にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

背中に願う

子が、昨夜はよく寝付けなかったようで、何度も布団から出てトイレへ行く音がした。
そういう私も同じく、やはり母親だからか子と自分の情緒は連動しているのだろう、我が子が不安定だと同じようになってしまう。
子ども部屋はあるのだけれど、いまだ、寝室は私と同じ。夫だけが別室の我が家。なので、就寝時は子と並んで眠りにつく。
深夜ー恐らく午前3時頃だろう。深い溜息が聞こえる。
新しいクラスに馴染めていないのだろう。
息を殺して様子を伺っていると、鼻を啜る音が聞こえて来た。

ー泣いてる?

子が、泣いていた。こういう場合、どうしたらいいのか?幼児ならば、起きて抱き締めて優しい言葉を掛けて安心させるだけだ。
だが、思春期真っ盛りの子。ただそっと見守るしかない。

結局、子から寝息が聞こえてきた時に時計を見ると、明け方5時近く。私もまんじりともせず朝を迎えることになった。


せめてーと、子の好きな朝ごはんを用意する。いつもは夫に合わせて和食だけれど、そんなの無視。ホット―ケーキを焼き、バナナといちごを付け、コンポタにサラダにゆで卵。


「なんだよ、これ。朝っぱらから力が出ねー。」


やはり夫からは苦情が出たが、ただひたすら謝る。

「ごめんさない、お昼はちゃんと作るから、ね。」

在宅ワークで昼もしっかり用意しているのだから、それくらいは大目に見て欲しい。なんだかんだで夫はホットケーキを3枚も平らげた。

「行ってらっしゃい!」

「行ってきます・・」


張りのない声。うまくやれますようにー、親としてはただこうして我が子の背中に願うしかない。






copyright (c) 隣の芝生 all rights reserved.

プロフィール

selinee

Author:selinee
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR