にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

面談

子の三者面談に行って来た。 小学校までは、家庭訪問をはじめ、個人面談などすべて担任と親のみ。
別の意味で、私は緊張。それが子に伝わったのか、子も緊張しているのか、お互い面談が始まるまでピリピリしていた。
廊下で待つ間、教室からは楽しそうな笑い声。中では、S奈ちゃんとその母親。どうやら盛り上がっているようだ。

ガタガタっと椅子から立ち上がる音がし、挨拶をしながら出て来たS奈ちゃん親子。担任も笑顔で送り出す。
子は、S奈ちゃんの方を見ないよう顔を背け、S奈ちゃんは堂々としながらも子をチラっと見たがスルー。担任に、


「さようなら~!」


と元気に挨拶。S奈ママは、担任に挨拶をした後、私達に気付くと軽く笑顔で会釈。親子揃って華やかな顔立ち。
担任に促され、教室に入る。子も、私の後ろにそろそろと続く。

まず、夏休みの過ごし方と保護者配布資料を渡され、それについての説明が行われた後で、今後の学校生活の流れなど。
それから、子の学校生活についての様子が語られた。
何を言われるのか、親子共々ドキドキしていたけれど、当たり障りのないこと。
真面目、協調性がある、問題ないとのこと。


「学校、どう?」


担任が子に問い掛ける。子は、一応愛想笑いをしつつも、


「まぁ。」


「部活も始まったし、楽しい?」


「まぁ。」


曖昧な返事。ふにゃふにゃ体を揺り動かし、照れ隠しなのかもしれないけれどみっともなかった。
その他に、担任があれこれ話題を持ち掛けても、


「はぁ、まぁ。」


「お母様からは、何かありますか?」


突然、子と担任とのやり取りで、すっかり油断していたところ話し掛けられ、ビクっとする。


「え・・と。」


子の手前、堂々としたところを見せようと思えば思う程、あがってしまい声が震えた。これは、パニック症状の始まりなのか、心臓の音が耳を伝って飛び出そうだ。


「いえ、特に・・大丈夫です。」


あれも聞こう、これも聞こうー自宅にいる時にはあれこれ質問事項を考えていたのに、すっかり頭が真っ白になり何も言えなくなった。自分の心臓の音にばかり神経が向く。


ー何か、言わなくちゃ・・


「あ、家ではスマホばっかり見てまして、困っています。とにかく肌身離さずといった感じで。勉強も手につかないくらいなので、授業についていけてるのかどうか・・」


何とか話すことが見付かって、ほっとしたのだが、担任は困惑した表情。


「そうですか。まあ、皆そうですよね。自己管理といいますか、触らない時間を決めるなど、ご家庭で話し合って貰えたらと思います。」


「あ、そうですよね。そうしようと思います。」


面談が終わり、帰り道。子は仏頂面で、私が色々話し掛けてみてもスルー。その態度に苛っと来て、


「先生に話し掛けられて、体を揺ら揺らさせるのやめなさいよ。それに、まぁとかはぁとか・・もっとハキハキしないと内申に響くわよ。」


少しの間の後、


「え?ママだって十分おかしかったけど。声は震えてたし、緊張してるの丸わかりで恥ずかしかった。それに、わざわざスマホのこと先生に言う必要あった!?」


「だって、何かありますかって聞かれたから。」


「先生、そういうこと聞きたい訳じゃないと思うけど。ママって、やっぱり変だよね。すごく変!!」


そう言い放つと、私を置き去りにし、早足でずんずん先に進んで行く。追い掛ける気力もわかず、ただその小さくなってく背中を見送る。
我が子から、おかしいと言われたことにショックを受ける。だが、どこかでその日が来ることをを覚悟していた気もする。




copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR