、心はスッキリした。今日は、買い物をしたので過食はしない。ストレスを自分なりにコントロールするのだ。




過食期

「あなた、コロナ太りじゃない?」


私のことなんて無関心の夫から、珍しく指摘された。綺麗になっただとか、髪を切ったのかだとか、メイクを変えた?だとかの色っぽい指摘ではない。
あくまでも、釘をさすような指摘。

コロナで自粛期間中、体重計の調子が悪かったこともあり、しばらく正確な体重が分からないままだった。
夫がネットで新しいものを買ったので、恐る恐る乗ると、目を疑うような数値。
夫が体重計を新調したのは、まるで太った私への当て付けのようにさえ思える。
身長が163㎝の私だが、体重が59キロ。あと少しで大台に乗る。さすがにまずい。
特に、腹周り。普段、隠しているだけにその太さは全裸になれば一目瞭然。誰の目にも触れない部分だからこその、緊張感の無いだらりとした肉の塊。
この部分を綺麗にそぎ落としたら、マイナス3キロくらいにはなるだろう。

そもそも太ったのは、夫の残飯処理のせい。不要になった弁当や夕食などを、捨てるのは勿体無いので食べる。冷食や作り置きが大嫌いな夫は、料理上手の義母のお陰で我儘かつ贅沢なのだ。
自粛明けから、残業こそ少ないものの、それまでの鬱憤を晴らすかのように部下や同僚と飲み食いしている夫。そんな時は帰宅も遅い。
ここ最近の暑さもあり、夫のいない夕飯は、キッチンドリンカーからの晩酌になる。色々と細かい夫だが、自分の飲んだ酒の管理まではしていない。戸棚に隠している、私用の激安サワーが切れている時など、夫の酒をこっそり拝借してもバレない。
発泡酒なんて買わない、常に本物ビールを愛飲する夫。私からしたら贅沢品。これを飲みながら夕飯をとると、子との会話も進む。相変わらず、傍らにスマホの我が子だけれど、ほろ酔い気分だと、そんなことはどうでも良くなる。
それが子にも伝わるのか、最近では、私が酒を飲んでいても何も言わない。そして、暗黙の了解で「パパには内緒」にもしてくれている。

だが、最近の体の痛みは太ったせいかーそう思うと、ダイエットしなければという気持ちに駆られる。 朝食は抜く。そして昼食は握り飯一つ。だが、午後2時を過ぎると、猛烈に腹が鳴る。ここが我慢のしどころなのだろうけれど、ぐうぐう鳴る腹は空腹中枢を刺激する。
我慢出来なくなり、チキンラーメンに湯を注ぎ、更にトッピングに生卵を入れて一気に掻き込む。そうなるともうお手上げだ。あれよあれよと食欲が暴走し、今度はアイス、次にスナック菓子と掃除機のように平らげる。
昔からそうだ。板チョコを数枚一気に食べたり、袋菓子は封を開けたら最後まで食べきらないとすっきりしない。満腹であってもだ。
食べた後は、すっきりする。体ではなく、心が。
周期的に訪れる過食期に、どうやら入ってしまったらしい。




copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR