にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

夫よ、転職したいのか?

昨夜、オンラインで誰かと自室で飲んでいるらしい夫の声が、ドアの向こうから聞こえて来た。


「給料も減るし、辞めるなら今だよな。」


笑いを含みながらの話声だったが、一瞬、ドキリとした。子は風呂だったので、つい書斎ドアに耳をくっつけて盗み聞きをしてしまう。


「~さんもさ、引き抜かれたって話じゃん。タイミング的には今しかないよ。」


「でもあの人は独身だからさ、身軽なのは強いよ。」


PC越しの相手の声も、何となくだが聞こえる。誰の噂話しなのかは分からないけれど、共通の知人が引き抜かれたということだろうか。


「あー、俺も辞めちゃおっかな。転職するなら40代までだよな。」


冗談なのか本音なのか?そもそも話し相手が誰なのか分からないので、真意も分からない。


「ママー!!シャンプーが無い!」


突然、風呂場から子の呼ぶ声が聞こえ、聞き耳を立てるのも中断しなくてはならなかった。
再び、書斎へ行こうとしたところ、夫が冷蔵庫の前でビールを取り出しているところに遭遇した。


「もうないから、冷やしといて。」


ラスト1本のビール缶片手に、書斎へ向かう背中に問い掛けたい気持ちが募る。
冗談でも何でもーそれが言葉として出て来るということは、心のどこかに、現状の不満があるのだろう。実際、転職なんてことになったらかなわないが、夫の場合、私に相談などせず、事後報告にきまっている。 夫婦はチーム、なんて言葉に憧れる。
人生の岐路に立つ時、男性の多くは一人で悩み決定することが多いというけれど、冗談を交えてでもいいから、少しの本音でも吐き出して貰えて、またこちらの本音も吐き出せる、そんな夫婦関係が眩しい。




  • category:

  • 2020/05/21
copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR